文章術

自信を持ってブログを書けなくても大丈夫です!【理由を解説】

「自信をもってブログを書けない・・」

こういった悩みはブログ運営をしているとかならず経験します。

ブログを書けないことに焦ってしまい、よけいに空回りしちゃうことありますよね。 僕も何度も記事を書けない自分をせめたことがあります・・・。

結論としては、自信など無くてもオッケーです。 むしろ、過度な自信があるほうがキケンなのです。

プライドが高すぎて自信満々なひとほど、自分よがりな記事を書いてしまいがちです。 むしろ、自信がなくてビビリながら記事更新をしている人のほうが圧倒的に伸びしろがあります。

その理由について根拠を解説します!

【結論】自信を持ってブログを書く必要はない

いきなり結論なのですが、ブログ更新をするときに、「自信、確信、完璧さ、すごい情報、圧倒的な文章」こういったものは一切不要です。

 

自信をもって書く必要もなければ、完璧な文章を目指して時間をかける必要もありません。

 

ブログを書けないときは焦ってしまうと思いますが、もっとリラックスして書くべきです! なぜなら、最初のうちは誰も自分に興味を持っていないからです。

 

ブログを開設したばかりなのに、不特定多数の人間に閲覧されることはありません。 これは事実です。

 

どれだけ人に見てもらいたくても、最初のうちはアクセスもこないし、ファンもついていないため、好きなように書けばいいのです。

 

最初のうちは、「誰も自分の発信なんて興味を持っていない」と割り切って考えるべきです^^

 

そうすると心がふっと軽くなって、気軽に記事を更新できるようになります。 完璧主義になってしまうと1つのブログ記事を完成させるまでに何日もかけてしまうはず。

 

それじゃあ成長も遅いし、なかなかアクセスも集まりません。

 

ブログで稼いだり、仲間を増やしたいという目的があるならば、最初のうちはひたすら気軽にアウトプットを優先しましょう。

 

自分に自信や確信なんてなくてあたりまえです。 僕もいまだに確信なんて持てない状態で行動しています。 確信が持てないからこそ行動することで差別化になります。

 

大半の人はビビりながら行動を自ら制限しちゃうので、そこで割り切って動けるひとは強いです!

自信はいらない。誰も見ていないと割り切ってブログを書こう

ブログ初心者が絶対に意識するべきこと

僕はブログを始めたばかりのひとに必ずしているアドバイスがあります。

これを意識しているかで、成長の度合いと得られる結果がケタ違いに差がでるからです。

 

それは、経験がないスタート段階はすべてが成長のためだと割り切ってアウトプットすることです。 すべてがチャレンジだと考えて手を付ければいいのです!

最初からカッコつけたりする必要はありません。 文章にこだわったり、自分の実力以上にすごい内容を書いてやろうとか考えなくてもいいです。

 

そういったことに意識が向いていると、行動しても反応が得られないまま時間を浪費します。

 

重要なのは、1記事書くごとにレベルアップをしていくイメージを持つこと。 あたらしい記事を書けばレベルが上がり、次は反省を踏まえてさらに良くしていこうと考えるだけでオッケーです。

 

実際は変化を感じるまではすこし時間がかかります。 でも、毎回意識しているだけで成長速度はめちゃくちゃ上がります。

 

かっこつけない
虚勢をはらない
完璧主義は捨てる実力を誇示しようとしない

 

こういった思考は一切無視しましょう。 僕も4年前に情報発信をはじめたときは、実力以上に見せようとして空回りしていました。 すごい文章を書いてやろうとか、できもしないことにこだわって自滅してました。

 

毎回の作業をチャレンジだと捉えてブログを書いてみましょう。 「ブログを書けない」という悩みは、上記のような余計な力が入っていることが原因になっているはずです。

 

実力以上を表現しなくてもオッケーです。 最初は誰も見ていないので批判や他人の目は気にしなくてもだいじょうぶ。 完璧さを捨てれば気持ちが楽になるので、とりあえずブログを書こうという気持ちになれます。

 

「ブログを毎日更新したい!」と考えているならば、完璧主義を捨てることで継続が可能になります。

 

僕は4年間ほぼ毎日文章を書いているのですが、継続するのにほとんど努力という努力はしていません。 根性論を抜きにした方法で毎日作業をしています。

詳しくはブログを毎日更新するメリットは3つある。【完璧主義を捨てよ】で説明しているので興味があればサクッと読んでみてください!

