完璧主義を捨てるシリーズ

行動が1番大事だとわかっているけど、行動できずに苦しんでいる人へのアドバイス

行動が1番大事だとわかっているけど、行動できずに苦しんでいる人へのアドバイス

ビジネスでは行動が大事といわれますが、そんなこと頭では理解していますよね。

僕もかつて、まったく行動できずに苦しみまくっていた時期があります。

・作業をやらなくてはいけないという焦燥
・仕組みを構築したいけど動けないイライラ
・PCを眺めているだけで進まない作業

夜になると、「また今日も何もせずにだらだらと過ごしてしまったのか」と、
自己嫌悪になり、寝ている最中は
「何かから逃げているけど、全然スピードが出ずに苦しむ」という謎の夢をみる日々でした(笑)

ネットビジネスやアフィリエイトをやっていると、
こういった悩みを抱えている人は予想以上に多いので、
僕が行動できない苦しい状態から、行動が楽にできるようになった経緯と対策を話していきます。

根性論、精神論は一切ぬきなので、
リラックスしながら読んでいただけると嬉しいです。

頭ではわかっているけど行動できない辛さは半端ない

僕は始めてチャレンジしたネットビジネスはアフィリエイトでした。

トレンドアフィリエイトからスタートして、一時的にはめちゃくちゃ稼ぎました。
時期も良かったし、SEOもいまほど理不尽な変動がなかったので、
作業をすればするだけアクセスとアドセンス報酬が伸びていったのです。

結果的に1年で8桁近くの報酬を稼ぐことができたのです。

しかし、2年目になると所有していた資産ブログが一気に崩れ始めます。

具体的にいうと収益化に成功していた5つのブログやらサイトが、
検索エンジンのアップデートにより、
アクセスが激減していったのです。

毎日5万PVほどあったサイトは1日300PVにまで減少したり、
アフィリエイト報酬も桁が2つくらい下がってしまう勢いでした。

その当時の僕は、「うわ〜やばい」と焦りつつも、
不安とイライラによってまったく行動できない日々がはじまりました。

おそらく半年間くらいは一切記事を書かずに、
新しいサイトやブログを作ることもなく、
夕方に起きてオンラインゲームを朝方までぶっ続けでやる生活をしていました。

週5くらいでピザや弁当の宅配を利用しては、
ひたすらゲーミングモニターにむかってゲームに没頭する日々。

実際に行動とは反比例していますが、
常に頭では行動しなくてはいけないのに、なんでゲームをしているんだ・・・。
と、焦りながらも動けない自分から目をそらすようにゲームにのめり込みました。

自分が完璧主義だと知ってからかなり楽になった

いつもオンラインゲームをやっている仲間から言われた何気ない一言に救われました。

「お前さあ、ちょっと完璧を求めすぎじゃない?」

最初はなにを言っているのかわからなかったけど、
どうやら冷静に考えてみると、
自分はかなりプライドが高くて完璧主義をこじらせていたことに気がつきました。

それ以来は、少しづつ完璧主義はじぶんを知らないうちに
追い込んでしまっていることを理解しはじめたのです。

あなたも、もしかすると完璧主義的な発想になっており、
気がつかないうちにプレッシャーを掛けすぎてはいませんか?

当時の僕は完璧主義を発動させてこんなことで悩んでいました。

僕は、アフィリエイトを始めた1年目は毎日じぶんでもビックリするくらい
楽しみながら作業に没頭していました。
1日に10時間記事を書き続ける生活を半年くらいやっても、
疲労感はなく、日々成長する実感をたのしみにながら生きていました。

でも、ある日をさかいに報酬とアクセスが激減してからは、
完璧主義とプライドが高くなりすぎて行動を制限してしまったのです。

自分が努力しても失敗に終わることを認めたくなかった

僕は収益化に成功していた5つのメディアが死んでしまったことを、
どこか認めたくなかったのだと思います。

失敗を認めてしまえば、過去に努力した実績をすべて
否定するような感覚があったからです。

しかし、今はこれは単なる間違いだと断言できます。

表面上の仕組みや記事などはすべて機能しなくなったけど、
人を集めるメディアを構築して、
実際に価値を与えて対価として8桁の報酬を稼いだ経験はムダにはなりません。

また、1から仕組みを構築すれば
過去の行動を踏まえてあたらしいメディアを作り上げることができます。

当時の失敗や甘かった部分が痛いほど理解できているので、
そこを愚直に修正していけば、
前よりはゼッタイに良くなるのです。

まあ、自分の足りない点は頭でわかっているけど、
直面するのが辛いので、
気がつかないふりをしていることが多いのですが、
前に進むために、過去を踏まえて行動できるとかなり強くなります。

僕が有効だと感じた行動をするための2つの秘訣

さて、前置きがかなり長くなってしまいました。

僕の過去の失敗エピソードを踏まえて、どのように行動するに至ったのかを
あらためて具体的に解説します。

結論としては、この2つを意識してから行動がかなり楽になったのです。

行動の秘訣

何のための行動(作業)なのか本当の意味で理解する
物事を分解してハードルを下げて行動する

この2つです。

まずは、「何のための行動(作業)なのか本当の意味で理解する」とは、
一体どういったことなのかをわかりやすく解説します。
これを理解できると、行動が苦痛ではなくなり、自然とモチベがわきます。

何のための行動(作業)なのか本当の意味で理解する

僕はアフィリエイト1年目で月収100万円の壁をクリアできたのですが、
その当時は100%じぶんのためにサイトを作っていました。

アクセスを集めるためのリサーチもすべては、
アクセスとアドセンス報酬のために行動していたのです。

つまり、読者を単なるPVとしか捉えていなかったのです。

こういった考えでメディアを運営していたので、
検索エンジンのアップデートにより報酬激減を喰らいました。
当時は、「ふざけんな!」と思ったのですが、今となっては然るべき措置であったなと。

