トレンドアフィリエイト

あなたのトレンドブログがうざいと言われないための3つの対策【完全版】

トレンドアフィリエイトのブログはかなり嫌われやすいです。

これには明確な理由があります。
純粋にコピペみたいな内容だったり、薄味すぎる記事が多かったり。
どうでもいい情報ばかり出てくると検索ユーザーもうんざりですよね。

僕もトレンドアフィリエイトをガッツリ取り組んできたので、
「 なぜ、嫌われてしまうのか 」 を痛いほど理解しています。

でも、原因を理解して正しくブログ運営していけば、
悪い反応じゃなく、良い反応が得られるブログに育てあげることができます。
トレンドブログなのにめちゃくちゃコメントがついたり、
固定の読者さんが支えてくれる状態になります。

今回はトレンドアフィリエイト実践者のあなたに向けて、
これだけは意識しておいたほうが良いポイントを解説します!

届けるべき人にブログを書く

トレンドアフィリエイトブログだとしても、読者さんがいてこそ成り立ちます。

単純にアクセスを稼ぐだけでは長続きしません。
1時的に爆発的にPVを集めても意味がないのです。

安定してPVを稼ぎつつ、読者にとって読むメリットがないブログは、
遅かれ早かれ検索エンジンからふっとばされてしまいます。

ペナルティという意味ではなく、ジリジリと順位低下していくのです。

僕はこれまでトレンドブログを30個以上〜作ってきました。

数年前に未熟だった頃につくったブログの大半は、
2018年になってほとんど機能していません。
全盛期は1日に10000PVほどあったブログも今では1000PVくらいになっていたり。

全盛期の十分の一くらいまで激下がりしています。

反対に、今でも安定しているブログもいくつかあります。
3〜4年前に作ったにもかかわらず相変わらず活躍しているのです。

この違いは、「読者のために運営しているか」 にありました。

2018年に生き残れなかったブログはお金を稼ぐためだけに、
読者のことを一切考えずに量産したブログだったのです。
いま活躍しているブログ、サイトはすべて読者ファーストで作っているので時代に淘汰されず生きています。

自演リンクとかSEOとかは面倒なので、
ほとんど手をかけずに育ててきました。

「 読者のために作るブログ 」 これだけを意識することで、
読まれる、感謝のコメントやメールが貰える。
対価としてGoogleアドセンス広告から収入が得られる。

こういったメリットがあります。

この記事ではたっぷり良いトレンドブログを作るためのエッセンスを解説します。

トレンドアフィリエイト実践者は何度も読んで自分のブログに活かしてください!

一次情報を薄めた劣化コピー記事

「一次情報を薄めた劣化コピー記事」が多いトレンドブログはハッキリいってうざいです(笑)

トレンドアフィリエイト実践者の僕ですら、
リサーチをしているときに「うわ〜」って思いますからね。
例に漏れず、過去の自分もそういった記事ばかり作っている時期がありました。

一次情報とは、「情報の発信源」を意味しています。

つまり、「あなたの体験だったり視点は一次情報」になるけど、
すでに世の中に出回っている情報や知識は二次、三次情報と考えてください。

別に二次情報、三次情報が悪いわけではありません。

しかし、どのブログも同じ情報源をもとに記事を書いているので、
「あなたのブログじゃなくてもいいよね」 という状態になっているのです。

オリジナリティを出す方法

こういった話をすると必ずこういった質問がきます。

「 誰よりも先に新鮮な情報を入手しなきゃダメなのですか? 」

答えはノーです。
情報鮮度だけで勝負していると時間が経過すれば結局負けます。
ライバルに勝つためには情報量や情報の鮮度で勝負するのではなく、
あなたのオリジナルな視点が武器になります。

オリジナルな視点というのは、
「 あなたが情報を調理して記事にする 」 ことです。

例えば、「コーヒー 体に悪い」という2つのキーワードで記事を書くとします。

そうなったら多くの人は、「ネットで調べた情報を自分なりに羅列します」
実は昔まではこれだけでも充分に上位表示ができました。
それなりに情報量と文字数を意識していれば簡単に勝てる時代だったのです。

