トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトの記事を素早く書き上げる3つのコツ!

リサーチは机に座るまでに終わらせる

トレンドアフィリエイト記事を書くときは、

・キーワード選定
・ライバルチェック
・リサーチで情報や知識を仕入れる
・ターゲット設定(誰に書くのか)

こういった作業工程があります。
PCの前にすわって、これらをすべてやっていくのは正直めんどい。

リサーチを終えてそこから更に、記事執筆となると疲れますよね。

おすすめは外にいるときにリサーチ作業を終わらせることです。

・電車にのっているとき
・散歩をしているとき
・昼休憩の時間
・ご飯をたべながらスマホでリサーチ

外出をしているときにスマホでTwitterやゲームをするのではなく、
ちょっとした短い時間をつかってリサーチするのがおすすめです。

僕も移動しているときは常に耳にAirPodsを突っ込んで音声学習をしています。

気がついたこと、学んだことをEvernoteにメモしておいて
自宅にかえってから一気にまとめてアウトプットしています。

・会社にむかっている電車のなかで5分リサーチする
・昼ごはんをたべながら10分リサーチ
・夕方に電車にのりながら10分リサーチ

例えばこのような感じでリサーチすれば、帰宅するまでに合計25分。

25分もあれば1〜2記事くらいのリサーチは簡単にできますよね。
キーワードを横展開で執筆するときは充分な時間だと思います。

なるべくスマホをみるときは仕事につながることを優先したほうがいいです。

そうすれば自宅に帰ってからすでに脳内とメモしてあるネタをもとに、
一気に記事をかきあげていけば作業効率がグンと高まります!

PCに向き合ってからは、ひたすら書く!

これだけを徹底して守れば限られた時間でサクサクとブログを育てられます。

スタジオジブリの色彩担当をしていた保田道世さんも、
ジブリのドキュメンタリーで同じことを話していました。
(ジブリ作品の色や雰囲気を生み出してきた方で、宮崎駿監督からは戦友とよばれていた)

そんなジブリ色彩の保田道世さんは、
自宅から職場にいくまでに目に入ってくる風景を参考にして、
「今日の仕事で使う色や感覚を決めていた」そうなのです。

後輩にも、「職場についてから考えてはいけない」と指導していたそうです。

僕はこれを聞いたときものすごく勉強になりました。

それ以来は、おなじように外でリサーチをして脳内にある程度情報をストックして、
自宅のPCに向き合ったときにはひたすらアウトプットを行っていました。

これを意識するだけでムダな時間が減ります。

・何を書こうかな
・記事かくのだるいな〜
・書きたいことが思い浮かばない
・何を書けばいいかわからなくなる
・書いてみたものの文字数が増えない

こういったモヤモヤが一切なくなり、やることがスパッと終わります。

サラリーマンをしながらトレンドアフィリエイトをやっている人に、
毎回教えている秘訣です。
バカにせず、一度だけ真面目に取り組んでみてください。

PCに向き合ったとき、驚くほど文章を書くのが楽になります。

どこでリサーチをすればいい?

リサーチはどこから情報を入手しても自由です。

「絶対にここ」 というのは作らないほうがいいです。
なぜなら記事ごとにテーマもジャンルも変わってくるからです。

例えばウィキペディアでしか情報収集しなかったら、
ウィキペディアの劣化版の記事になります。
もとの情報を薄くのばした味のないコンテンツになる・・・。

2018年でそれをやってしまうと、
トレンドアフィリエイトで結果を出すことは難しいです。

1時的になんとかなっても、資産化ブログには成長しない。

僕は積極的にTwitterやFacebook、インスタグラムも活用します。
こういった生の声はめちゃくちゃ強みになる。
ネット上の記事ばかり参考にするとどうしても得られる情報が偏ります。

実際にSNSで活きた情報を手に入れることができれば、
それを上手に調理してコンテンツに反映させることができます!

ライバルブログの記事は参考にする?

