最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

【5割のクオリティで記事を投稿しちゃえ!】をテーマに作業しよう

僕はトレンドアフィリエイトをはじめたばかりの人に常に「5割のクオリティでいいから投稿しちゃっていいよ!」と伝えています。

これには1つ理由があって、最初は質をいくら気にしても意味がないし、どんどん文章をたくさん書いて上達しながら資産となるブログ記事を積み上げていこうよ。って考えのもと提案しています。

この考え方は、僕もいまだに採用していて色々なところで役立っています。

未完成でもとりあえず投稿

「5割のクオリティって実際どんな基準ですかね?」

と、よく聞かれます。

 

そこで僕がいつもいっているのは、「推敲一切なし、記事が途中でも良い、タイトルだけしっかり決めて投稿しちゃおう」といっています。

もうこのレベルでいいわけです(笑) 最初は^^

 

じゃないと、だらだらと怠けちゃって1つのコンテンツを作り上げて世に出すまで時間がかかっているとあまりにも成長が遅いんですよね。

 

3年とかかけてじっくり収益の基盤となるものを作っていける余裕があるならば話は別ですが・・・ まあ、遅いのはあまりメリットはないので早いに越したことはありません。

 

記事タイトルさえしっかりつけていれば、あとで時間があるときに文章を付け加えたり、推敲作業(文章を編集すること)をおこなえばいいのです。

最初のうちは、”コンテンツを世に出している”という実績を積むことで自信にもなるし、やる気にもつながります。

 

次から次へ世に自分がつくったコンテンツを発表していくことに何も抵抗を感じなくなります。 アウトプットをすることでインプットの量も自然と増えるので、結果的に成長がめちゃくちゃ早いんですよね!

 

よくこんなことを言う人がいます。

「やっぱり記事は最低限のクオリティを保っていなきゃ読んでくれる人に失礼だし・・・」
「完璧にしてからじゃないと何だか自分が納得しないというか・・・」

・・・これらはすべて自分の主観による妄想なので、最初は一切無視してください(笑)

 

やっぱりね、はじめてのころって色々見栄えとか気にしちゃいがちなんですよ^^; 自分もかな〜り時間をかけて記事を投稿していた人間なので気持ちは痛いほどわかりますよ。

 

でも、今はそれ一切関係ないし最初のうちはどれだけ頑張って記事をつくっても文章を書き慣れている人からみれば、クオリティは低いのです。

 

低いならば低いなりに、少しでも早く上達するために数をこなすことを優先するべきです。

それを実現するために、5割のクオリティで記事を投稿しちゃうってマインドが効果的なのです。

 

自分の勝手に抱きがちな、ちっぽけなプライドや認識は捨ててしまったほうがストレスも少なくサラサラ作業が進みます。 記事をまいにち投稿しているのはマジで自信になるし、そのうちアクセスにも影響してきます。

トレンドアフィリエイトの場合は、しょせん記事数がものを言う世界です。

別に、テキトーに書いて積み重ねろと言っているわけじゃなく、あくまでも上達を志しながらスピード感を意識して作業することに価値があるってこと。 ここがポイント(*´艸`*)

 

1記事に1週間かけていた時期がある

僕は最初のころ1つの記事をかきあげるまでに1週間くらいかけていました。 1週間ですw 今となっちゃ1週間くらいかけて心血注いで記事を作ることがあるけど、

この頃の1週間1記事はワケが違いますよねw 生産性がひたすら低く、コンテンツのレベルもめっちゃショボいだけのなんでもない記事。

 

このペースでいったら成果に結びつくまで1年以上かかるやんけ。と思い途中からスピード感を意識して作業することの重要性に気がついたのでスタイルを変えました。

 

その頃から5割のクオリティで記事を投稿するってのを基本として活動してきたので、かなりスピード感を保った状態でサイト作りができるようになりました。

 

それこそ、今日やろうと思ったアイデアは今日のうちにとりあえず形にして実践してみる。 記事も5割のレベルでいいから書き出してみる。

 

そして後日、ドメインとか取得してレンタルサーバーに設置してWordPressを導入し、プラグインとかサイトテンプレートとかを入れて記事追加していく。

時間がかかるけど優先順位の低い作業はすべて後回しですw

 

