【アフィリエイトを続けるには】作業になれることからはじめよう!

アフィリエイト

「アフィリエイト作業を続けられない・・」
「ちょっと頑張ったらすぐにサボってしまう・・」

こういった悩みと戦いながらアフィリエイトをやっている人はめちゃくちゃ多い。

 

僕もかつては同じことに悩みながら、作業をやろうとしない自分にイライラしていました。

脳は「やらなくちゃ」と思っているときはかなり負荷がかかっているので、
結局なにも行動しなかったらよけいに疲れます。

 

やらないほうが疲れてしまうという最悪なループなのです。

だからこそアフィリエイトを続けるには工夫が必要なのです。

 

僕がアフィリエイト歴4年間で身につけた続けるためのコツと考え方を紹介します!

アフィリエイトは続ければ稼げる

結論としては、アフィリエイトは続ければ稼げるようになります。

単純に継続をすれば記事を書くのもうまくなるし、キーワード選定も上達します。
数を積み重ねるということは、ヒットを生み出す精度がたかまるのです。

 

行動もしていないのに稼げるようになることはありませんが、
やはり努力は裏切りません。
正しく積み重ねていけば、記事は資産となりあなたに収益を運びます。

 

僕もアフィリエイト初心者のころは、ひたすら記事を書きまくってました。

 

短期間で500記事書いたらすぐに結果になり、
べつのジャンルに移行したら安定して50万円ほど稼げるようになったのです。

 

当時の500記事なんて相当質が低く、いまではとても読めたものではありませんがw

そのときの挫折エピソードはこちらから→

 

行動を続けていれば文章だって読みやすくなるし、
読者のために文章を書くという感覚がわかってきます。

 

まずは具体的なテクニックうんぬんではなくて、
アフィリエイトを続けることは結果を出すために1番重要であることを知ってください!

作業になれてしまえば苦痛は減る

アフィリエイトはやることがとにかくいっぱいありますよね。

記事を1つ書くにしても、リサーチだったりキーワード選定が必要だったり。

 

キーワードありきで相手が求めている情報を提供しないといけないので、
自分が言いたいことだけを喋り続けるわけにはいきません。

 

僕もアフィリエイトの数ある工程がめんどくさくて何度もサボってきました。

 

具体的にいうと、3ヶ月ほど一切作業をしない時期がありました。
すでに収益を生んでくれるサイトをいくつか所有していたので、
よけいに調子にのってサボりまくっていたのです。

 

結果として、3ヶ月間なにも成長していないので後悔しました。

 

少しでも作業をしておけばよかったと後になって気づくのです。

 

人間は良くも悪くも慣れてしまう生き物です。
サボり続けていればそれが当たり前になるし、毎日作業をしていれば、
それが苦痛ではなくなるのです。

 

不思議なもので筋トレもおなじです。
習慣化してしまえば、2日に1度の辛いトレーニングも「よし、やるぞ」という気持ちになる。

 

これは一種のなれが原因です。

では、アフィリエイトの記事を書く作業になれるためのトレーニングを解説します。

記事を書くことに慣れるトレーニング

アフィリエイトを続けるには、毎日作業に触れることがポイントです。

1番ダメなパターンは、「昨日は頑張ったから今日は休もう」という思考。
休憩をはさむと、もう1度立ち上がるときにエネルギーが必要になります。

 

下手に休憩をはさむと面倒になってしまうので、
メリハリをつけずに毎日アフィリエイトに触れることをおすすめします。

 

僕だって未だに記事を書くことから逃げてしまうと、
作業を再開するのが面倒になります。
これまで5000記事くらいじぶんで書いているのにもかかわらず、
いまだに一定期間離れてしまうと面倒に感じてしまうのです。

 

サボることに慣れてしまうと、三日坊主の原因になります。

 

だからこそ、最初のうちは続けるために「毎日作業に触れる」ことを意識してください。

続けるには簡単なことからやろう

アフィリエイトの作業に毎日触れるとは、どういうことか?

 

僕の場合は、次のうちどれかを選んでやります。
難しいことは後回しでOK。 簡単なことから始めればいいのです!