雑念をふりはらって、余計な力をぬけばやるべきことに注力できる。ブログ初心者の段階はかっこをつけず、1記事ごとにレベルアップする前提で取り組んでみよう!

ブログを始めた直後はみんなビビっている

正直なところ、僕は人よりもビビっていたし、実力以上を誇示しようと虚勢を張っていた時期があります。

 

それなりに稼いでいたため、天狗にもなっていたので余計に完璧主義に陥っていました。 結果としては空回りです。

 

収入は伸び悩み、現状維持している状況に苦しんでいた時期があります。

 

当時はビビることはダサくて恥ずかしいと思っていたのですが、むしろビビリはメリットだらけということに気がついたのです。

 

ビビリだからこそ、慎重になって負けないために方法を考えることができます。 さらには、ビビっているからこそ冷静になれる自分がいます。

 

ビビリというのはメリットが多いのですが、唯一の弱点として「行動ができなくなる」というマイナス要素があります。 でも、ここをサクッと克服しちゃえば最強なんですよね(笑)

 

謙虚にビビりながら行動できるひとって最強だと思いませんか?^^

 

調子にのって自意識過剰に行動しているひとよりも結果につながりそうですよね。 実際に圧倒的な実績をほこっているひとほど、正しい意味で謙虚です。

 

僕も月収600万のアフィリエイターや地域で何店舗も美容室経営者さんと関わったりするのですが、圧倒的に謙虚です。

 

本人たちも根は臆病だと言っていました。 でも、行動しているから結果がものすごいことになっています。 ブログを書けないあなたも、あとは行動をしちゃえばあなたの勝ちです。

 

僕も行動をできるひとが何よりも強いと思っています。 (大半のひとは行動する恐怖におびえて何もしないので)

 

ビビリは悪いことではなく、むしろ味方になります。 あとはいかに行動につなげていくかがポイントになる。

 

行動するためには、この記事で解説をした、「自信なんていらない、確信は不要、かっこつけない、完璧主義を捨てる」こういったことを意識しておけば、行動のスピードは格段に加速します。

 

では、最後にブログを書けないあなただからこそ、今日から実践できる秘訣を1つご紹介します。

 

それは・・・1人の読者だけにブログを書くという方法です。 文章術の基礎中の基礎であり、常に忘れてはいけない秘訣です。 これを最初のうちに徹底して身につけておけば、記事数を重ねるごとにファンは自然と増えていきます。

【秘訣】ブログ記事は1人のために書く

ブログを書けない人ほど、不特定多数に向けて文章を書こうとしています。

 

人間というのは、目にはみえないモヤモヤした状況を不快に感じます。 あなたがブログを書けない原因は、不特定多数にむけて書こうとしているからなのかもしれません。

 

顔もみえない、性別すらもわからない。どこで誰が見ているか想像もつかないから不安になって行動できないのです。

 

記事を書くときは、1人の読者(ターゲット)にむけて伝えればいいのです。 まずはあなたが読者を想定するのです。 読者が読むブログを決めるのではなく、ブログ運営者であるあなたが読者をコントロールするのです。

 

コントロールというとネガティブなイメージがあるかもしれません。

 

しかし、ここでの意味としては「情報を求めている人に正しく届ける」ためにやるのです。

 

あなたがせっかく記事を更新しているのに、その情報をもとめている読者のもとに届かないなんて悲しいですよね。 あなたにも良いことは1つもない。読者にとっても機会損失です。

 

両者ともに得をしない最悪の形になります。

 

ブログに記事はたくさん揃っているのに、必要なひとに届かないのは悔しいし、悲しいですよね。

 

家族のためにごはんを作ったのに食べてもらえなかったときのような、何とも言えない悲しさがあります。 それくらいに、あなたは記事に情熱をこめて書いているはずなので、ちゃんと届けるべきです。

読者はどうやって決めるべきか?