しかし、2018年現在ではほぼ通用しません。

いま通用していたとしても来年、再来年はきっと徐々にPVは減っていきます。

トレンドアフィリエイト実践者はこの先もひたすら増えていくし、
同じような狙い目のキーワードで記事を書きまくっていくので、
ライバルとなるブログは激増していきます。

そんな中で情報量と文字数だけで勝負するなんてあまりにも無謀ですよね。

冷静になって考えると無茶なことがわかります(TOT)

オリジナルな記事にするためのコツとしては、

「 すべての五感を使って本気で記事を作る 」

これを徹底する必要があります。
情報を入手するときもテキトーにネットサーフィンをするのではなく、
面倒だけどSNSを使ったり、知恵袋で生の声を参考にするのです。

ライバルブログの記事しか参考にしていなかったら、
それはライバルの記事の劣化コピーに成るだけです・・・・・。

僕は初心者のころ、これをやって500記事がムダになった経験がありますw

大切なことは面倒くさい

リサーチは正直いって超絶地味な作業工程です。

リサーチという言葉はクールだけど中身は泥臭く地味です。

これだけは断言できますが、トレンドアフィリエイト実践者の99%は、
面倒なリサーチを放棄して、記事を書くことだけに専念しています!

←これ超大事なポイントです。

大切なのでもう一度いいます。

「99%の実践者はリサーチが手抜きです」

つまりライバルが面倒くさがってやらないリサーチを、
丁寧に時間と五感を使ってやれば、圧倒的に記事の質が変わるのです。

オリジナル要素が増えるし、スラスラ文章が書けるようになる。

たまに、「記事が書けなくて困っています!」という質問がありますが、
面倒なリサーチから逃げて、記事を書こうとしているので辛いのです。
だるいけど、ちょっと歯を食いしばってリサーチすればその先は宝の山です。

なんだって同じです。
筋トレとかダイエットを一時的な決意で1週間がんばる人はいても、
2ヶ月、3ヶ月と継続できる人がいないのと同じ。

僕も下手くそながらトレンドアフィリエイトを2年くらい継続していたら、
気がついたら累計の報酬額が8桁超えていました。

リサーチも少しだけやる人はたくさんいるけど、
ゴリゴリに取り組む人は1%未満。
それこそ超優秀なメディアを運営している組織だったり、
プロフェッショナルな意識を持っている個人だけです。

深いところでトレンドアフィリエイトを甘く見ている人は、
リサーチを手抜きしているので簡単に勝ててしまうのです。

ちょっとした意識の差がめちゃくちゃ大きな結果を生み出す。

小手先のテクニックやノウハウも重要だけど、
自分がプロ意識をもってトレンドブログを運営することが超重要です。

この長い記事をここまで読んでくださっているということは、
相当意識が高く、今より上を目指されていることに違いありません。
だからこそ僕も出し惜しみせず、大切なことをお伝えしていくので、
気になったところはメモをしながら読み勧めてくださいね!

ブログ記事に濃淡がないとつまらない

トレンドブログの記事は濃淡がなければ読んでいて楽しくありません。

映画とかマンガをイメージして欲しいのですが、
ずーーーっと単調なストーリーだったら楽しくないですよね。?

トレンドブログの大半が濃淡のない単調な文章になっています。

簡単にいうと、「この後の展開が簡単にわかる」ということ。

展開がわかりやすいのは良いことだけど、
悪い意味でのわかりやすさなのでダメなのです。

「 どうせ、○○のような内容なんだろうなぁ 」

こんな感じで読者は薄々感づきながら記事を読んでいます。
案の定つまらない劣化コピー記事になっていたら、
その場で読むことをやめて離脱されちゃうのです。

Googleは読まれていない記事は順位をガンガン落としていくので、
アクセスは一時的に集まったとしても時間の問題。

文章の濃淡を出すには、「自分の主張(意見)をしっかり書く」 ことが秘訣です!

