トレンドアフィリエイト

【トレンドアフィリエイト】記事は書くときは一瞬。リサーチはじっくりが基本

僕は過去にトレンドアフィリエイトを徹底的にやりました。

じぶんで1000記事以上書いてきて、
外注スタッフにはそれ以上の数をつくってもらいました。

その中でわかってきたことがあります。

それは、【リサーチがすべて】ということ。

たしかに文章を構成するライティング力は重要です。
読んでいてつまらなかったら離脱されちゃいますよね。

でも、そもそも読まれる段階にすらいけなかったら・・・?

・キーワード選定が失敗している
・ライバルチェックを怠っている
・ユーザーのために文章を書いていない

こういった状態になっていると、
どれだけ記事を積み重ねても結果はそれほど期待できません。

すべて、リサーチ不足によるミスです。

今回は、トレンドアフィリエイトのリサーチの重要性について話していきます!

1年間作業をして7万円の報酬

指導させていただいたある男性がいます。

その方はアフィリエイト歴4年。
経歴だけみるとそこそこベテランの域に入るほど長くやってます。

でも実際は、大半を中途半端にしてきたのでメインはサラリーマンでした。

物販アフィリエイトをやったり、
転売ノウハウに投資をするだけして、行動しなかったそうです。

そんな彼ですが30歳を超えたのをきっかけに、
心をいれかえてトレンドアフィリエイトに集中したそうです。

しかし結果は思うようにいかず。

僕と出会ったころは1年間作業をしたのに合計で7万円の収益だったのです。

1ヶ月あたり5800円です。
スマホ代も払えないレベルですよね。

ちょっと厳しいですががんばったかどうかは関係なく、
結果になっていなければ価値を渡せていないということです。

そこで自暴自棄になったりスネたりするのではなく、
彼は、「どうすれば結果に結びつくのか?」 をじっくり考えていたそうです。

僕も過去に芸能記事を500個つくって失敗したことがあります。
さすがにスネちゃいそうになりましたが、
「あともう一回だけやるか!」という気持ちで踏ん張れました。

彼も同じです。

そんな彼がおかしていた失敗は、「リサーチ不足」です。

リサーチのやり方が間違っているとかのレベルじゃなく、
単純に量が不足していたのです。

聞いたところによると、

・ライバルチェックは面倒だからしない
・検索するユーザーを想定したことがない
・文字数を増やすために文章を書いていた

・・・このような感じだったのです。
とにかく、「このキーワードはいけそうだ!」 って思ったら書くようにしていたのです。

実際に行動しているだけかなりマシですが、
かなりもったいないです。

すべてうまく成り立てばものすごい結果になります。

この記事をいま、読んでくださっているあなたも
これまでリサーチが面倒だからサボってきたことはありませんか??

ほんとうにもったいないです。

せっかく熱量をこめて作成したコンテンツも届かなければ意味がないのです。
宇宙のように広がり続けているネットの世界で、
人の目に触れないコンテンツは存在していないのと同じです。

次は、リサーチの秘訣を1つ紹介します!

リサーチにエネルギーを注ぐ

トレンドアフィリエイトをやっている人の多くがもつ悩みがあります。

それは、

・興味のないジャンルで記事を書くのが苦痛
・なかなか文字数が増えなくて困っている

どちらも僕も体験してきました。

興味のないジャンルで書いているとやめたいなと思うことがありました。
必死になってライティングをして、
ふと文字数をみると500文字しかなくて絶望した経験がありますw

