雑談

20代でアルバイト生活は全然悪くない。むしろチャンスだらけ。

「20代でアルバイトをしているのは悪いことなのか?」
「20代なのにアルバイトで生活をしているのは世間的にみて恥ずかしいことなのか?」

僕は現在は起業をしてから4年目です。 かつては10代の終わりころまではアルバイト生活をしていました。 1ヶ月で20万円くらい稼ぐ月もあれば、5万円くらいしか稼がない月もありました。

世間一般でいうと、まわりは大学生が社会人になっている年齢です。

当時は、生活には一切不安がありませんでした。 まだ結果を出せていない自分にちょっとした恥ずかしさを抱えながらも、かならず結果を出してやろうと意気込んでいました。

結果として4年間経過するいまでは、収入は安定して毎日やりたい仕事に没頭できる日々を過ごしています。

この記事は、20代でアルバイト生活をしており不安を抱えているあなたに向けて書いています。 僕も3年間アルバイトの収入のみで家賃や食費をまかなってきたので、経験談を語ります。

結論からいってしまうと、20代でのアルバイト生活はチャンスしかありません。 時間と会社にしばられない今の状況は絶好のチャンスなのです。その理由についても解説します。

時間がないかたは、目次から好きな箇所だけごらんください。

20代でアルバイトをしている人はチャンスです

結論になってしまうのですが、20代でアルバイトで生計を立てている人はサラリーマンよりよっぽどチャンスがあります。

その理由として、じぶんの能力でお金を稼ぐことに時間を注げるからです。

僕の場合はインターネットを利用して起業しました。 起業といっても最初はウェブサイトをつくってアフィリエイトをしていただけです。 起業というと堅苦しさと難しそうなイメージがありますが、最初はサイト作りからはじめたのです。

今でこそ、美容室の経営者にコンサルをしたり仕事の幅を広げていますが、最初はしょぼいサイト作りからのスタートでした。

20代で一人暮らしをしており、家賃を自分で支払っている人はそれなりに収入が必要ですよね。 僕も10代のころは、家賃と食費などの生活費を稼ぐために必死こいて働いていました。

なるべく時給の高いアルバイトをみっちり入れて、残った時間でサイト作りをコツコツやってました。

そんな地味な生活をしながら、すこしづつアルバイト以外の収入を稼ぐようになったのです。

僕はこのままずっとアルバイト生活は嫌だからこそ、抜け出すために起業という選択を選びました。 サラリーマンをしている人からすれば、会社をやめるというのはリスキーすぎてもはや行動不能になってしまうのです。

でもアルバイトをやっているフリーターの人からすれば、バイト先が変わるくらいヘッチャラですよね。 バイト先はいくらでもあるからこそ、今のうちに自分の能力でお金を稼ぐ方法を学び実践しておくことが重要だと僕は考えています。

僕がすべての仕組みや収益源を失ったとしたら、とりあえずアルバイトをして生活費を稼ぎつつ、また復活をするためにアフィリエイトからスタートします。

コストがかからず手軽に始められるアフィリエイトはなによりもコスパが良いと感じているからです。

自分でお金を稼ぐのは大変だけど、不可能じゃない。

アルバイトは働いた時間におうじて、時給が発生しますよね。 サラリーマンも固定給ではありますが、労働に応じて賃金がしはらわれています。

これが起業をして自分でお金を稼ぐとなればば、ルールは正反対になるのです。

わかりやすくいえば、価値を与えた量に比例してお金を受け取ることができます。 つまり、「今日は10時間働いたから9000円稼げる」とかではないんですね。

極端な話、労働時間が0時間だとしても10万円稼ぐこともあります。

反対に、1日12時間作業をしているのに価値を提供できなければ収入は0円だったり。 こういった感じで労働時間=収入とはならないのです。

これは厳しさではなく、メリットなんですよね。

価値を与えたぶんだけ対価を受け取ることができるので、収入はいくらでも増やせます。

僕はアフィリエイトをはじめた直後は、1つのサイトに500記事投稿をして3〜4ヶ月で中古車が買えるくらい稼ぎました。 その後もウェブの仕組みを構築しているので、ずっと収益が発生している状態です。

文章や動画というのは1度つくってしまえばずっと価値を与えてくれる道具になります。

YouTubeをイメージするとわかりやすいです。 ヒカキンさんが1度つくった動画は1年後でも視聴されつづけますよね。 1年後には再生できなくなったりすることはありません。

ヒカキンさんの場合は何百万人という視聴者に動画をとおして価値を提供しているので、収入は増え続けます。

アフィリエイトやインターネットビジネスもこういった状態を作れるのです。 僕も実際にアルバイトをしていた時代はひたすらコンテンツ(文章・動画・音声)を量産していました。

大半は失敗におわったけど、数をこなしていく過程でヒットも生まれます。 少しづつ上達していき、お金が稼げるようになりました。

アルバイト以外でお金を稼ぐことは難しいけど、不可能じゃないんです。 これを理解してください。 あなたはアルバイトをしているからこそ、サラリーマンをやっている人よりも時間があり、チャンスが多い。

こうやって考えると、やれることって意外とたくさんあることに気がつきませんか?