・100文字だけ文章を書く
・昨日書いた記事を推敲する
・キーワード選定をする
・ヤフー知恵袋で悩みを探す

やる気がなさすぎて辛いときは、
「100文字だけ文章を書いて終わりにする」と決めて、とりあえず作業開始します。

 

僕のブログで何度も紹介している「100文字だけ作業」です。
これは効果があるので試してみてください。
作業興奮という作用が働いて自然と作業できるようになります。

 

くわしくは100文字だけ文章を書いてみない?【ブログ継続のコツ】を参考にしてください。

(60秒くらいでサクッと読める記事です。)

過去の記事を推敲する

僕は「ゼロからリサーチをして新しい記事は書きたくないな〜」という日は、
とりあえず昨日書いた記事の推敲をしようと考えます。

 

新しい記事をゼロの状態から作り上げるパワーはないとしても、
昨日がんばって書いた記事を編集するのは意外とかんたんにできます。

推敲(すいこう)とは、文章を編集してより良い状態に仕上げる作業

 

僕が文章の推敲をやるときに意識していることは5つのみ。

・誤字脱字を修正する
・ムダな言い回しをカット
・削れるところをカット
・漢字をひらがなにして読みやすく
・意味が分かりづらい所を修正

 

基本的に文章をへらすことが目的です。

文章量を増やすのは簡単だけど、削っていくのは意外とむずかしいです。

 

でも削れば削るほどムダがなくなり、わかりやすい文章になります。

SEO的に見ても、わかりやすい文章は強いです。

 

なによりも読者さんがしっかり読んでくれる可能性が高くなるので、
あなたが伝えたいことがより伝わりやすくなります。

 

大切なのは「読まれること」なので、
5つのポイントを意識しながら文章をカットしまくってください!

 

読みやすさを作りあげるのも、ユーザーのためです。
アフィリエイトで価値を提供するには文章はこだわって損することはありません。

 

どの記事から推敲しようか迷ってしまったときは、
昨日書いた記事に手をつけてみてください!

記事を増やす快感をおぼえよう

僕はサイトに記事を追加するのがだいすきです。
伝えたいこと、紹介したいコツなどがたくさんあるのでいくらでも書けます。

 

でも、アフィリエイト初心者さんほど記事を書くのが苦痛です。

なぜならブログネタが無いと感じていたり、
そもそも誰に向けて文章を書けばいいか理解していないことが多いからです。

 

記事をサイトに増やす快感を覚えると、作業が楽しくなります。

アフィリエイトを続けるためのコツとも言えますね!

 

誰に向けて書けばいいかわからないときは、
「1人のためにひたすら記事を追加」することを意識してください。

 

例えば、Yahoo知恵袋で悩みを持っている人の投稿をみたら、
この人のために記事を書いてみればいいのです。
キーワードありきでこの質問者さんへのアンサーをあなたなりに返す。

 

Yahoo知恵袋で質問されているということは、
その悩みには需要があるということです。

 

キーワードの検索ボリュームによって需要の大小は変化しますが、
とりあえず悩みとして存在していることがわかります。

 

僕であればこの悩みを持った人が検索しようなキーワードで記事をかきます。

さらに、関連する悩みや「こういった情報もあわせて提供したほうがいいな」と
感じたら、別の記事であたらしく回答を用意します。

 

結果的に、1つの記事に補足として2〜5個の記事が誕生することもあります。

1記事につきテーマは1つに絞ったほうがいいので、
別記事でわけて作り、内部リンクで誘導してあげると読者さんの役に立てます。

 

このような感じで読者さんのために役に立つサイトを構築するために、
作業を進めていけば自然と記事数は増えます。
記事数が増える喜びと達成感で、アフィリエイトを続けることができます。

 

「自分の報酬ためにアフィリエイトを続けなくては・・・」と考えるのは辛いし、挫折しやすい。

しかし、読者さんのためにサイトを作って価値を提供しようと考えると、
記事更新も楽しくなり、継続するのが苦ではなくなります。

 

少しづつアフィリエイトに慣れてくると、
「続けなくては」と意識せずとも毎日文章が書けるようになっているはずです。

 

