トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトで結果を出す人は面倒なことを丁寧にやっている

こんにちは、大関です!

僕はトレンドアフィリエイトで累計で数千万PVを集めたり(ブログ、サイト7個ほど)、
アドセンス報酬を8桁以上獲得してきましたが、その方法はとってもシンプルです。

実は結果を出している人ほど、面倒なことを当たり前のように丁寧にこなしています。

わかりやすくいうならば、99%のトレンドアフィリエイト実践者がやらないことを、
時間と手を使って丁寧にやっているのです。

例えるならば、検索意図を理解するために手と頭をつかってリサーチしたり、
上位表示しているライバルの記事を調べて、
一体どのようなことが書かれているのかをリサーチします。

今から狙っているキーワードですでに上位表示しているサイト、ブログは、
どのような媒体なのか。 どんなことを、誰に向けて書いているのかを見ます。

検索エンジンを使えば、参考になるヒントが山のようにあるのに、
面倒だから記事を書くことばかり優先していると失敗するリスクが増えます。
リサーチは成功のために欠かせない要素です。

今回は、トレンドアフィリエイト実践者のあなたに向けて、
今日から今すぐ改善するべきポイント、やめるべき作業をご紹介します。

PVを安定して稼ぐためには、

・必ずやるべきことを理解する
・ムダな作業をスパッと切り捨てる

この2つが重要です。 それでは始めていきましょう!

トレンドアフィリエイトの正しいやり方は地味です

まず知ってほしいのは、トレンドアフィリエイトは地味です。
サクッとできる楽ちんな工程ばかりじゃないのです。

最初からすべてを楽して稼ぎたいと思っているならば、時給1000円でアルバイトをしていたほうが確実にお金が手に入ります。

でも、目的は目先の収入ではないのですよね。
1年、2年、3年と長期的にみて資産となるブログを構築して、生活を彩るために、
お金を稼ぎ成長していく未来を目的としているはずです。

だからこそ、最初から楽をしたり面倒なことを避けてはいけないのです。

根性論ではなく、トレンドアフィリエイトにおける勝ちパターンを紹介します。

絶対に知っておくべきは、あなたのブログには検索エンジンを通して生きている人間がアクセスしてくるのです。あなたの文章を読み、必要な情報がありそうなら読んでくれる可能性があり、ダメそうならば速攻で離脱されます。 読まれるために最大限の努力を惜しむのは致命傷です。 検索ユーザーの滞在時間と離脱率はGoogleがSEOの判定要素にしています。 つまり、数値が低いならそのサイトのコンテンツは役に立っていない(ふさわしくない)と判断されて、順位を下げられる可能性がとても高い。 これらを踏まえて、本当にやるべきことは楽をすることではなく、必死にユーザーと向かいあって記事を作ることです。

←これ、当たり前のことですが超だいじです。本当にビックリするくらい重要。 
トレンドアフィリエイトで稼いでいる人ほど面倒なリサーチを驚くほど丁寧にやっている。

僕の知人で毎月400万PV集めているウェブメディアを運営している方がいます。

この人は、すべての作業を自分でやっているのですが、
1つのコンテンツにかける熱量と手間が半端なく泥臭いのです。

もうビビるくらい泥臭くて地味ですw
これは結果出て当たり前だよなぁと、自然と納得させられるほどの手間をかけています。

時間をかけろ! ということではなく、それほど基礎は重要だということを知っていただきたいのです。

じゃあ、具体的になにをやっているか紹介します!

誰に向けて記事を書くのか

あなたは自分のブログで記事を書くときに、「誰に書くか」 を理解していますか?

トレンドアフィリエイトをやっている人の多くは、ここが理解できていません。
実際はキーワードをみれば、なんとなくターゲットが見えてくる気がします。

あくまでも、そんな気がする。・・・というレベルw

WEBでなんとなくはNGです。 そこに理由がなければ間違いなく失敗します。

「多分こうだろう」 というのは、あなたの中の基準です。
本当はさらに深く困っている人、知りたがっている人がいることもあります。

もしかすると、そのキーワードでアクセスしてくる人はある程度の知識があり、
あなたの書く内容のレベルでは満足できない可能性もありますよね。

あなたも経験があるはずです。
Googleで調べごとをしたときに、「薄っぺらい内容だなぁ」 と思ったことないですか?

