おすすめコンテンツ

【後回しにしない方法】すぐやるための5つのコツを紹介します

僕は起業をしてから4年目になります。 じぶんで仕事をしてお金を稼ぐというのは自由気ままにやれるのがメリットですが、行動できないと自分の首をしめることになります。

後回しにする癖があると、仕事は遅くなり利益も減っていきます。

時間をかければかけるほど成長もスピード感もなくなるので良いことってほとんどありません。 むしろデメリットだらけなのです。

僕は行動できず後回しにするクセがあったので、いろいろと失敗を重ねて今に至ります(笑)

そういった過程のなかで、本や起業をしている先輩経営者から学んだ「後回しにしない方法」を5つのコツにわけて解説します!

すべて実践済みで効果がある方法ばかりです。

今日から真似できるかんたんな方法なのですぐにとりいれていただければと思います。

後回しにしてしまう理由とは?

まず最初に、人が後回しにしてしまう理由を短めに解説します。 後回しにするのは根性がないからではなく、人間であれば誰でもそういった状態になってしまうのです。

なぜなら、後回しという行為は「脳が省エネルギーで活動しようとしているサイン」だからです。

人間の脳は変化を嫌う。というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。 これは、数万年前にひとが狩猟をして生きていた頃から受け継がれているものです。

自分よりも大きな動物を狩猟して生活をしていた時代は、なるべく変化とキケンを避けて生きる必要がありました。 その理由は、死なないためです。

後回しや先延ばしにする原因は、人間に備わっている性質なのです。 決して僕たちがナマケモノだからではないのです^^

変化を嫌い、現状維持を良しとする脳が行動をジャマしていると考えることができます。 前置きはこのくらいにしておき、さっそく後回しにしない方法を解説していきますね!

環境を整えて後回しを防ぐ

僕は仕事がある日は、朝起きてから重要なことを1つ1つ片付けていきます。

文章を書く仕事があれば、朝起きてから早速とりかかります。 後回しをしまくっていた時期は、重要な仕事をなるべく最後までとっておこうと考えていました。 面倒だから、後へ後へと先延ばしにするのです(笑)

その結果として、夜になっても仕事が終わらず翌日に持ち越してしまうはめに・・。

そういった日は自己嫌悪にもなるし、より仕事の意欲が失せていきます。 今日できなかったのに、明日の自分に期待をしてさらに負荷をかけているようなものです。 そりゃ空回りするわって状況でした。

後回し対策として、(デカ文字)環境を整えることは非常に強力です。

イメージとしては、やるべきことに集中するために余計な要素を排除していきます。 環境というのは、お部屋の掃除だけでなく、PCをつかう仕事であればブックマークを削除したり、集中力を乱すサイトなどをシャットダウンしましょう。

僕はPCで文章を書いたり、動画を撮影することが多いです。

仕事でつかうパソコンの環境をなるべく整えるように意識しています。 例えばこういった形で工夫をしています。

ブックマークを最適化する
仕事で使うツール以外はいれない
作業効率化ツールをフル活用する
オフラインでも文章が書ける状態にしておく
デスクトップは常に整理しておく
PCを開いたらすぐコンテンツ制作できる準備をする

意識していることは、集中力を取られない環境を目指しています。 僕は暇さえあれば2chまとめサイトをみたり、YouTubeでゲーム実況を見てしまうク癖がありました。

そういったものに時間を使っているときは楽だし気持ちがいいので、絶賛後回し中になってしまうのです。

ある程度サボってから後悔するパターンを繰り返していましたw

後回しにしない方法として、「部屋」「仕事環境」を整理整頓してください。 僕は部屋も意識をして片付けています。

まいにち掃除をかける
床にモノを置かない
服はすぐにしまう
紙はなるべく使わない
テーブルの上にモノを置かない

ピッカピカに片付ける必要はありません。 イメージとしてはプラマイゼロに戻す感じです。 床にモノが落ちていたら、落ちていない状態に戻すだけ。

完璧に掃除をしようとすると、それすら後回しにしてしまう可能性があります。 (僕は実際にそうでしたw)

後回しにしない対策として環境を整えるは効果絶大です。 真似してみてください!