読者を決定することで、ブログをサクサク書けるようになります。

 

読者の想定は、記事を書く前に決めておく必要があります。 ブログというのはキーワードありきで書くものなので、キーワードをもとにどういった人が検索をするのか考えればいいのです。

 

「ブログ 書けない」 こういったキーワードがあるとすれば、読者はブログが書けなくて困っている人とザックリ想定することができます。

 

間違っても、ブログをやっていない人が検索するキーワードではないですよね。

 

現在進行系で悩んでいる読者だけにブログを書けばいいのです。 それら以外の人物はスルーしてください。

 

「まだブログをやっていない人」「これからブログをやろうとしている人」←こういった人物は読まないと決めて、現在進行系で悩んでいる1人のために書いてあげましょう。

 

ネット上では同じ悩みを抱えている人物はいくらでもいます。 この先も一定数は出てきます。

 

だからこそ、1人のためにブログを書くということは、今後の数千人、数万人に届くようになるのです。 「ブログを書けなくて困っている人」というのは、今後も星の数ほど増えていきますよね?

 

あなたも今悩んでいるように、僕も過去に同じように苦しんできた1人です。

 

僕もあなたと同じ悩みを抱えていたわけです。

 

ピンポイントで読者を想定してブログを書けば、その記事はずっと役にたちます。 来年も5年後もずっと変わりなく価値をあたえる資産になるのです。

 

こうやって考えると、読者を絞らずにブログを書くのはもったいないですよね。

 

読者を決めておかないと、記事の趣旨がぶれてモヤモヤした内容になります・・・。 あなたなら、そんな記事を最後まで読みたいとおもいますか?

・・・思わないですよね^^; 僕もすぐに離脱すると思いますw

 

そのうち、「自分はこんなことに悩んでいたのか」と思えちゃうくらいに記事更新がへっちゃらになる時期がきます。(必ず!)

 

ブログ記事をすんなり書くための具体的な方法論をまとめました。
ブログを書けない理由は【アイデアの発酵不足】です!

自信を持ってブログを書けなくても大丈夫です!【まとめ】

 

最初から完璧で有益なブログをつくることなんて不可能です。 僕は4年間ずっとネットでお金を稼いできましたが、1度も完璧な記事を書いたことがありません。

完璧なんて存在しないからです(笑)

 

1年前に最高に良いセールスレターが書けたとワクワクしていたのに、久しぶりに読み返すとレベルの低さにほっこりしちゃうこともあります(笑)

 

凄いことを言おうとか、レベルの高い内容を書かなくてもいけないと考えているかぎりずっと辛いとおもいます。

 

それを最初に知っておけば、これからブログを書けないと感じたとしても乗り越えていけますよね! その際には、今回の記事を2回3回と読み返していただけると嬉しいです。

 

僕もいまだに1記事書くたびにレベルアップする前提でアウトプットしています。

 

完璧主義を捨てて、かっこつけずにチャレンジしています。 これを意識しているだけで、驚くほど作業量とスピードが上がるので成長が早くなります^^

 

ブログ記事の基本である「読者を決める」ということも未だにしっかり守っています。 読者さんを決めるからこそ、すべての人を満足させる必要がないからリラックスしてブログを書いています。

 

ストレスを感じて、行動のスピードが下がってしまうとデメリットしかないですよね〜。

 

自信なんてそのうち勝手についてくるので、最初はなくて当然です それを踏まえたうえで、この記事で解説をした秘訣を実践してくださいね!

 

それでは今回は以上になります。
最後までお読みくださりありがとうございました!