僕は検索エンジンで1〜10位までに表示される記事は必ずチェックします。

熟読ではなく雰囲気だったり切り口を掴むために、
3分くらいで10サイトチェックしちゃいます。
個人ブログなのか、大手企業サイトなのか、これも重要。

多くの人は、ライバルブログを参考にしちゃいけないと思っていますが、
ガンガン真似していくべきです。

真似というのは、良いところを吸収して応用するのです。

決して、【コピー&ペースト】のことではありませんよw

やっぱり上位表示しているブログや記事は参考になります。
うまくいっている成功例なので、真似る(学ぶ)べき点はいくつもあります。

僕はこういった点を必ずチェックしています。

・ターゲット
・記事の切り口
・文章の構成
・タイトルのつけかた
・内部リンク

良いブログほどアホみたいに基礎がしっかりしています。
当たり前のことをちゃんとやっているのです。
そりゃ上位表示もするし、読まれるようになるよね!って思いながら学習しています。

逆に順位が下がれば下がるほど、薄味の記事ばかり。
検索結果1ページ目に表示されている記事と、
8ページ目くらいに表示されている記事の差は歴然です。

当たり前の要素を手抜きしているから、
どれだけ記事を作っても成果に結びつかないのです。

この記事ではあなたが、トレンドアフィリエイトで失敗しないためのコツを
ふんだんに要素として盛り込んでいくのでじっくり読んでくださいね(^^)

良いところは素直にパクる

僕は成功者を素直に模倣するように意識しています。

はじめて学ぶ分野は、その道で活躍している成功者の本を読み漁る。
その人が教えてくれた内容はアホみたいに愚直にやる。
自己流は一切いれず、その人の型を身につけることを意識しています。

まるで禅僧が師匠の教えを素直に吸収するかのごとく。

リサーチをしているときに、
「このブログはすごい!」 と感じたら素直にいいところをメモ。
速攻でEvernoteにメモしちゃいますw

「勉強になるところ」
・タイトルがシンプルなのにクリックしたくなる
・内容がすんなり頭に入ってくる

←こういった感じで箇条書きにして、そのあと「なぜ?」を研究します。

このブログはタイトル付けが上手すぎると思えば、
秒速でサイトマップに移動してすべての記事タイトルに目を通す。
すると法則だったり意識しているパターンが見えてきます。

そこで応用するチャンスです。
「この後書く記事で早速真似してみよう!」
これが正しいパクり方です。身になるし一生使える。

トレンドアフィリエイトのリサーチをするたびに自分が成長する。
それがブログに反映されていき、ユーザーが満足する。
最終的にはアドセンス報酬となって自分に循環してくる。

こういった良い流れが生まれるのです。

テキトーに記事を書いているだけでは絶対に身につかない習慣です。

でも今日から実践していけば日に日にトレンドアフィリエイトが上手になります。

ターゲットを設定して書く

トレンドアフィリエイトで記事を書けない人ほどターゲットを無視しています。

1・WordPressを使ったことがある人
2・WordPressの存在を知らない人

もしもこのような状況があったとすれば、
両者に対して書く記事の内容はガラリと変わってきますよね。

使ったことがある人は、「ある程度の感覚と知識がある」
存在すら知らない人は、「WordPressとは」という段階からじっくり解説しないといけない。

ターゲットは絞れば絞るほど相手に響く内容になります。

広げれば広げるほど記事の内容がぼんやりとしたものになる。

ターゲット(誰に向けて書くのか?)を記事を書くまえに決めてしまう。
これがスラスラと文章を書くための秘訣です。

なぜなら、「この人にむけて書く」とわかっていれば簡単ですよね。

会ったこともない、目にしたこともない人に向けて書くなんて難しい。
だからこそターゲットを定めてその人だけに向けて書く。

ポイントは、その人だけに伝えるということ。

ターゲットの決め方

ターゲットを決めるときは、実際に悩んでいる人の声を聞きましょう。

「たぶん、こんな感じだろう」 ←これはダメ。

想像だけじゃダメなんですよね。
最初は実際に悩みを持っている人の声を見る。聞く。知る。

・Yahoo知恵袋
・お悩み系掲示板
・Twitter、Facebook
・本
・YouTube

様々な媒体をフル活用して悩んでいる人にアクセスします。

僕はよくTwitterで悩みを持っている人を探しています。
若い女性は意外とYahoo知恵袋とかよりも、
匿名性が高いTwitterで悩みを告白していることのほうが多い。

ピンポイントで悩みを持っている当事者がいれば、
あとはその人に向けて書くだけです。

・性別
・年齢
・住んでいる地域
・職業
・趣味

こんな情報もTwitterアカウントを30秒くらいチェックすれば、
なんとなく見えてきます。
入手できた情報があればより具体的に文章を書けますよね。

臨場感が強くなります。

「僕はこの人のために記事を書く」と勝手に設定するのです。

その人が実際に見るかは関係ありません。
でも、同じ悩みを持っている人がみればまるで自分のために書かれたかのごとくリアルに受け取ってもらえます。

やっぱり丁寧にリサーチをして気持ちを乗せた文章を書くと、
読み手にしっかり届きます。

中途半端に作業だけを目的にしている人間には絶対に負けなくなります。

ここまで本気でやっている人はほぼいないですw
だから僕たちで美味しいところを総取りできるのです(^^)
この記事を読んでくださっている我々で読者に価値を与えて、対価をしっかり受け取っていきましょう!

