最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

【特化型サイト】は興味があるジャンルを選べば継続しやすいのでおすすめ

トレンドアフィリエイトで挫折する1番の原因は、記事がかけなくなる。 これに尽きます。

これには理由がいくつかあっって、

そもそも、意気込みがない、やる気待ち状態だったり、書こうと思っていても毎回違うジャンルの記事を書くことにハードルを感じていたり・・・様々です。

今回は、
真摯な気持ちで取り組んでいるけど、どうしても続かないあなたのためにとっておきの秘策をご紹介します。

興味のある話題はいくらでも記事がかける

僕は過去にトレンドアフィリエイトをやっている過程で次のような問題に苦しめられていたときがあります。

それは、

毎回違うジャンル(分野)の記事を書くことに疲れてしまい、ついつい作業できない期間が長引いてしまう

僕は、この問題に悩んでいた時期がありました。

1つのキーワード(テーマ)にたいして、リサーチをして自分の体験談をまじえながらしっかり記事を書く。 ここまでは全然大丈夫なのです。

しかし、この記事を書き終えてしまったあとは、また別のキーワード(テーマ)で新しい記事を書かなくちゃいけないのかと思うと、ちょっとしんどくなっていたんですよね。

この気持ちが少しでもわかる! 「あ〜、これ今の自分だ」 、という場合もあるでしょう。

辛い状態が続いてしまうと、人は最終的に作業しないまま時間だけが経過して最後は挫折してしまいます。  おそかれ早かれ改善していかないと生産性も増えないですし、いいことはありません。

そんなときにおすすめしたいのが、めちゃくちゃ楽しんで書けるテーマを見つけることです。

自分が好きな話題って無限にしゃべれたりしませんか??

友達とか同僚でも、なんでもいいのですが、自分が興味をもって情熱的に語れるジャンルって喋っているだけで楽しいですよね?

たとえばそれを記事にすることも、かなりワクワクしながら書けると思うんですよ。

僕であればジブリとかコーヒーが大好きなので、こういった系のジャンルはめちゃくちゃ情熱をもってコンテンツを作ることができます。

こういったテーマをあなたが1つでも持っているのであれば、好きなジャンルで特化型サイトを作ってみてはいかがでしょうか。

これまでは、毎回別々のテーマを記事ごとに分けてかいていた雑多ブログから、

一点特化型のサイトへシフトチェンジするのです。

どちらが稼げる、アクセスが集まるとかの話ではなく、あくまでも挫折しちゃうくらいならば、自分が興味のあるジャンルでサイト展開してみたら? という提案です。

ちなみに、ごちゃまぜでも、特化サイトでもどちらでも収益をあげることは可能です。 僕はどちらも好んでやっています。

資産サイトを作るにしても、種をまかないと芽はでないわけで。

その種というのが、記事ですよね。 でも興味がないジャンルだとなかなか記事数も増えないしつらいだけ。

でも逆に、興味あるテーマだったらサクサクたくさんの記事がかけて、たくさん種まきできるじゃん!って発想です。

あなたが得意なテーマで記事を書くメリット

あなたが大好きなテーマでサイトを作っていくと、たくさんの学びとメリットがあります。

まずは、大量に行動ができる。 これがなによりです。

これまでのごちゃまぜサイトでは、毎回毎回テーマをかえて、リサーチが必要でしたよね。

でも特化型になれば、1つのテーマで記事を書けばいいので、毎回とくべつリサーチをする必要がなくなります。

もちろん、前もって知識があればの話ですが、どちらにせよ知識をつけてしまえば、横展開がかんたんなのでキーワードが変わっても記事を書くのが楽です。

例えば、あなたが筋トレを趣味でやっているとします。

筋トレについて、次のような項目をしっかり学びなおしたとします。

筋肉の仕組み
自重トレーニングのやり方
器具を使ったトレーニング方法
有酸素運動について
プロテインや食事

これらについて、ある程度の知識があればあなたが筋トレに特化したサイトを作ることができます。

趣味が筋トレなのですから、自分のためにも書けますし。あなただからこそ書けるコンテンツがあるはずです。

知識×体験談=あなただけのオリジナルコンテンツ

この2つをかけ合わせるとあなただからこそ作れるコンテンツになります。

そして、中途半端にリサーチをしアクセス数のためだけに記事をかいているサイト運営者にはまず負けないクオリティの記事が書けます。

筋トレについて知識があれば、たとえ筋トレにかんする食事関連のキーワードで記事をかくときも、

持っている知識をつかって文章がかけるのでかなりハードルが低いんですよね。

1つのテーマを掘り下げていくと、知識を共有して別のコンテンツを作ることができる。

しかし、雑多ブログになると、持っている知識を共有して記事を書くことが難しく、毎回リサーチが必要になってしまう。

僕が教えている男性の方が、1日に「エアコンの掃除方法」に関連する記事をかいたあとに「耳の異変に関する記事」を書いたことがあったそうです。

しかしお互いにまったくバラバラのテーマのため、2つのコンテンツを作ったあとはかなり疲労したみたいです(笑)

そんな彼の現在は、サラリーマン時代に勤めていたある業界で得た知識をふんだんにつかって、特化型サイトでかなり稼いでいます。

1つのテーマから複数のコンテンツを生み出すことができるので、やりがいを感じて生き生きと作業ができると言っていました(^^)

僕もおなじ経験があって、特化型サイトのほうが丁寧につくりこめて愛情を注げるので今では特化型サイトを作ることが多いです。

それに特化型であれば学んだ知識を共有して複数のコンテンツに活かせるのでストレスも少ないです。

1度記事をかいたら、もう使えない。  このようなことがなくなりますからね。 リサーチにも力が自然と込めることができます。

とりあえず続けないと意味がない。 種を撒き続けないと収穫量は増えない。

僕はこう考えているので、記事がかけずに困っているあなたへ何かすこしでもヒントになればいいなと重い、このようなテーマで記事をかきました。

どちらが良い・悪いの二元論ではなく、

両者ともにメリットがありデメリットがあることを知ったうえで、どちらもやってみて自分にあったほうを選択する。  これが一番いいかなとおもいます。

普通に辛くて挫折して、あとあと後悔するより全然マシだと思います(^q^)

コメント