最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

メルカリの梱包は5割のクオリティでOK!それよりも発送をスピーディーに。

メルカリ

メルカリでいい評価をもらうためには、
梱包をていねいにしたり、メッセージのやり取りを工夫するよりも簡単なコツがあります。

 

それは発送のスピードです。

その理由について語っていきたいとおもいます!

Amazonの時代に発送おそいのはオワコン

いまはAmazonがネットショッピングの主流です。

Amazonの特徴といえば圧倒的なスピードです。東京など首都圏であればNOWでとどきます。

 

それこそ数時間以内に手元に注文した商品が届く。
こんなのが当たり前になっているのです。

Amazonのスピードがもはやあたりまえになっている時代に、
発送まで3日とか4日かけているのはモッタイナイです。

 

これはユーザー視点にたってみるとわかりやすいです。

1『梱包はていねいだけど発送まで遅い』
2『梱包はふつうだけど即日発送』

おそらく9割以上〜のメルカリユーザーは梱包は普通でいいから、
注文したその日に発送を終わらせてほしいとおもっています。

 

僕も発送がおそいとイライラしちゃうとおもいます。
それくらい、スピードは重要です。

不思議なことに即日発送をしてしまえば、
そこから届くまで4日かかっても平気なのですw
重要なのは、とにかく配達される状態まで作業をすすめること。

 

あとはクロネコヤマトさんだったり、日本郵便が作業してくれます。

このステップに文句や不満をかかえるメルカリユーザーはいませんが、
発送が遅いと不満を爆発させるユーザーはめちゃくちゃ多いのです(¯―¯٥)

 

ユーザー視点にたって考える。

たいせつなのは梱包なのか、発送までのスピードか。

どちらも兼ね備えてあれば最高!
どちらも遅ければ最悪。 無言で最低評価をおされても文句はありません。

 

梱包は最低限で良い

梱包の役割は、アイテムを衝撃から守ること。
手作り感満載であっても、中身が無事であれば満足です^^

遅かったけど梱包がおしゃれでも加点要素ではないのです。

 

僕も過去にマンガの発送が予定よりも2日ほど遅れてしまったことがあります。

そのときに受け取った評価は、3段階ちゅうの最低評価でした。
「発送まで2〜3日」とあらかじめ設定していたにもかかわらず、
発送が遅いといわれて評価を下げられてしまうのです。

 

2018年現在は、Amazonが配達基準です。

Amazonが速いという認識はなくて、Amazonがあたりまえになっているのです。
発送までに3日かけて、届くのにさらに2日かかるなんておそすぎますよね。

1週間前にネットショッピングした品物なんて覚えてねえよ状態ですw

 

・本であれば折り曲がらないように
・商品がぬれないように
・フィギアが壊れないように
・CD、DVD、ゲームソフトは割れないように

←こんな対策は、プチプチとダンボールがあればかんたんにできます!

あくまでも梱包はモノを守るためにあっておしゃれのためじゃない。

 

小さいモノを送るときは、茶封筒もしくはヤマトのコンパクト専用ボックスで十分。
梱包なんて最低限でいいので、速攻で送ってあげましょう。

これを意識しているだけで自然と評価はめちゃくちゃ高くなります。

 

あとはメッセージをテンプレート化しておけば、
すべて仕組みのなかで動いていきます。
毎回メッセージを組み立てているのは時間がモッタイナイですよね。

丁寧にマナーを犯さなければ、
オリジナルだろうが、テンプレートだろうが相手からすれば関係ないことです^^b

 

まとめ

メルカリは発送速度が命!
即日発送を心がけてる。

Amazonの時代に発送まで2〜3日かかるのはおそすぎる。
ぱぱっと配送しちゃえば相手も喜ぶ。

 

不思議なことに発送がスピーディーであれば、
荷物が届くまで時間がかかっても、ユーザーは不満を抱かない。

迷ったときは購入者の立場になって1度かんがえてみる。

梱包は5割のクオリティでOK。
梱包の役割は見栄えではなく、モノを守るためにある。

コメント

  1. […] メルカリの梱包は5割のクオリティでOK!それよりも発送をスピーディーに。 […]