ちなみに僕は、ほとんどのサイトは有名な無料テンプレートを使っていることが多く、ただ入れている状態のことが多いです。 テンプレを自分でいじることもないです。

それでもアクセスは問題なく集るしモノも売れます。

 

別にデザインが良いからユーザーは僕のサイトにアクセスしているわけじゃないし、デザインがカッコイイからモノを買ってくれるというわけでもないんですよね。 だからこそ、大事じゃないとこは力をいれず注ぐべきポイントに注力する! これが鉄則。

 

トレンドアフィリエイトにおいて、自分の作品を1つでも多く検索エンジン上に露出させることが鉄則です。

 

やっぱり100記事しか書いていない人と1000記事書いている人では、得られる成果も経験値もケタ違いに変わってきます。

むかしの僕みたいに1つの作品に1週間かけていたら、いつまでたっても成果はでないですからねw

 

絵で有名なピカソって92年の生涯で作り上げた作品の数って15万点ほどあるそうです。 これエグくないですか(笑) どんだけ作品作ってるの!!! ってツッコミ入れたくなりますよね。 素直にすごい。

92年間の人生で150000点の絵を作るためには、1日に4つ以上かかなければ到達できない数だそうで・・・・エグい。

 

僕たちはピカソではありませんが、こういった偉人の大量行動をマネしてとりあえず作品(記事)を世に出す、を徹底して意識することで得られる成果もまったく変わってきます。

 

僕もまだまだアウトプットが甘いとこだらけだし反省することが多々あるので、ピカソも見習って速攻アウトプットと大量インプットをルールとしてやっていきます。 あなたも記事を5割のクオリティでいいからとりあえず世に出しておく。ってことをルールにしてください!

 

絵画とはちがい、記事のばあいは後からいくらでも修正がききます! 極端なことをいえば、タイトルはそのままで記事の中身を丸々変更してもいいのですからw

 

検索エンジンにインデックスされて評価されるまで数ヶ月のタイムラグがあるので、とりあえずサイト上に投稿していくってのも理にかなっているんですよね。 だから、そこらへんは気にせず、「見ている人がどう思うだろう」とかも気にしなくてもいいです。

 

数をこなせばじょじょにクオリティが上がっていきます。 おなじ5割の完成度でも1記事目と100記事目では圧倒的な差が生まれているのは言うまでもなく、

文章の読みやすさだったり、おもしろさなどの読み応えがレベルアップします。

 

さらに、ユーザーが求めている情報をピンポイントでお伝えできるので、ユーザーがしっかり読む記事が書けるようになります。

 

最初のころって「情報を求めているユーザーってどんなものなのか」という実感が湧きません。 実感がいまいちつかめないので記事を書いているときも、読者との心理的距離が遠くなってしまって、独りよがりな文章をかいたり、

求められていない内容を中心に文章を構成しているかもしれません。

 

でも最初はそれでいい。 数をこなすとともに比例してレベルが着実に高まっていくのを体感できるはずです。

 

なにより挫折予防にもなるし、最初はすべての記事にアクセスが集まるわけじゃないのであまり気を張り巡らさずリラックスして記事投稿していきましょう(*´ェ`*)

 

PS

3年前の僕は、1つの音声を収録するのに10回くらい繰り返しては公開するのをためらっていました(笑)

 

「あ〜今噛んだからやり直そ」
「もうちょっとうまい言い回しあったよな」
「沈黙があったから撮りなおそ」

 

・・・・こんな感じで、ひたすら時間をかけては生産性の低いことをやってました。 その当時は音声をカットするテクも知らなかったので、ちょっと気に食わないとこがあったら取り直し(笑)

 

でも、音声を待っている人からすればそこってほぼ重要視されてないことが多いので勝手な自己満なんですよね〜^^;

 

逆にいまは、速攻音声を収録して噛んでも気にしないし、とりあえず収録したらそのまま人に音声をプレゼントしているのでスピード感は100倍くらいに早くなりました。 すぐに価値提供できるし、アウトプットを速攻できると学習効果もあがるしいいことづくしですね。

 

記事とおなじで音声もとればとるだけ、上手になります。 長い時間喋るのも苦労しなくなるし、聞いてて面白いことが話せるようになるので。

文章も音声も才能ではなく、経験値ですね。

これからも積み重ねよっφ(..)

コメント