最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

とりあえず数を打ってみれば劇的な変化が必ず生まれる。【ネットで稼ぐ】

アフィリエイトをやりはじめた人がよく気にすることがあります。

それは、質が優先か、量が先なのか。 という問題。

 

わかりやすくいえば、ブログ記事を書くとしたら質を優先して丁寧に作っていくのか、質はとりあえず無視をして、記事数を増やすことに専念するべきなのかということ。

これには僕はいつも必ず、ひとまず数を打つことをおすすめしています。

 

今回はその理由について話してみたいとおもいます。

質と量のバランス加減に悩んでいる人はぜひぜひ参考にしてくださいね。

 

最初は数を打つべき理由

アフィリエイトで結果を出すためには、なにがなんでも始めは数に走ったほうが成果につながりやすいです。

 

僕がアフィリエイトをはじめた当時、あるバカな勘違いをしていたことがあります。

 

それは、なるべく質を高めるために記事数を増やすよりも、1つの記事に固執しまくってクオリティを高めようとしたこと。

 

つまり、1つの記事に何時間もかけ修正してはまた見直して推敲作業が終わらない状態・・・

このときの僕はひたすら作業スピードが遅く、1週間で2記事とか3記事とか投稿していればかなり良い方でした(笑)

 

いや、実際にこの行為は悪いことではないですし、むしろ評価するべき点もいくつありますが・・・・

それでも最初は、数を打っていかないと質も上がらないし、成果にも結びつかないのです。

 

簡単にいえば、最初はどれだけ1つの記事にこだわっても1年間記事を書き続けている人がつくる記事のクオリティにはかなわないのと同じです。

 

ましてや、成長速度も遅ければ資産サイトが構築されていくのも時間がかかってしまいます。

これって、ドラクエで最初の村にとどまって、ひたすらスライムを倒しまくっている状態です(笑) でも、使っているのが初期装備の、銅の剣なのでやっぱりレベルアップはいつか頭打ちになります。

 

それよりも、最初はムリをしてでも前に進むためにたくさん記事を書いたほうがいいのです。

 

ドラクエで例えるならば、最初の村を飛び出してステージをすすみ、一番最初のボスを倒してレベルアップする、 そして次のエリアへ移動して強い武器を購入し、新しいモンスターを倒してレベルをあげていく。

こうやって前に進みながらレベルをあげていったほうが、道中で得られる経験値もケタ違いに多いです。

 

記事をたくさん書いているからこそ得られる経験値、見えてくる視点があります。 それが文章力に直結したり、ユーザー視点でみておもしろい記事が書けるきっかけになるかもしれない。

 

最初は記事を書きまくってたくさん投稿してみる。 そしてフィードバックを得たり、反応をみたりして反省点を探しては次の記事作成で役に立てていく。

この流れを意識するだけで、記事を1つ書くたびに学びと改善点が見つかるので常時ドラクエのレベルアップ音が流れ続けている状態です。(笑)

 

ドラゴンクエスト1~6 レベルアップ音

 

数を打ち続けるために意識すること

数を打て! と言っていますが。最初はひたすら怖いですよね。

なぜなら成果に結びつくかわからないからです。

 

暗闇をひたすら歩いている感じです。 怖いですよね、前に進むの。 何かにぶつかるかもしれないし、誰か変な人がいるかもしれない。

 

何もない広いグラウンドで目を閉じた状態で、

「思いっきり走ってください。」
「壁に近づいてきたらストップと伝えるので、それまでは全力で目を閉じたまま走ってください。」

 

あなたがもし、こう言われたとしても現実では怖すぎて走れないですよねw 僕もムリです・・・

リアルに例えるとこのような状態です。

 

成果が出るかもわからない状態でまいにち何時間も作業をして果たして意味があるのか? と考えてしまうこともあるはず。

ここが1つのターニングポイントになります。

 

中途半端にお利口な人ほど、失う時間のリスクだったり、別の手法を探すために労力を使ってしまいがちなので挫折しちゃうことが多いです。 これって本当ネットビジネスあるあるなんですよね(笑)