「情報」+「あなたの意見」=濃淡のある記事

「情報」だけの記事になるとつまらないし、劣化コピーのまま。
上位表示もできないし、時間のムダになります。

でも、「情報」に「あなたの意見」を追加してあげるだけで、
文章に濃淡が生まれます。
薄い情報に、自分なりの意見や視点を加えてあげるだけでオリジナル記事になる。

うざいブログから卒業できます。
単調で同じことばかり書いてあると楽しくないけど、
あなたの主張があることでガラリと差別化できます。

TVの情報番組でひたすら正確にニュースを流し続けるよりも、
辛口だったり、批判が多い発言をするコメンテーターがいる番組のほうが面白いですよね。

当たり障りのない言葉を並べるだけじゃ粗末でつまらないけど、
批判を恐れずしっかり自分の主張を混ぜ合わせると、
読者からすれば、「そういう視点もあるのか」と納得してもらえる可能性もある。

とにかく主張がなければ、批判も共感も納得もない。
ゼロは最悪。まだ批判があったほうが良いわけです。

批判が来るということは読まれている証拠です。

一番悲しいのはアクセスもこない存在感ゼロのトレンドブログです(笑)

読者のために書いている?

結局のところ、トレンドブログは相手ありきです。

文章、音声、動画すべてにおいて相手ありきです。
自分が言いたいことだけ発信していても共感されないため、
いつまで経っても結果につながりません。

あなたにファンがすでに何万人もいて、
何をやってもキャーって言われるアイドルだったら話は別です。

でも、僕たちはビジネスの仕組みを作り仕掛ける側の立場です。

顔出しをしていないことのほうが多く、
最初はファンなんて1人もいないわけです。

これをちゃんと理解していると読者を無視することなんてできませんよね。

今でこそ、僕は読者のために記事を書いていますが、
過去はそりゃかなりヒドイものでした。
PVを稼ぎたいあまり、かなり手抜きで記事を量産していたのです。

はじめてトレンドアフィリエイトに挑戦したころは、
短期間で500記事を作ったのですが、すべて低品質な独りよがりな内容でした。

当然ですが一時的にアクセスは爆発的に集まっても、
長続きしない。すぐにピークが終わり、アクセス解析をみても閑古鳥が泣く状態です。

こりゃイカンなと思い心機一転あたらしいブログを立ち上げて、
訪問してくれる読者さんのためだけに記事を書くようにしました。

不思議なことに特別新しいことをしているわけでないのに、
新しいブログにはコメントがたくさんつくのです。

・ありがとう
・勉強になった
・自分もこの記事をみて頑張りたくなった

こういった温かい内容が来るようになったのです。
マジで嬉しい。これが第一印象でした。
それ以来は心を入れ替えて文章で価値を提供するためにライティングができるようになったのです。

あなたも自分の生活や報酬のためだけに、
どこかテキトーに作業をしていたり、半端な形で実践をしていませんか?

今はダメでも、今日から変えていけば伸びしろしかありません。

それよりも自分の欠点や伸ばせる要素を見つけられただけで、
1歩前進どころか、大躍進です。
それくらいのレベルで変わる。反応がガラリと良くなると、
記事を更新するモチベが上がりまくります。

先ほどもいいましたが、ウザいと言われたりするよりも、
反応がなにもないブログが1番悲しいです(笑)

だからこそ本気で書く。
精神論ではなく、当たり前に持っているべきマインドです。

・読者のためにリサーチをする
・読者のために記事を書く
・読者のために推敲する

少しでもわかりやすく、知りたいことを簡潔にまとめる。
文章を編集するときは読みやすく意識したり、
1文字でも減らしてストレスをなくしてあげたり。

すべては、「読者のために書く」という心から広がっていきます。

↓以下のコンテンツでは、僕がトレンドアフィリエイトで大失敗をしたエピソードを語っています。
 サクッと読めば、「なぜ500記事も書いたのに失敗をしたのか」 ということがわかります。
 それに付け加えて、「数千万PVを累計で稼ぐまでに意識したこと」 もコンテンツ内で言及しています。

現在、トレンドアフィリエイトを実践していて行き詰まっている方は冒頭だけでも良いので読んでください。↓
僕がトレンドアフィリエイトで失敗した3つの原因!稼げない人の特徴を解説。