僕はあなたにアフィリエイトをおすすめするつもりはありません。 それよりも重要である、仕組みを作って自分のちからで稼ぐことの価値を感じてもらえれば十分です。

僕もアルバイト時代にこれに気がつけたからこそ、起業して結果を残すことができました。

仕組みを作れば価値を生み出せる

仕組みとはわかりやすくいうと、価値を生み出すものです。

YouTubeであればYouTube動画です。 アーティストは楽曲やLIVE映像などの音源がコンテンツになる。

アフィリエイターでいうとサイトや記事などが仕組みになります。 サイトという仕組みを作ってしまえば、GoogleやYahooで検索をするひとを集めることができる。広告を貼っておけば一定の割合で収益が発生します。

この仕組みを強化していけば、収入や価値を与える総量がどんどん増えていくのです。

労働時間だけに比例して収入がもらえるのではなく、与えた価値に比例してお金を稼げるので仕組みをもっている人がこれからどんどん強くなっていきます。

僕も様々な仕組みを構築しているため、収入がいきなりゼロになる心配がないのです。 

万が一、収入がなくなってもこれまで培ってきた知識や情報があるため、すぐに復活できる自信があります。 万が一に備えて、慢心せず日々勉強をしています。

アルバイトをしていた時期よりも精神的にすごく楽になったし、毎日が楽しいです。 もともと勉強は苦手だったけど、お客さんのためにやる勉強はほんとうにやりがいを感じます。

アルバイトやサラリーマンは仕組みではない

残念ながらアルバイトやサラリーマンは仕組みを持てるわけではないので、働けなくなると稼ぎがゼロになります。

世間一般ではアルバイトやサラリーマンのほうが安定しているように思えて、実は常に不安との戦いです。

起業をしている僕に不安が1つもないわけではないけど、サラリーマンよりも少ない自信があります。 それくらい仕組みを持っているというのは強みになるのです。

アルバイトは経営者がつくった仕組みのなかで働くことになるので、その仕組が崩れてしまうと労働者はそこで稼げなくなります。 

仕組みを所有する側、仕組み中で働く側。 どちらにポジションを取るかによって状況は一変します。

僕は仕組みを所有するがわにいるので、仕組みを上手く回すことができれば働かなくても稼ぐことができます。 少なくともアルバイトをしていた時期は、クビになってしまえばそこまでです。

幸いなことにバイト先などいくらでもあるので、生活をしていくには困りません。 でも前の職場でえた経験は蓄積されるけど、次の職場で収益面で役に立つことはほぼありません。

僕の場合はサイトを作ることで経験を積んでしまえば、そのサイトがある日ハッキングされたとしても、また1から作り直せばいいだけです。 リスクはほぼありません。 

バイトをしている時期だからこそチャレンジする価値が生まれる

僕はもう20代の半ばになりますが、同じ20代のかたにはバイト以外で稼ぐチャレンジをしてほしいと思っています。

僕のブログではそのために役立つ記事や情報を発信しまくっています。 いくらでもパクって参考にしてもらえればと思います。s

20代でアルバイトをしていることに恥ずかしさや悔しさを感じているならば、チャレンジをして小さく変化を起こしてみませんか? 

現状に恥をかんじる必要はいっさいありません。 サラリーマンが偉いとか、立場が上とかはないですからね。 アルバイトこそ、自由に動けて生活を維持することができる最高のポジションです。

ただ、ずっとバイトのままでは将来が不安だったり、金銭面での恐怖がなくなることはありませんよね。

20代という若い時期だからこそ、アルバイト以外で収益を生み出す手段を選んでください。 僕のブログには無料でアフィリエイトのやり方を解説しています。

こういったおすすめの手法も根拠つきで解説しているので、参考にしてください。

トレンドアフィリエイトとは?再現性とメリットを解説します!

ぶっちゃけたはなし、最初はとにかく1円でもいいからバイト以外で稼いでみるといいですよ。 そこにかっこよさとか理念は一切不要です。

僕も起業をしたのは、お金を稼ぎたかったからです。 世界を変えようとか、崇高な目的はいっさいありません。 動機はかなり不純でした。 でも結果を出していくと目標ができたり、おもしろさを見いだせる仕事が山ほどあることに気がつきます。

僕はカッコつけず、泥臭くアルバイト以外で1円を稼ぐことがなによりも重要な体験だとおもっています。 それをいち早く突破できるのが、上記でおすすめしているトレンドアフィリエイトという手法です。

かっこよさなんて微塵もないけど、読者に価値を提供して対価をうけとれるアフィリエイト手法の1つです。 僕は未だに過去につくったサイトから収益を得ています。

ブログの読者さんから感謝のメールが届くたびに、心があたたまる気持ちになります。