ツール

【正直に書く】AirPodsは音漏れするのか確かめてみた

僕は毎日、AirPodsを利用しています。

使用歴でいうと、1年とちょっとくらいです。 これまでにiPhoneの純正イヤホン(コードあり)を使っていたのですが、グチャグチャに絡まってしまうのがイヤでAirPodsに切り替えました。

最初はちょっぴり高いし、そこまで必要性を感じていなかったので手を出さなかったのです。 でも、使ってみて本当に優れたイヤホンだったのでそれ以来は、ずっと使っています。

コードレスイヤホンはさまざまな種類があるけど、僕は純粋にApple製品が好きなのでAirPods一択でした。

今回は、AirPods音漏れをするのか?という気になる点をチェックしてみた結果を正直に書いていきます。

AirPodsはちょっと音漏れしている

結論からいってしまうと、大きめの音楽や音声をならすと音漏れします。 AirPodsはカナル型イヤホンではないため、音が漏れやすい形状です。

カナル型イヤホンとは、耳にぴったり装着するタイプのものです。

AirPodsは音漏れをするといいましたが、ボリュームを真ん中以上で聞いたときに、隣にいて耳をこらすとかすかに聞こえる程度です。

僕は友人にAirPodsをはめてもらい確かめてみたのですが、どのような音楽を聞いているのかまではわかりませんでした。 最近では、AmazonのAudibleで本を聞くという習慣が根付きはじめています。

電車のなかでAirPodsで本を聞いていたとしても、隣の座席にいる人には聞こえないとおもいます。

感覚としては、「なんか聞こえるかな?」というレベル。 音漏れに関しては、完全にふせぐことは不可能なので気にならない人は購入しても損はないかとおもいます。

音漏れを100%防ぎたい場合には、カナル型のイヤホンを選んだほうが安全です。

僕としては、音漏れなんて最初から気にしていないので大満足です。 音声学習を快適にするために購入したアイテムなので、コードレスなだけで十分にメリットを感じています。

自宅にいるときも音声を聞きながらトイレに移動できるので便利です。 コードがあると立ち上がるときに耳からイヤホンが外れたり、iPhoneといっしょに移動するはめになります。

実際にAirPodsでコードレスを体験してみると、これまでの不便さを痛感しました。

肩こりとか、変な姿勢で音声を聞かなくて済むようになったのが最高です。 どうしてもコードがあると、はずれないように意識しちゃうのでやっぱりジャマです・・。

AirPodsは音漏れは電車で聞こえる?

友達と電車のなかでAirPodsの音漏れを検証してみました。

結果としては、電車はいろいろ雑音が多いのでほとんどわからなかったです。 音漏れという音漏れは認識できませんでした。

電車のなかはノイズが多いので、音楽を問題なく楽しむためにはボリュームを中よりもちょっと高めに設定する必要がありました。 そのボリュームでチェックしたのですが、ほぼ聞こえなかったです。

(AirPodsのボリュームを最大にして使用することは現実的じゃないので、チェックはしていません)

静かな図書館であれば、至近距離いにれば多少の音漏れをかんじるかもしれません。 しかし、電車のなかでは一切気になりませんでした。

僕としても1番怖いのが、AirPodsからの音声が隣のひとにだだ漏れになることです(笑) 別に内容を聞かれてもいいけど、イヤホンをしているのにまる聞こえだと、なんか恥ずかしいですよね・・。

AirPodsを買ったばかりの頃は、Bluetoothを接続していないまま音楽を入れちゃってしばらく気が付かないことがありました。 駅にむかう途中だったので、問題はないけど電車のなかだと恥ずかしいですよね。

きっと白目で見られちゃうはず。

AirPodsの音漏れを防ぐアイテムはあるけどダサい

AirPodsの音漏れカバーはあるっちゃあるのですが、ダサいのでおすすめしません。

AirPods本体にカバー的なものをかぶせるのですが、見た目はちょっとゴツくなってデザイン性が失われるのでダサい印象です。

そこまで音漏れを完全にシャットアウトしたい場合は、AirPodsを買わないという選択をしたほうが良さそうです。 僕はカナル型は長時間つけていると、耳周辺の筋肉が疲れてしまうのでAirPodsのようなインナーイヤー型が好みです。

AirPodsは耳から落ちるのか

正直に言ってしまえば、落ちます。  つけかたにちょっとコツがいるんですよね。 普通に耳に装着するだけでは、不安が残るかもしれません。

歩く程度では落ちないし、ランニングをしても大丈夫なレベルですが、まれに落ちる。

僕も歩いているときに耳からAirPodsが落っこちたことが1年間で5回くらいあります。 一瞬焦るけど、すぐに拾って耳につけているので今のところ不満はありません。

たまに道端の穴があるところで落としたらこわいな〜って思いますw

僕はランニングをするときも使用しているのですが、詳しいレビューは【レビュー】AirPodsはランニング程度じゃ耳から落ちない。をご覧ください。

いわいる、耳うどん状態は落ちやすいです。  実はAirPodsの落ちにくい付け方があります。 コツとしては、耳にいれたAirPodsをクイッと前に傾けるのです。

これを意識するだけで外れて落ちるというトラブルをかなり防げます。 さらに、耳からうどん感を和らげることができて、スタイリッシュになりますw

はじめてAirPodsを装着すると、このヒカキンさんのような付け方になりがちです。(僕も初見はこんな感じでした) めちゃくちゃ、耳うどん感が強めですよね。

このような状態は、付けかたとしてはかなり安定性に欠ける状態です。 走り出せば多分落ちます。

イメージとしては、AppleのCMのモデルさんみたいな付け方がおすすめです。 このクイッとAirPodsをひねるような感じです。

この付け方をするだけで、落ちないです。 角度的に音漏れもしにくくなるはず(たぶん)

以上が、1年ちょい僕がAirPodsを使ってみた感想でした。 音漏れはほぼ気にしなくても良いレベルです。 あとは、無くさないように大切に使えば、AirPodsの便利さを十二分に堪能できるとおもいます。

毎日イヤホンを使うのであれば、ちょっと投資をして快適性を手にするべきです。

僕はAirPodsを購入してから、ほんとにストレスが減りました。 以下の記事でくわしく解説しています。

AirPodsを使うとストレスがまじでゼロになる。捗りまくる。