最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

実りある収穫は種まきから。あなたは種を撒いていますか?

ネットビジネスで結果を出すことは難しいことではありません。

大人一人がひとり暮らしでゆったり生きていくレベルの収益源であれば半年〜もあれば確実に構築できます。

でも実際は多くのひとが、ネットビジネスに挑んでは挫折・失敗を繰り返しているという事実があります。

これって単純に「種をしっかり撒けているか?」に差がでていることが多いです。

結果を出すためにぜったいに知っておくべき、種まきの考え方について今回は話していきます。

種まきをするという考え方

僕のブログを読んでいる方のおおくは、トレンドアフィリエイトをやっていることが多いので、今回はトレンドアフィリを例にして解説してみます。

まず、ネットビジネスで収益を得るためには、かならずキャッシュポイントとなるコンテンツが必要です。

コンテンツとは、べつに教材とかのことではありません。

WordPressのブログ記事、メルマガ、PDFレポート、ツイート、フェイスブックの投稿、これらすべてがコンテンツです。

トレンドアフィリエイトであれば、ブログ記事。 これがないと話になりません。

僕のブログにこのような相談メールが、よく来ます。

トレンドアフィリエイトを始めて6ヶ月経過しますが、未だに月の収益が1万円未満で焦っています。
記事数は60ほどあり、アクセスはぼちぼち来ています。
このような場合は、このブログを見限って新しい手法にチャレンジするべきでしょうか?

色々とツッコミどころはあるものの、こういったメールを送っていただける方の多くが単純に実践数不足、つまり種まきの量が少ないのが原因になっています。

ぶっちゃけトレンドアフィリエイトは、PRIDEという教科書を参考にして実践すればどうあがいてもアクセスを得られる知識とマインドがまなべます。

でも、この教科書をみて結果が芳しくない人は、もっと種をまくという感覚を強くもってほしいです。

僕のおじいちゃんの実家は米農家です。

お米は最初、種籾(たねもみ)という小さなお米の粒みたいな種を苗箱にうえます。

そして、その苗箱をビニールハウスで温度調節をしながら苗をじょじょに大きくしていきます。 ある程度の大きさに育ってくると、ようやく田植え(苗を田んぼに植える作業)がはじまります。

しかし田植えをしたからといって、数ヶ月間放置しておくだけでは美味しいお米へと成長しません。 植えられた苗が稲へと立派に育つためには、

まいにち天候や気温によって田んぼの水管理がひつようです。

僕のおじいちゃんは、朝4時ころに田んぼに水をいれるために朝早くでかけていき、またお昼頃に様子をみにいき調節する。 そして夕方になるころにもう一度水をとめるために田んぼを回る。

僕が小さなころ、おじいちゃんは他所様の田んぼも管理していたので20面くらいありました。

種を撒いて、稲が収穫時期になるまでたくさんの手をかけては育っていくのです。

この一連の流れをトレンドアフィリエイトにたとえてみると・・

記事を書き投稿をする(数ヶ月経過してようやく)
検索エンジンから自動的に集客をしてくれるコンテンツへと成長する

とまあ、お米の育て方と比較するとめちゃくちゃシンプルな流れです。

それに1度投稿した記事は、お米の苗のようにこまかく日々修正を加える必要もないですし、天候が悪くなって枯れちゃうこともないですから、かなり楽ちんな種まきです。

これを今トレンドアフィリで結果を出そうと頑張ってる人に話すと、「うわ〜、今オレがやっていることってシンプルに考えたらめっちゃ楽なことしてるわ〜」 って驚いてましたw

どうしても結果が出ないときって、不安になりがちですし、視野が狭まって考え方や極端になりやすいです。

こういったときに、焦ってしまって「別の手法を探そう」とか「裏ワザを見つけよう」と考えちゃうのです。

いま思うようにアクセスが集まっていないのであれば、ほんとうに自分は満足できる収穫量を得られるほどの種を撒いてきたのか、を見直してください。

これをやってもらうと、ほとんどの人が「振り返ってみると反省点がありすぎる」と行ってくれました。

これに気がついてくれたら、あとは種をまくために奮闘すればいいのです。

しかし、気合だけが空回りして一瞬だけがんばって作業して途中で挫折しないように、いつも僕がいっているハードルをめちゃくちゃ下げまくる考えを採用してほしいです。

ハードル下げまくって物事を確実にこなすための考え方についてはこちら。→記事リンク

この考え方を知っているだけで、かなり挫折を防ぐだけでなく意識を変えていくことができます。 結果的に習慣にしちゃうことができるので、あとはほぼ労力をかけず過去の自分とは別人のように仕事をやることができます。 

それも当たり前の感覚になるので、より上昇志向がわき、つくるコンテンツの質も自然とあがっていきます。

だから、いまあなたが持っているブログの記事数が100だろうが200だろうが関係ないのです。

「100記事投稿しているのに1000アクセスもないよ・・」とか木にしなくてもい。

種をまく価値がわかって、まいにち作業を続けるのが当たり前になるまで成長すれば、コンテンツの質が見違えるので、少ない記事数でも最大の結果につなげることができます。

わかりやすくいうなら、絵画の模写を素人が100枚こなして成長具合に落胆してるようなものです。

でも150枚、200枚と書き続けるのが当たり前になると、質がいきなりガクンと上がっていきます。 そうなれば、これまでアクセスがほぼなかったブログでも毎日数千〜数万とか余裕で集客できます。

正しく種をまけば、撒いている種の質も良くなっていくというメリットがあります。

トレンドアフィリエイトでいえば、キーワード選定に磨きがかかり、ヒットする確率が高まる。 記事の内容がしっかりとユーザー目線になっており、読者に興味をもってもらえる文章になったり。

最初は、検索エンジン経由で調べごとをしていてあなたのブログにたどり着いたけど、記事のおもしろさと文章からにじみ出ているあなたの個性にひかれて、ブログそのもののファンになってくれるかもしれません。

ファンが100人いれば、記事を更新するたびに熱狂的に読んではレスポンスを返してくれるので、あなたのモチベにもつながるしいいことづくしです。

僕が趣味でやっているとあるブログがあるのですが、このブログがまさにその状態でファンがめちゃくちゃついているので、ブログの隅っことか、記事の下部にアドセンスを張っておくだけでかなり儲かる状態です。

でもこれは趣味でもともとやっていたブログなのですが、最初のころよりコンテンツがよりマニアックなものに磨かれていったことにより、ファンが沢山ついて安定して支持される状態になったのです。

こうなれば、僕が記事をかくのにも熱気と感謝をこめて書くことができますし、ほんと良い循環が置きまくって大変なことになっています(笑)

だからあなたも、最初はクヨクヨ悩まず、自分がやっている作業に価値を感じてください。

よほど農作物をつくるより、リスクが少なく、手間を掛けずに
農作物より多くの収穫量(受け取れるお金)があるはずです。 ここに気が付かずに、日々てきとーに惰性で作業してちゃ、クオリティは磨かれていきません。

日々ドラクエのように1レベを上げるために、まいにち同じ作業を繰り返す感覚でやってみてください。

種をまく、そして数ヶ月〜してから与えた価値に比例してお金を受け取ることができます。

コメント

  1. […] やっぱり100記事しか書いていない人と1000記事書いている人では、得られる成果も経験値もケタ違いに変わってきます。 […]