こんな風に、ターゲットを設定すればあとはPCに向き合って書くのみ。

最後に、僕が文章を書くときに意識しているコツを紹介します。

一気に記事を書き上げる

僕はリサーチが完了したら、早速PCに向かいます。

その瞬間から外界の情報をシャットアウトしてかきあげます。

イメージとしては、100メートル走です。
ゴールに向かって余計なことは考えず一直線になって走る。

実際に100メートル走っているときは何も考えませんよねw
走ることに全神経を集中させているので考える必要もない。
まさにそのような感覚です。

【今ここに集中して生きる】

これをテーマにして一所懸命で書きます。

・誤字、脱字
・表現方法

必死に書いている途中に間違えちゃうこともありますが、
そこは一旦無視して走り続けます。
とにかくゴールに向かうために淡々とむかう。

タイピングはゆっくりでもいいけど、
ライティングはそのまま流れるように書いちゃったほうが捗ります。

【あなた】→→→【ターゲット人物】

あなたはターゲットの1人に話しかけるように書くだけ。

本当に感覚的なマインドセットではあるのですが
1度だけ意識して書いてみてください。
驚くほどスラスラ書けます。さらに、気持ちが乗っているのでいい文章になる。

最後に誤字脱字を修正する。表現方法を工夫したり、
読みやすいように記事をデザインしていけばOK!

推敲しないまま投稿する

僕は一所懸命に作りあげた記事をそのまま無編集で投稿することが多いです。

ある程度のクオリティが保証されているならば、
たとえ誤字脱字があってもWordPressにUPしちゃえばいいのです。

実は文章のミスを修正する推敲(すいこう)作業は、
文章を書くのと同じくらい疲れることがあります。

文章を修正するときはひたすら要らない文章を削ること。

これがなかなか疲れますよねw

僕は後回しにしないためにも1度サイト上に投稿しちゃいます。
そして時間があるときにサクッと推敲する。

文章を書き上げたあとはテンションが高いためミスに気が付けないことが多い。

一晩眠らせて翌日に見返すと、ダメなところが山程見えてきます。

そういった恩恵もあるのでとりあえず投稿しちゃうというのはおすすめです。

ライティングするほど元気はないけど、
何か寝るまえに少しでも仕事をしたい。

←こういったシチュエーションありませんか?

僕はこういったときにWordPressに投稿済みのコンテンツを修正します。
文章を削るだけであれば、1から生み出すより楽勝です。

このブログも無編集で投稿して数日後にまとめて編集することも多々あります!

ライトな感じでいいんです。
とにかく記事を1つでも多く作ることが資産ブログにつながります。

検索ユーザーとの接点になるコンテンツは多ければ多いほうが有利です。

まとめ

トレンドアフィリエイト記事を書くのが苦手なあなたに向けて、
僕なりの工夫しているポイントを解説してきました。

長い記事でしたが、じっくり読んでいただき感謝しています(^^)

記事内でも何度も主張していますが、
「良いことはパクって応用する」
これを徹底してください。 僕の記事もパクって応用してください。

新世紀エヴァンゲリオンのアニメ監督の庵野秀明さんも、
「真似る」ということはめちゃくちゃ重要だと語っていました。
庵野秀明さんいわく、今の世代のアニメは例外なくコピー(真似)でできているそうです。

庵野秀明さんの師匠であるスタジオジブリの宮崎監督も真似の達人だそう。

宮崎駿監督ですら真似るを愚直にやって、
名作を生み出してきたのです。(宮崎さんは自分より更に上の世代に影響を受けているそうです)

庵野さんは自分のことを、コピーのコピーと自称しているほどです。

それくらい真似るは学習の第一歩となり、
真似することができるから、さらに発展していくわけです。

僕たちはアニメーションの世界ではなくビジネスをやっている人間ですが、
ビジネスこそパクることが重要になってきます。

トレンドアフィリエイトというノウハウを素直にパクって実践する。

そこにオリジナリティはいらないわけです(^^)
僕なんてPRIDEに書いてあることだけをやってきました。

その結果として、アドセンス報酬が累計で8桁を簡単に超えることができました。

あなたは僕のアイデアをそのまんま応用してください。
今より楽に文章を書けるきっかけになれば嬉しいです!

それでは以上になります。
最後までご丁寧にお読みいただき有難う御座いました!