・すでに知っていること
・今の自分に必要じゃないこと
・関係のないこと

このような内容を長々と解説したってその人物には役に立たないわけです。

情報発信者であるあなたが、誰に対して書いているかわかっていない記事が、適切なターゲットに届けられるはずがありません。 Googleも優秀ではありますが、完璧ではありません。 まずは、誰に書くかをあなたが最初に理解して、その人のためだけに書く必要があります。

ネタ探しは手と頭を使って探しまくる

ネタとターゲットを探すときは、妄想や想像じゃダメ。
手を使ってインターネット上で探すのが基本です。

先ほども解説したように、あなたの基準で判断してはいけません。
十人十色です。1つのキーワードでも検索意図(なぜ、検索したのか)は微妙に変化します。

僕はひたすら、Yahoo知恵袋(お悩み投稿サイト)、Twitter(SNS)を使います。
実際にキーワードで検索をして、生の具体例を掘り起こしていくのです。
この工程ではひたすら気になったフレーズ、悩みの内容、欲している解決策をメモします。

Q&Aサイト一覧
Yahoo知恵袋
発言小町
人力検索はてな
教えてgoo

Evernoteにサクッとメモしておけば記事を執筆するときに役立ちます。

情報をメモするときは、当事者が実際に使っている文章やフレーズをそのまま素直にコピペしておくのがおすすめです。

その悩みを持った人物が使う言葉は、同じように悩みを持っている他の人物に対しても響くことが多い。

SNSやお悩み投稿系サイトで具体例が見つかれば、
その人物のためだけに書くイメージで記事を執筆しましょう。
ターゲットを決めているのと、ふわふわしたまま書くのでは内容の濃さが激変します。

ターゲットを絞れば絞るほど読まれる記事になります。
大勢のターゲットを狙うような八方美人の記事は、ビックリするほど読まれません。

理由は、内容が分散(薄まっていく)からです。

ズバリこの人に書いている! というような記事は内容がドンピシャなので惹かれます。

ネットで検索したときに、「自分が知りたいことが全部書いてある!」 というサイトありますよね。
まさに、ドンピシャでターゲットを仮定して書いているからです。

あの人も、この人もという内容だと記事の趣旨がブレまくります。

こちらの記事では、僕が過去におかした大失敗をそのまま書いています。
トレンドアフィリエイトで伸び悩んでいたり、ネタ探しに困っている人は、
今のじぶんに何が足りていないのか、ヒントを得るきっかけになると思います。

僕がトレンドアフィリエイトで失敗した3つの原因!稼げない人の特徴を解説。

自分のためではなくユーザーのために書く

僕も初心者のころは、自分のためだけにトレンドアフィリエイトをやっていました。

結果は惨敗。 500記事を投稿したブログは徐々にアクセスが減っていき、
気がつけば、1日に100PVも集まらないような状態へ。

当時は芸能系ジャンルが大半だったので、記事の寿命は短いのは仕方ありませんが、
500記事のうちヒットしたコンテンツもわずか1割ほど。

この体験から、僕は自分のためにではなく、検索ユーザーのために書くことを決意しました。

「500記事投稿するまで気がつかなかったのか!」
というツッコミが飛んできそうですが、本当に意味のない作業を繰り返していましたw

トレンドブログに訪問してくれるユーザーのために文章を書くことは、
結果として自分にアドセンス報酬という対価をもたらします。

しかし、反対だとダメなんですよねw

自分のために作業をしても、ユーザーのことを置いてけぼりだと意味がない。
第一優先を訪問してくれる読者さんに視点をあわせておけば、上手くいく。

ちょっとした方向性の違いによって、結果はべらぼうに変わります。(恐ろしや・・)

トレンド記事の構成を先に決めておく

僕はトレンドアフィリエイト記事を作るときは、事前に構成を決めておきます。

構成 → 文章の骨組みと流れ

正解はありませんが、僕がおすすめするのは以下の構成です。

トレンド記事の構成
(1)結論
(2)本文
(3)まとめ

超シンプルです。最初に結論をもってくる。(状況やブログの種類によってあえて変えます)
トレンドブログの場合は100%、1番知りたいことを最初に書いちゃいます!