完璧主義を捨てて取り組んでみる

2つめの後回しをしないためのコツは、完璧主義を捨てるということです。

僕は恥ずかしながら、起業をしたばかりの頃は超がつくほどの完璧主義者でした。 完璧主義者というと、かっこよくみえますが、実際は実力もないのに行動しないダメなやつでしたw

口は動くけど、一切手は動かないような状況です。

ウェブメディアを作るときも設計図はつくるけど、コンテンツを作ろうとしないのです。 まさに机上の空論のみ。

こんな状態でうまくいくはずもなく、一時的はまったく結果が出ずに苦しんだ経験があります。

そんな時期にめちゃくちゃ効果的だったのが完璧主義を捨てることでした。 その当時は自分が完璧主義だなんて自覚すらしていなかったのです。

当時の僕はこんな感じでした・・

行動がしぬほど遅い
後回しはあたりまえ
先延ばしをして楽をする
後回しを習慣化していた
頭と口だけよく動く

まさに、完璧主義をこじらせまくってどうしようもない状態でした。 今では15分で終わるような作業に数週間かけていたこともあります。

完璧主義を捨てるだけで、心は軽くなってストレスがなくなります。 行動できない状態というのは、本当にストレスだらけですよね。

後回しにしないために行動を習慣化させなくてはいけないことは分かっている。 でもやれない自分に腹が立ってしまう・・・。 ←こういった負のスパイラルのはまってしまうと辛いだけです。

いくら頭で考えても行動はできないので、ストレスだけが雪のようにつもっていきます。

僕は完璧主義を捨てるために、こういったことを意識してみました。

失敗してもいいやと考える
やらないよりマシと思う
行動をもったいぶらない
実力がないことを認める
ブサイクでもいいからやる

完璧主義な時期は、ひたすら自分はやれるという謎の自負だけがありました。 でも本当は実力なんてショボいことを心のすみっこで自覚していたはずです。

だからこそ、行動が遅くなっていたのだとおもいます。

そんな完璧主義をこじらせまくっている自分を客観的に理解する。 自分は実力がなく何者でもないからこそ、前に進む価値があると考えました。

すると、失敗が怖くなくなり行動がすこしづつできるようになったのです。 最初から劇的な効果はありませんでしたが、気がつけば後回しをしないのがあたりまえになっていったのです。

つまり、行動が習慣化されはじめたのです。

「そういえば、最近ストレスなく動けるようになったな〜」とあとで気がつきました。 一瞬ですべてが切り替わることはないですが、気がつけば真っ暗なトンネルを抜けていたような感覚です。

完璧主義を捨てると後回し癖がなくなり、行動できるようになるのでオススメです。 失敗上等で手をつけてみましょう!

不要な仕事を捨てることでやるべきことに集中できる

僕は起業をしてから、いろいろ知識を得るために投資をしてきました。

セミナーにいったり、動画教材や音声教材を購入したり。 ときには謎のツールに数十万円つかってみたり(笑)

こういった学びに時間とお金をかけていると、知識や情報が手に入るメリットがあります。 しかしデメリットもたくさんありました。

その1つが情報が多すぎて迷ってしまうということ。 学ぶべき音声やらテキストが山のようにあるため、どれを消化すればいいか混乱しちゃったのです。

音声と動画だけでもすべて聞くには数日はかかるだろうなというレベルで、教材を買いまくっていたので焦りまくってました。

そして、いつものように学ぶのを後回しにして1分も学習をしないまま1日の終わりを迎えてしまうのです。 寝る前に「少しでも学べばよかった」と後悔しながら寝てました。

翌朝になっても、ごちゃごちゃした情報に嫌気がさして結局なにも学ばない日々をすごすことに。

後回しにしない方法として、不要な仕事(情報・モノ)を捨てるというのはめちゃくちゃ便利です。 身も心もすっきり軽くなります。

僕の場合は、知識を得るために購入をした情報が大量にあったので断捨離をしました。 やり方としては、思い切って捨てました。

最初は「あとで見るかもしれないから保存しておこう」という考えになったのですが、これも完璧主義が発動しています。 どうせ、見ることはないなと思った僕は、思い切ってファイルごと削除しました。