僕も最初は1日1000文字書くのは超絶たいへんだったけど、
今では1日1万文字は余裕レベルです。
(ちなみに今日は2万文字ほどかきました^^)

アフィリエイト報酬が発生したときをイメージする

アフィリエイトは価値を提供すれば対価として報酬をうけとることができます。

 

報酬が発生した瞬間は、「やった!」という気持ちになり、
さらに精進しようという状態になります。

 

ずっと報酬がないまま作業するのはきついけど、
間違ったやり方をしなければ3ヶ月〜6ヶ月以内に成果は出せます。

 

僕が推奨しているトレンドアフィリエイトは、
2〜3ヶ月で初報酬の壁をかんたんにクリアできるはずです。

 

読者さんのために記事を書いて、対価として報酬をもらう。
ここまで一連の流れとしてイメージできれば、文章を書くことも、
リサーチをしてキーワードを探すことも苦ではなくなります。

 

アフィリエイトはタダ働きではないので、必ず対価をもらうことができます。

 

記事を書くのも、キーワード選定をするのも、推敲するのも
すべて報酬につながっています。
読者であるユーザーに役に立つことができれば勝ちなのです。

 

臨場感をもってアフィリエイト作業に取り組めば、
続けられないということはなくなります。

 

僕がアフィリエイトを始めたばかりのころは、
芸能ジャンルの記事をつくりまくって力技で結果を出しました。
でも、すぐに稼げなくなり挫折を体験します。

 

そのあとにトレンドアフィリエイトに出会い、
また短期間でアフィリエイト収入を安定させたのですが、
そのときにひたすら「継続すること」だけを意識していました。

 

ゼロの状態では、どれだけ質にこだわっても
数をこなしていないと結果に結びつかないと感じたからです。

 

当時のエピソードをまとめた記事があるので興味があるかたは、
ぜひお読みいただければと思います。
「アフィリエイト継続のコツ」をあわせて解説しています。

 

 

頭がどれだけいい人よりも、仕事が素早い人のほうが
アフィリエイトで結果を出すことができます。

この記事で解説した続けるためのコツを取り入れて、
サクサクと作業をしてください!

そして、報酬を稼ぎお互いに前進していきましょう\(^o^)/

まとめ

アフィリエイトを続けるためには、ちょっとした工夫があれば
案外さくっと継続できちゃうものです。
でも、慣れるまでが大変なのでみんな挫折していきます。

 

この記事を読んでくださっているということは、
「アフィリエイトで結果を出すために貪欲」な方だと思います。

あなたはそれだけで、
その他大勢のアフィリエイターより10歩くらい前を進んでいます。

9割の人は「作業しなくては・・・」と葛藤するヒマもなく、
勝手にあきらめて消えていくので、
継続するためのコツを探している時点でかなり成功に近いです。

 

稼いでいる人と初心者の差というのは、
ありえないほどの大きな壁があるわけではなく、作業量と継続で
いくらでも追いつけます。

 

アフィリエイトに「もう遅い」という概念はありません。
僕が4年前に参入したときすでに、「アフィリエイトはオワコン」と言われていました。
当時はビビっていただけど、そんなの都市伝説だってことに気がつくまで
さほど時間はかかりませんでした。

そして2018年の今でも自信をもって断言できます。

 

まずは続けることを意識してアフィリエイト作業に取り掛かりましょう!

それでは最後にポイントだけをまとめておわりにします^^
最後までご丁寧にお読みくださりありがとうございます!

アフィリは続ければ誰でも稼げるビジネスである
作業に慣れることで脳への負担が減る
慣れるために「毎日作業に触れる」
・かんたんなことをやる
→過去の記事を修正してみる
→100文字だけ文章を書いてみる
→記事を増やす楽しみを覚える
報酬発生をイメージして作業する
稼ぐ人と初心者の違いは、作業量と継続にある
2018年でも余裕で稼げるし遅くない

コメント

  1. […] ・挫折しないために読んでほしい記事 【アフィリエイトを続けるには】作業になれることからはじめよう! アフィリエイトが辛くなったときに読むと効果的 【アフィリエイトは無理ゲ […]

  2. […] は【アフィリエイトを続けるには】作業になれることからはじめよう!を参考にしてください。 […]