嫌いだったり、関心のないことを楽しめ、
なんて言うつもりは一切ありません。

関心がないことはそのまま放っておけばいいのです。

でも、ビジネスの仕組みを作っているのですから作業は必要です。

そのような状態を克服して、さらに検索にヒットするためには、
リサーチに時間をたっぷりかけて理解することが秘訣です。

たっぷり時間をかけるといっても何日間もリサーチするわけではなく、
ほんの30分ばかし使えばいいのです。
この30分がのちのちものすごい恩恵を生み出します。

理解をすれば文章を書くのが楽になる

例えば、筋トレにまったく興味のない女性アフィリエイターがいたとします。

その人がトレンドアフィリエイトブログで、
「筋トレ」をテーマにして記事を書くことになりました。

そのときにリサーチもしないまま、
とりあえずキーワードだけ探してテキトーに記事を書いてみたとします。

多分、これを2018年にやっちゃうと間違いなくコケます。

一時的に集まって多分2019年以降は下がるいっぽう。

べつに脅しでもなんでもなく事実です。

好きでもない人にたいして
さも興味があるようにしゃべるのはめちゃくちゃ難しいですよねw
多分相手がよほどじゃない限り、すぐに察しますw

これとおんなじで、テキトーに書いている記事って読者にばれます。

ネットリテラシーが年々高くなっているネットユーザーに、
そんな子供だましのような仕事は通用しないです。

すでに通用しなくなってますが、
それでも今後ましまし厳しくなります。

だからこそリサーチをする。

リサーチのコツは、【ターゲットを理解する】ということ。

つまりいくら興味がない【筋トレ】だとしても、
筋トレに関心をもっているターゲットのことを理解しておく必要があります。

・どんな悩みを持っているのか
・なにが知りたいのか
・解決したら何をしたいのか
・何に一番困っているのか
・どういった憧れがあるのか

別になんだっていいんです。
その人(ターゲット)について理解する。

100%完璧なリサーチは不可能ですが、
たった30分間時間を投資するだけで調べられることなんていくらでもあります。

Twitterは悩みの宝庫

Twitterは最強です。

悩みを持っている当事者がいくらでもいます。

Twitterにはツイートを検索する機能があるので、
いくらでも調べられるのです。

たとえば、「痩せたい」って検索すると
それに関連するツイートとアカウントがいくらでも出てきます。

そのつぶやきをした人は、普段どのような行動をしているのか。
どのような食事をしたり、生活リズムをしているのか。

食べたものの写真がUPされていたり、
どのようなTwitterアカウントをフォローしているのか
じっくり調べ上げることができます。

ヤフー知恵袋も最高ですが、ツイッターはよりリアルです。

1つのアカウントをリサーチするのに5分あればできちゃいます。

こんな感じでたっぷり30分時間を投資すれば、
最初はなにも関心がなくて知識がなかった状態から30歩くらい前進します。

何もしていないライバルより30歩前に進めるので超有利ですw

実際にその人に向けて記事を書いてみる

大切なのはリサーチをしたら形にすること。
どれだけ素晴らしいアイデアやデータを集めても、
コンテンツにしないと意味がありません。

机上の空論でおわっちゃいます。

案外、いいアイデアを生み出すよりも
ちょっぴり人より努力をして行動したほうが結果になるのです。

それはアフィリエイトも同じ。

ツイッターでリサーチをして良い研究材料のアカウントがあったら、
その人にむけるつもりで記事を書いてください。

これがめちゃくちゃ濃い内容になります。

なぜなら、目の前に悩みを持っているユーザーを見てるからです。

どうしてもイメージできないことを、
さも知っているような感じで書くのがむずかしいです。
それこそ世に出回っている怪しいビジネスブログなんてその典型ですよねw

どれもコピーされたような内容ばかりな気がします。

トレンドアフィリエイトも劣化コピー量産になりやすい傾向にあるため、
ちゃんとリサーチをする必要があるのです。

正しくリサーチに時間を割いていたら、
記事なんてそれこそ一瞬で書けます。

きっと手間と労力を惜しんでノーリサーチで書いた記事より、
多少手間をかけたほうがリターンは何百倍に膨れ上がります。

なぜなら、早いだけの手抜き記事はそもそも検索エンジンに評価されないからです。

1つの記事に30分しかかけてないけど収益ゼロ円。
時間はそこそこかけたけど1年間で1万円稼ぐ記事。

どちらがいいかと言われれば圧倒的に後者ですよね。

目的はあくまでもユーザーに価値を提供して、
その対価としてアドセンス報酬を受取るのです。

アドセンスの場合は広告出稿者からのお金が回ってきますが、
それも広告を露出させているからこそのリターンです。

そもそも検索エンジンからアクセスしてきたユーザーに、
価値を提供できなかったらそこで結果はゼロ。

つまらないから離脱されたらアドセンス広告だって露出できませんよね!

・ブログ運営者
・検索ユーザー
・広告出稿者
・検索エンジンを提供しているGoogle

すべてが損をしますw

・ブログ運営者(読まれないから収益にならない)
・検索ユーザー(悩みが解決しない)
・広告出稿者(広告を表示できなかった)
・Google(ユーザーの利便性を損なった)

こんな感じで良いことが1つもないんですm(_ _)m

だからこそ、リサーチをしようってワケです!

ここまで長々と解説をしてきましたが、
ご丁寧に読んでくださっているあなたはきっと間違いなくこの先、
いい結果につながること間違いありません。

人は耳が痛い話からは逃げたくなるもんで(笑)

それでも最後まで読んでいただけるということは、
さらに結果を出すために試行錯誤をしていたり、
なにかしらのヒントを模索しているかもしれません。

そのように自分が結果を出すために必死にリサーチできる人は、
間違いなくユーザーのために手間を惜しまずに努力できる人です。

ぜひ、実践をしてみて感想があればメールください!

まだ詳しく知りたいことがあれば、
僕にお役に立てる範囲でしたら回答させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)