習慣化してみた

ブログのネタは日頃から集めておくと困らない【記事化のコツ】

僕は5年間でおそらく3000記事以上はじぶんの手で書いてきました。

ブログやサイトの数は50個くらいになるとおもいます。現在では放置プレーのメディアも多いし、すでに役目が終了したサイトもいくつもあります。

これだけの量をこなしていると、日頃からブログネタを集める習慣がついているので、書くことに困らなくなります。

今日は、【ブログのネタを集める習慣の作り方】と【ネタを記事化するためのコツ】の2つを解説します。

結論は、日常でどれだけ些細なことでもメモをしておくこと、そして自分の試行錯誤してきた経験をネタにするということです。

それでは具体的に説明していきますね。

ブログのネタは日頃から集める習慣をつくっておく

僕はPCの前に座ったらあとは書くだけというスタイルで作業をしています。 つまり、PCに座るまでにリサーチやアイデアを作っておくようにしているのです。

カフェとかにいっても、着席をしたらライティングモードに入り一気に書きあげます。 そして1時間ほどで退店するというゲーム感覚で仕事をしていると、ムダに時間を消費しないので疲れないというメリットがあるのです。

日頃からブログネタを集める習慣さえあれば、パソコンの前で「書きたいことがない・・」と焦ってしまう状態を回避できます。

僕がブログネタを集めるために意識しているのがメモです。 日常で気になったことを単語やフレーズでメモをしておくのです。

例えば今日は、書店に遊びにいったのですがたまたま手にとった本が「eスポーツ」がテーマになっていました。 数ページほどめくってみて、気になる人物がいたのでTwitterで検索をしてフォローしました。

その人物のTwitterをみると、ゲームに馴染みのない人からすれば聞き覚えのない単語やらフレーズがやたら多かったのです。

それをメモしておいて、帰宅してからさらに深掘りしてみたのです。

ここで重要なのは、「記事にするか、記事のネタになるか」は一旦おいといてメモすることです。 一瞬のアイデアやひらめきはメモをしておくと後で助けられる事が多いので、気になったことはとりあえずメモがおすすめ。

のちほど、キーワードの需要はあるのか調べればいいし、気になるテーマがあるならリサーチをして知識をつけるのもいい。 その過程で学びがあれば記事化するべきですね。

学んだことを文章でアウトプットするというのは、最高の学習になります。

僕はこんな感覚で日常でメモをしまくって、時間があるときにキーワードとしての需要を判定しています。そうすることで「ブログネタがない・・」という事態を回避できます。

ブログネタのメモはLINEのグループトークがおすすめ

メモはすばやく立ち上げられるツールのほうが便利です。 Evernoteは個人的には大好きなアプリですが、スピード感はいまいちなため、急なひらめきには使っていません。

個人的におすすめなのが、LINEのグループです。

LINEグループは一人だけで使うこともできるので、他人に見られる心配がないうえに、LINEを開けばいつでもメモの復習ができます。

オンライン上のメモのデメリットとして、どこに何を書いたか覚えていないという点があります。 流れてしまったり、そもそも管理しきれていないため、メモをしたことを忘れてしまったり。

どこに閉まったかわからないメモを探し出すのは大変です。

LINEであれば、不要なトーク履歴を削除しておき、グループトークだけを表示しておけば常にメモしたり、チェックが可能になります。 ちなみに僕は一人だけでグループトークを5個くらい併用しています。

日本人初のプロゲーマーの梅原大吾さんは、格ゲーのキャラクターごとにLINEグループをつくって発見をメモしているみたいです。

ネットビジネスにおすすめの本は梅原大吾さんの「勝負論」です

iPhoneに標準装備されている「メモ」というアプリも最速でつかえるのでおすすめです。 こうして日頃からネタを集めておくだけで、ネタ切れを防ぐことができます。

ブログネタに困ったら映画とマンガのレビュー記事を作ろう!【解説】ブログを書きたいのにネタがない!! こういう状態ってモヤモヤして焦りますよね(TOT) 僕も作業しなくちゃいけないことはわかって...

試行錯誤の経験をそのまま記事化してみよう

僕は自分自身の試行錯誤の経験をブログネタにすれば、無限にコンテンツがつくれるとおもっています。

どれだけ平凡な人生を過ごしていると思い込んでいる人でも、自分だけの経験が必ずあります。 目に見える素晴らしい成功体験をもっている人は少数ですが、大失敗や二度と繰り返したくない後悔のエピソードは山ほどあるはずです。

ちなみに僕はどれから話せばいいかわからないくらい思い浮かびますw

こういった重いテーマをブログネタとして扱ってもいいですし、自分が乗り越えてきた挫折を記事化すれば魅力的なものになります。

映画や漫画などでよくある、「挑戦→挫折→復活→成長」というパターンは、僕たちの人生のなかに数多く眠っています。

ちなみに僕は始めてブログを始めたときは「挑戦→挫折→復活→成長」を乗り越えてきました。

具体的にいうとこんな感じ。

【挑戦】
トレンドアフィリエイトに挑戦をして短期間で500記事書く

【挫折】
一時的にめちゃくちゃ稼げたけどある日を境にブログが死亡

【復活】
自分が挑戦した手法のダメな所を洗い出して、より本質的なトレンドアフィリエイトへ再挑戦した

【成長】
以前より時間はかかったけど何十倍もの成果と経験を手に入れた

めちゃくちゃシンプルに書くとこのような感じでアフィリエイトをやってきました。 闇から光へシフトする体験談は、そのまま記事化すると読み物としておもしろくなります。

今は簡潔に書いたけど、当時のリアルな具体エピソードを交えながら記事にすることもできますよね。

大人になってからの失敗ではなくても、学生時代だったり、もっと昔の話でもOK。どんな人にもストーリーがあるし、そこからの学びを記事化すればブログネタを集めなくてもやっていけます。

むしろ、こういった自分の試行錯誤や経験こそブログネタの源泉なのです。

誰にも真似できないし、あなただからこそ語れるネタです。 僕も昔は、「○○さんのブログは独自性があって面白いな〜」とか思っていたけど、自分の経験を魅力的に語ることができれば、誰だって独自性は生まれます。

文章をおもしろくするために、日頃からネタを集めるクセをつけるのも大事です。

僕はネタをメモする習慣といっしょに、記事のなかで話せそうなちょっとしたエピソードもストックしています。 「SEOの記事を書くときに使えそうな日常の具体例があるな」とおもったら、即座にメモしておきます。

こういったネタ集めの習慣が、文章を書いているときや音声を収録しているときにふっと思いだすことがあります。

記事を書くときに悩むのではなく、書くまでにいかにネタを集めて向き合っておくかがポイントになります。

それでは今回は以上になります。
ありがとうございました!

PS

こちらの記事もあわせて読むとブログのネタ集めが得意になるはずです。

【情報発信のコツ】自分にしか分からない試行錯誤をコンテンツ化するこんにちは大関です。 僕はこれまで5年間ほど、いくつかの媒体で情報発信を続けてきました。 最近よくいただく相談で、「どういっ...

POSTED COMMENT

  1. ナカサト より:

    「これを書こう」と思ってリサーチから始めて調べ終わる頃に、書こうとした気持ちはどこへやら。。

    日常のネタ集めと、自分のストーリーを語ればネタは無限なんですね。

    普段から、ふと興味が湧いたことをメモする習慣をつけていこうと思います。

    ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です