むしろ、なるべく早い段階で報酬と仕組みの大半を失えてラッキーとすら思えました。

もしもあのまま自分のためだけに突っ走った状態で、
数年くらい上手くいっていたら、
お金こそ稼げるけど、人間としての魅力は確実に枯渇していたなとおもいます(笑)

僕は、自分の生活や報酬のためにサイトを作っていましたが、
それでは読者のためにはならないと気がつくことができました。

これ以来は、読者のためにしっかり価値を提供できるメディアを作ることにシフトしました。

最初のうちは、読者目線で記事を書くとかめんどくせ〜って思ったこともありましたが、
バカにせず1つ1つの作業を、
記事を読んでくださる人のために丁寧に作っていきました。

そうすると、ある時期をさかいに、
新しく作ったメディアにみるみるアクセスが集まり始めます。

これまでとは明らかに違う反応が返ってきたのです。

・コメントがやたらもらえる
・お問い合わせで感謝のメールが届く
・おもしろいと言ってくれるファンがつく

実のところ、過去に稼いでいたときはアクセスこそ何百万、何千万と大量に
集めていたものの、
感謝のコメントやメールなんて一通ももらったことがなかったのです。

それなのに、読者のためにサイト作りを再開してからは
圧倒的に感謝やモチベになる反応がもらえるようになりました。

僕は純粋に嬉しかったし、
感謝するのはむしろこちら側なのに。とすら感じるほど温かい気持ちに包まれました。

あなたが行動できなくて辛いのであれば、
「なぜ、その行動をやっているのか」を少しだけ考えてみると、
「本当はやらなくてもいいこと」が見えてきます。

僕みたいにアウトプットする意味が180度ガラリと変わっていくかもしれません。

一瞬で、なんのために行動をするのかという答えを
みつけることは難しいですが、
少しづつ考えて向き合っていくと、ある瞬間に気がつくことができます。

その感覚を手に入れることができれば、
行動が苦ではなくなり、自然と行動に移せる状態になります。

やらされている感がゼロになり、
意義をもって堂々と働けるようになるはずです。

僕は毎月100万円以上の報酬を稼いでいたころは、
お金は持っていたけどどこか後ろめたさがあったり、
他人にどのような仕事で稼いでいるかを堂々といえなかったのです。

今は、当時よりも稼いでいるのに
堂々とじぶんの仕事を胸を張って伝えることができます。

今の苦しみは一切ムダにはならず
むしろ前に進むときに過去の自分に応援されるくらいの勢いで、
役に立つので、腐らずに諦めないでください。

物事を分解してハードルを下げて行動する

僕が、今でもめちゃくちゃ意識している行動の秘訣があります。

それは、物事を分解してハードルを下げて行動することです。

もともとプライドが高くて完璧主義をこじらせていたタイプなので、
上手くいっているときこそ調子にのらず、
自分の軌道修正をしながら行動するように心がけています。

苦しまずに楽に行動するために、
完璧主義を捨てつつ、物事を分解してハードルを下げてしまえば、
むちゃくちゃ気持ちよく動けます。

僕はなにかを行動しはじめるときは、
周りが驚くほどハードルを下げまくってから動きます。

イメージとしては、めちゃくちゃ難易度を下げてゲームをやる感じです。

記事を作るなら1分だけ文章を書いてみる
文章すら書く気力がないときは記事の推敲をする
アウトプットできないときはアイキャッチ画像をつくる
5分だけキーワード選定にとりかかってみる
本は1ページだけ読む
体がだるいときは外へ出る(10秒で戻ってもOK)
散歩は近所を300メートルほど歩くだけ
掃除は洋服を1枚たたむことから

このような感じで、とにかく分解してハードルを下げます。

これを見て、「そんな簡単なことで意味あるの?」と
少しでも思ったあなたは、完璧主義が発動している可能性が高い。

ネタバレになるけど、人間は小さくても行動をはじめるとやる気が湧いてくる生き物です。

やる気は待っていても出ないけど、
ハードルを下げて行動すればやる気があなたをサポートするかのように
じょじょに湧いてくるのです。

でも、動き始めないとやる気なんて湧いてこないので、
物事を分解してハードルを下げて「はじめの一歩」に取り掛かることが重要なのです。

僕がサポートしている主婦や大学生に、この話をすると
「めちゃくちゃ行動が楽になりました!」と喜んでもらえます^^v

もっと完璧主義を捨てるために、具体的な事例を学びたいというかたは、
こちらに記事をまとめてみたのでご覧ください。
どれもサクッと読める内容になっています。

完璧に読み込んで覚えようとしなくても大丈夫です。

本質は、「完璧を求めずに、ハードルを下げてまず一歩踏み出す」という
大きなテーマをもとに、
具体例を解説しているだけです。

こうやって考えるとかなりシンプルなので、
焦らずリラックスして読んでもらえると嬉しいです。

僕のブログ記事はすべて印刷をしてもOKです。

コピペで盗作をしなければ、
あなたの学習のためであれば好きなように使ってください。

それでは、本日は以上になります。

最後まで丁寧に読んでくださりありがとうございました!

POSTED COMMENT

  1. ナカサト より:

    何のための行動か本当の意味で理解する、つい忘れますよね。

    今目の前のキーワード選定、検索意図リサーチ、ブログ投稿など、それぞれの意味が心にあれば、行動も結果も望むものに近づきますよね。

    私はつい作業しなきゃと目的を見失うので、読者ファースト、読者目線を何度も思い出して肝に銘じます。

    いつもありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です