購入した教材の会員サイトのブックマークやメルマガも削除して、もう2度と閲覧できない状況をつくりました。

そして、本当に重要だとおもう1つの教材だけを学ぶことにしたのです。

これまでは1つの教材を1度学んで終了だったけど、不要なものを捨てたおかげで1つの教材を何度も復習することができるようになりました。

その結果として、理解度が深まり行動に反映させることができたのです。 具体的にいうと、ウェブサイトで集客する仕組みを学べたので毎日仕事がはかどりました。

行動すればするほどサイトにお客さんが集まり、毎日収益が発生する状態になりました。

後回し癖は大量の「仕事・情報・モノ」によって発生している場合があります。 不要なものは思い切って断捨離しましょう。 まるで神社のような、ムダなものが一切なく、必要なものが最適な場所に配置してある状態を目指してください。

完璧に整理する必要はなく、1つでも減らせることができれば一歩前進です。

完璧主義は僕たちの行動をジャマする敵です。 ちょっと気を抜いた瞬間に基準値をしぜんと上げてしまったときは、「完璧主義は捨てる」を合言葉にして生活してください。

僕も今日はGoogle Chromeのブックマークを10個ほど削除してスッキリしました^^

とりあえず手をつけてスタートしよう

4つめの後回し対策は、とりあえず手をつけてスタートすることです。

面倒なことを先延ばしをしても、その面倒なことがなくなるわけではありません。 これは誰もがわかっているけど、少しでも後回しにすることで今を楽にしようと考えます。

でも現実はやるよりもやらないほうが疲れますよね。

やるべきことをちゃんとやった1日は多少の疲労感はあるけど、心がすっきりして達成感と感謝の気持ちに満ち溢れながら眠ることってありませんか?

ああいった状態こそまさに、やるよりやらないほうが疲れるということを実証していますよね。

ぼくは後回しにしてストレスをかかえたままベッドに入る日は眠りも浅くなってしまいます。

そんな状況を打破するために有効なのが、とりあえず手をつけてスタートすることです。

後回し癖がついているひとほど、やる気が出るのを待ってから取り組もうとします。 でも科学的にいうとやる気というのは存在しません。 しかし行動をしていると一種の興奮状態になるため、そのまま継続して行動できるというおもしろい現象がおこります。

これを作業興奮とよびます。

僕は皿洗いが面倒になってしまうときは2日ほど皿を放置することがあります。 重い腰をあげていざ皿洗いをスタートすると、そのまま勢いでキッチンのシンクまでピカピカに掃除をすることがあります。

最初は皿を洗うことすら面倒くさくて後回しにしていたのに、やりはじめるとシンクまで掃除しちゃったのです。 これが作業興奮がはたらいている状態です。

あなたも後回しにしちゃいそうな仕事や予定があるときは、とりあえず手をつけてスタートすることをおすすめします。

行動するときが1番エネルギーを使うため、辛いしめんどいのはわかっているけど手を動かしてみるのです。 朝に眠い目をこすってベッドから起き上がるのはめっちゃ辛いですよね。

でも起き上がってしまうと眠気もさめてそのまま歯磨きをすることができたり。

こういった状態は動きだしてしまえば面倒くささが少しづつなくなっていくのです。 朝に電車にのって出勤するなて、目が冷めた直後では考えられないほど行動していますよね。