初心者さんほど、「結論は最後に書きたがる」 というパターンがあります。

きっと理由としては、メインディッシュである結論を最初に書いてしまうと、
そのまま記事から離脱されちゃうのでは、と不安になるからですね。

実は僕もおんなじことを過去に考えていました!

でも、これも自分基準になって自滅するパターンなのです。

なぜかというと、ネットで調べごとをするときは「1秒でも早く解決したい!」 と考えるのが普通だからです。 長々と必要のないことを語られても、ほしいのはその情報ではなく、シンプルに結論だけ教えてくれ!って感じるのが人間です。

・長い文章は読むのがめんどい
・わかりやすいところに結論を書いてほしい
・わかりにくい文章はまず読まない
・本当に必要なことだけ知りたい
・別に答えがわかればそれでいい

人間は面倒くさがり屋さんなので、こういったことを考えています。

僕たちも同じですよね。

簡単でシンプルな結論が1番わかりやすい。
だからこそ、ユーザーをイライラさせないためにも記事の最初に結論を言ってしまう。

そのあとに、「なぜ?」 という疑問を文章で段落ごとに解消してあげるのがベスト!

トレンド記事の構成
(1)結論
(2)本文
(3)まとめ

h2 タイトル(結論)
h3 なぜ?(深掘り解説)
h3 なぜ?(更に踏み込む) 
h2 まとめ 

このようなイメージで最初に結論をサクッと提示!

結論だけを見て満足してくれればそれで離脱されてもOK!
ユーザーの要求を満たしていることになる。

(A)このページは不要だと判断されて離脱される
(B)10秒で答えにたどり着けて満足して離脱される

滞在時間は同じでも、SEO的に意味は変わってきます。
1度限りのユーザーが大半だと思いますが、なかにはファンになってくれる人も必ずいます。

「このブログは信頼できるな」 と思われれば、固定ファンになることもある。
定期的にコンテンツを消化しにきてくれたら最高ですよね。

長い目でみると大きな差になるので、情報は惜しまず先出しすることがポイントです!

まとめ

気がつけば5000文字を超えてしまうボリュームになっていました。
少しでもトレンドアフィリエイト実践者であるあなたのお役に立てれば幸いです^^

基礎を1つ1つ丁寧にこなしていけば、予想以上の結果が待っています。

作業工程が増えて、1つの記事が完成するまでの時間は長くなります。
しかし、1つの記事で獲得できるPV数が桁違いに増えるはずです。

30記事書いてヒット1本生み出すよりも、10記事に1本ヒットを出せたほうが
結果は大きくなっていきます。
基礎の徹底×作業量=結果 です。 最初は大変だと思いますが、今だからこそていねいにやっていきましょう!

面倒なことほど大事である
(1)地味なことほど結果になる
(2)目先の利益じゃなく継続的な繁栄を目指す
(3)リサーチにかける労力を惜しむと失敗する
(4)誰に向けて記事を書くのかまず自分が理解するべし
(5)ターゲットを決めたらその人だけに書く
(6)ターゲットを絞ると文章を書きやすくなる
(7)悩みは手を使って探す
(8)自分の基準で答えを決めてはいけない
(9)SNS、お悩み系サイトをフル活用
(10)自分のためじゃなく、ユーザーのために書く
(11)結論は記事の冒頭に書く
(12)わかりやすく、シンプルさを重視する
(13)情報の出し惜しみはやってはいけない
(14)基礎を1つ1つ丁寧にやる

最後までご覧いただき有難うございました!

挫折予防にオススメのコンテンツを紹介します。
アフィリエイトを長く続けるために大切なことをわかりやすくまとめてみました!
アフィリエイトを続ける5つのコツ!継続は成果に結びつく。