 

気持ちはわかりますが、トレンドアフィリエイトに成果が出ないというのは、まあありえないというか、

 

それって検索エンジンから集客が不可能ってことになるので、そんなわけないでしょ!っとツッコミを入れたくなるときもあります。

 

僕のブログで紹介しているトレンドアフィリエイトの教科書であるPRIDEをしっかり見て学習すれば、成果につながらないってことはほぼありません。

 

成果につながらないのは数を打っていないか、自己流が混ざっているかの2択です。

話を戻しますが、ひたすら出口の見えない真っ暗闇を抜け出す方法はただ1つ。 それは成果を小さくてもいいから出してしまうこと。 これが暗闇から抜け出してしまうコツです。

 

つまり報酬ですよね。 数百円でもいいから、成果を出しちゃえば良いんです。 100円でもいいですよ、200円でも。

 

稼げることがわかれば、もう疑いもなく自信をもって数を打つことができます。

僕もはじめてアドセンス報酬が生まれた瞬間をいまでも覚えています。 たしか32円でした。 ほんとに嬉しかった(´∀`)

最初はこんなところからスタートですよ。

 

それが数ヶ月すれば1日1000円の報酬発生が当たり前になって、気がつけば1日1万円超えしてるとか、そんな流れです。

 

ガクンと上がることもあれば、凹むこともあり、最終的におおきな視点でみてみると、右肩上がりの成長曲線が描けていたりします。

 

まずは怖くても、数を打ってください。そして僕とおなじように32円の報酬を叩き出して、収益化は本当にできるんだなっていう実感を得てください。

 

確信をもって記事を作っていく。 やがて大きな成果へと結びつく。

例外なく成果を出している人は、まだ結果を出せていない人からみてビックリするほど数をこなしています。

 

僕の友人で、トレンドアフィリエイトをやっている大学生がいます。

その人は、自分の手を動かすと同時に外注もやりながら月に合計で200記事をブログに投稿しています。

 

内訳としては、自分の手で120記事のこりは外注スタッフという感じで毎月必死にやっているのですが、ある一定の時期になると、これまでのアクセス数の5倍くらいまで伸びてしまったのです。(月間アクセス数が5倍に)

季節系のキーワードをほぼ使っていないので、純粋に通年キーワード(1年を通して検索されるキーワード)で月間アクセスが5倍以上に成長したのです。

 

でも、彼のサイトはそれまでは作業量にたいして圧倒的に受け取っている報酬が少なかったです。でも、彼も僕とおなじように始めて手にした数十円の報酬で確信を持って行動したのです。

最初はどれだけ作業してもGoogleから評価されるまではアクセスがまったくこないのが当たり前の現象です。 彼もブログも100記事超えるまでは1日のPVは30〜50くらいでしたので。

 

ここらへんは、検索エンジンの評価システムだったり、ドメインの評価について基礎的なことを知っていれば十分納得できる範囲のことです。

彼は暗闇で必死にもがき、ゴールを目指して成果までたどり着いたのです。 今では、やっていたアルバイトもやめてネットビジネス1本で奮闘しています。

 

その彼いわく、「記事をひたすら書いているときは、僕にだまされているんじゃないか」って2,3回不安になったこともあるみたいで(笑)

 

でも、ある時期にはじめて発生した100円にも満たない金額が報酬が、彼にとっては一筋の光となったみたいです。

 

真っ暗闇のトンネルの中で全力疾走は怖くて堪らないけど、数キロ先でもいいからわずかに光が漏れていたら、そこに向かって走り出せちゃいますよね。

この大学生の彼にも、ハードルを下げてまいにち作業を続けるために効果的な考え方を教えてあげたところ、サボりグセがなくなったり、1日の生産性が確実にあがったと喜んでもらえました。

 

以下の記事では、そういった思考やコツみたいなものを解説しています。 ぜひご覧になってみてください。

 

カフェにMac1台を持ち込んで鬼のように働く。で、1時間以内に退店

まいにち文章を書くことに慣れるための簡単なトレーニング法

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント