アフィリエイト

アフィリエイト記事はどういった内容を書けばいいの?【実例あり】

「アフィリエイトの記事は何を書けばいいのか?」

はじめてアフィリエイトは、右も左もわからなずに迷っちゃうことがありますよね。  でも、記事の書き方を理解しないまま作業をしても稼げません。

 

この記事では、どういったことを意識して書くべきかを徹底的にお伝えします。

 

結論からいってしまうと、記事で書くべき内容は【読者が求めている答え・情報】です。

自分が言いたいこと、知っていることだけを文章にしても意味がないのです。(理由はこれから解説します) じぶんで気持ちよく記事を書いても、読まれなかったら意味がないですよね。

 

文章力よりも重要で、基礎的な話になります! お手本となる記事もあわせて紹介するので参考にしてください。

記事の内容は読者が求めている答えを書こう

アフィリエイトで稼げるひとは、自分のサイトにどういった読者がくるのかを理解しています。

 

わかりやすくいえば、読者のツボを知っているのです。 ツボを理解しているから、求めている情報をそのまま提供することができる。 結果として喜ばれて信頼されるのです。

 

記事の内容で1番重要なのが、【読者が求めている答え・情報】をしっかりと書くことです。

 

この記事であれば、あなたに「アフィリエイトの記事で書くべき内容」を理解してもらうために書いています。  もしもこの記事で関連性のない商品を紹介していたらガッカリですよね。

0.2秒でプラウザバックするはずです。

 

チョコレートが嫌いなひとに、高級なチョコをプレゼントしても喜ばれません。 これと同じように、良かれとおもって記事を書いても読者が求めていなければ意味がないのです。

 

思い込みで文章を書いても、100%スペッちゃうので注意しなくてはいけません。

 

恐ろしいことに、記事というのはリアルタイムのコミュニケーションではないので、すべっていることに気が付かないケースもあります。。

 

記事は読者のために書くもの。提供するべき内容は読者が求めている答え・情報です。

1記事1メッセージを守って文章を書く

アフィリエイト記事の内容は、読者が求めている答えや情報を書きます。

 

しかし、ここで1つ注意することがあります。 それは・・情報を詰め込みすぎて読者を混乱させることです。

 

街を歩いていて、お店の外観はカフェだったのに、中へはいってみるとラーメンが販売されていたらビックリしますよね。 入店した瞬間に情報量が多すぎて「うわ、めんど」ってなります。

 

さらに、コーヒーが100種類くらいあって選べるようになっていたら、どれを注文していいかわからなくなります。

 

こういった極端な例でいうと、情報量が多すぎると混乱するというのがわかります。 しかし、アフィリエイト記事になると筆者であるあなたが気が付かないことがあるのです。

 

なぜなら、自分では伝えたいことを理解しながら書いているからです。 「こういった伝え方でも大丈夫だろ」と思い込んでしまい、伝わらなくなるのです。

 

人は情報量が多いと混乱します。 求めている答えが記事に書いてあったとしても、どこにあるかわからなければ読まないという選択をします。

 

スーパーは大量の食材が揃っているけど、飲み物を買うくらいであればコンビニのほうが便利ですよね。 不要な情報がゴチャゴチャしているよりも、シンプルに必要な物が置いてあればいいのです。

 

ごちゃごちゃした記事を読者は最後まで読んではくれません。 人間はモヤモヤした状態にストレスをかんじます。読まない選択をすればストレスはなくなるため、読者はそのままサイトから離脱していきます。

 

アフィリエイト記事の内容はかならず1記事1メッセージを守って書きましょう。

 

1記事1メッセージというのは、わかりやすくいうと「1番重要なことのみ伝える」ことです。

 

アフィリエイトサイトでレビュー記事を書くならば、10個の商品をすべて均等にオススメすれば間違いなく読者は迷います。 「どれがいいんだ?」と混乱しちゃうのです。

 

こういった場合は、1番重要な商品のみピックアップすればオッケーです。 「なぜ、この商品を推すのか」を記事内容にしていけば読者は納得します。 その他の9個の商品は比較するために、登場させればいいですね。

1記事1メッセージはアフィリエイトの鉄則です。

雑誌は1記事1メッセージである

雑誌こそ、1記事1メッセージを極めているメディアです。 テーマがごちゃごちゃした雑誌ってありませんよね。 必ずなにかに特化しているはずです。

 

【ViVi】20代の女性向けファッション誌
【ダ・ヴィンチ】本とコミックの情報マガジン
【週刊東洋経済】はビジネスマン向けの経済誌
【コロコロコミック】小学男児向けのマンガ雑誌
【ターザン】体つくりに特化した健康雑誌

 

こういった感じで、どういった雑誌でもジャンルが固定されています。 記事の内容を1メッセージに絞ることで、読者も反応しやすくなります。

 

仮に、上記の5つの雑誌が1つにまとまっていたら読者は増えるどころか激減します。 なぜなら、情報量が多すぎて混乱しちゃうからです。

 

おなじように、アフィリエイト記事でも5つの関連性のないテーマやメッセージを混ぜ合わせちゃダメですよ! 5つのメッセージがあるならば、少なくとも5つの記事に内容をわけてください。

 

あなたも、ネット検索をしていたらおもっていたのと違うページが表示された経験はありませんか?

 

記事のタイトルもそれっぽかったのに、読み進めていくとぜんぜん関係のないテーマになったいたり。 探している情報にたどり着けないまま、商品をセールスしてしまったりと。

【実例】1記事1メッセージを守って書いた文章

 

それでは1記事1メッセージを意識している実例を紹介します。

昨日書いた記事もしっかりルールを守っています。以下の記事をごらんください。

 

【解決】アフィリエイトの作業が進まないときにやるべきこと

 

この記事は、「アフィリエイトの作業が進まなくて困っている人」をターゲットにしています。 悩みとしては、作業を進めるためのコツや打開策を探しているので、僕なりの解決策を提示してみました。

 

まちがっても、すでに作業することになれてしまった人は対象外にしています。

 

雑誌のようにターゲットをしっかり決めて、1つのメッセージを伝えています。 「あの人も、この人も」と欲張ってしまう記事は誰にも読まれないという悲しい状態になります(笑)

 

検索エンジンが記事を正しく評価できなくなる原因にもなります。  なによりも、そんな記事を読んだ読者が1番こまってしまうので注意しなくてはいけませんね。

 

ちなみにこの記事も1つのメッセージを伝えています。

仕事のサボり癖を治すためにやった3つのこと【後悔したくない人向け】

 

読んでもらうとわかりますが、メッセージは、「サボり癖を治すなら、ハードルを下げて取り組みましょう」と言っているだけですw

 

取り組むのに根性はいらないよ〜、ハードルを下げて取り組んでみようよ。って記事です。 もちろん、ターゲットとなる読者さんは「仕事のサボり癖を改善したい人」です。 サボりとは無縁の人は読んでも超絶つまらない記事なはず。

 

僕もかつては、サボり魔だったので当事者の気持ちが痛いほどわかります。 サボってしまう自分にイラツイてしまったり、ユウウツになることもあるんです。

 

そういった気持ちがわかって、それを乗り越えた経験をもとに書いた記事です。 読者が求めていること、悩んでいる問題をしっかりわかっているため、昔の自分に書くイメージでつくりました。

 

こういった実例を何度も読み返してもらって、アフィリエイト記事を実際につくってください!

最初は読者のために記事を書くのが苦痛だった

僕はかつて、お金を稼ぐためだけに記事を書いていた時期があります。

 

トレンドアフィリエイトを始めたばかりの頃、3ヶ月ほどで500記事書いた経験があります。 そのときは100%自分のために作業をしていました。

 

そのときの話はトレンドアフィリエイトで500記事作ったけどすぐに稼げなくなった理由を参考にしてください。

 

読者のために有益な情報なんてほぼ書いていません。 検索エンジンに評価されるために、それっぽく文章を書いているだけ。 誤字脱字を修正することもなく、1日に12時間くらい作業をしていました。

 

結果として、短期間で中古車を買えるくらいの報酬を稼ぐことができました。 しかし、その後サイトがペナルティをくらってオワコンになりました。

 

これを機に、僕は正しくアフィリエイトを実践する流れになり、はじめて人に価値に提供する喜びを理解することになります。 読者のために価値を提供する感覚を身に着けてから、当時とは比べられないほど利益が出るようになりました。

 

アフィリエイト記事を読者のために書くというのは、最初は面倒だと感じるかもしれません。

 

最初はみんなそういった状態です。 でも、そのままだと必ずどこかで行き詰まってしまうからこそ、早い段階で読者のために記事をかくフェーズに移行するべきなのです。

 

絶対にそっちのほうが楽しいし、稼げます。

 

僕はじぶんの利益のために500記事作っていたときよりも、現在のほうが圧倒的に幸福度と収入が高いです。 感謝されながら対価を得られるのです。

 

はじめの一歩として、アフィリエイト記事で【読者が求めている答え・情報】を全力で書いてみるべきなのです。

 

記事というのは、1度つくってしまえばずっと価値を生み出すツールになります。 ITの保存により、4年前に書いた記事だとしてもアクセスが集まり、読んでくださった方の役に立てる。 これって素晴らしいことじゃないですか?

 

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、ひたすら記事の内容を意識しながら書いてみるといいですよ! なれてしまえば、記事は読者の役に立つ内容になっていきます。

 

数を重ねていけば、自分が言いたいことだけを書くという感覚がなくなります。

 

気張らずに、リラックスした状態で執筆作業に取りかかってください^^ それでは本日は以上になります。 最後までお読みいただき有難うございました。