徐々に行動をしていくことで、流れと勢いにのって進むことができるのです。

自転車もこぎはじめた直後が1番力がいりますよね。 ある程度のスピードがのってしまえば前に進むのがそれほど苦ではなくなります。 作業興奮はこういった状態をさします。

後回しをしがちな作業は、とりあえず手をつけてスタートする。そして作業興奮の仕組みを利用して、一気に片付けてしまうのです。

1つめの「環境を整える」
2つめの「完璧主義を捨てる」
3つめの「不要な仕事を捨てる」
これらのコツと組み合わせると強力な効果を発揮します。

僕の場合は、この段階ですでに後回し癖がほとんどなくなっていました。 面倒な業務があったとしても、「めんどいけどやるか〜」と考えながら手をつけられるようになりました。

後回し癖が爆発している時期とくらべると、今の生産性はリアルに100倍くらいありますw

手をつけて始めてしまうのは後回しをへらすコツになります。

簡単なことから取り組めば後回しが減る

5つめのコツは、簡単なことから取り組むです。

僕は起業をした直後は、完璧主義で行動できない人間だといいましたよね。 それにつけ加えてさらに行動できない状態をみずから作っていたのです。

それは・・・目標をめっちゃ高く設定してしまうことです。

当時はまだ大きく結果を出してもいない時期に、「3ヶ月後までに300万円の利益を出す」と根拠もなく目標だけかかげてました。

当然ですが結果は失敗です。失敗というよりもそもそも行動をほとんどしていなかったので、失敗すらもしていない状態でした。 これじゃ人生500年くらいあっても何もしないまま500年目を迎える未来が見えますw

後回しを回避するためのコツとして、簡単なことからやってみてください。

あなたが学生であれば学習はかんたんな問題を1分だけやってみるのです。 完璧主義が発動してしまうと、「1分だけじゃ学ぶ意味がない」と考えてしまうかもしれません。

でも1分も勉強しないままその日がおわるよりもマシじゃないですかね?

僕はこんな感じで小さくかんたんなことから取り組むようにしているので、現在ではほぼ後回しはゼロです。 時間の使い方がうまくなり、毎日前進することが当たり前になっています。

最初のステップはめちゃくちゃハードルを低くして簡単なことからやってみるのが1番です。

過去の僕みたいに目標だけアホみたいに高くしているかぎり、永遠に後回しのループから抜け出すことは不可能です・・。 怖いですよね。数ヶ月たっても同じ状態というのは。

今日1日だけ1分行動をすれば、1ヶ月後におなじ状態になることは絶対にありません。 1日1分勉強するだけでも知識や能力は十二分につきます。

小学生も九九を毎日5分間やるだけで1ヶ月後には1から9の段まで暗唱できるようになりますよね。 僕は小学生のころ、最初は九九が苦手だったけどまいにちやっているうちに、気がつけばできるようになっていました。

きっと、この記事を読んでくださっているあなたも同じはずです。

その頃は、「完璧に九九を覚えてやろう」とか「1時間ですべてマスターしよう」という高い目標があったわけじゃないですよね。

そんなことを考えもせず、今この瞬間にできることに集中していたはずです。 宿題を後回しにすることはあったかもしれませんが(笑)

後回しを回避する5つめのコツは「かんたんなことをやる」です。 これは実践しやすいので、ぜひ真似してくださいね!

【まとめ】後回しをしないための5つのコツ

今日からできる後回し対策

(1)環境を整える
(2)完璧主義を捨てる
(3)不要な「仕事・モノ・情報」を断捨離
(4)とりあえず手をつける
(5)簡単なことからやる

1度にすべてをやろうとせず、今日からできそうなコツを1つ選んでまずは実践してみてくださいね!

1つ意識して取り入れるだけでも、何もせずに行動しなかった日よりも100倍以上の充実感を感じるはずです。 まずは小さく、確実にいっぽ前に踏み出してください! 

心から応援しております^^

それでは本日は以上になります。最後までお読みいただき有難うございました!