雑談

3歩進んで2歩下がるをイメージして謙虚に学ぶ

僕はおなじ音声やテキストコンテンツを何度も反復して学習しています。

自分がビジネスを初めた頃に聞いていた音声はいまだに聞き返したりしています。

 

でも昔は勉強するといったら、「本を1回読んで知ったつもりになる」「音声を一回聞いて満足する」というレベルでした。

 

この時の自分は、なんとなく内容は覚えているつもりになってました。学んだことを、人に教えるために音声を録ってみようとすれば、不思議なことにまったく言葉がでてこないんですね^^;

 

この状態って学習はしているけど、まったく記憶に定着していないサインです。

 

このまま復習しなければ、ほとんど学習をした意味がなくなってしまいます。 勉強は人に教えたり日常生活で応用できてはじめて身になります。

「3歩進んで2歩下がる」をテーマにして学習をすると、おどろくほど頭にはいってきます。 今回はその考え方について話してみたいと思います!

 

1回聞いて満足して勉強した気になっていた

 

むかしの僕は、音声や本を1度みたら学習をした気になって満足感を得ていました。でもあとになって「あの音声から自分は何を学んだのか?」を自分に問いを出してみても、さっぱりわかりませんって状態でした。

 

もっとひどいときは、「そもそも何の話題について話していたかすら覚えていない」という感じでした^^;

 

この状態で、次から次へと学んでも意味がないし、時間とお金だけが消費されてノウハウコレクターになっちゃいますよね。

知識は知るだけじゃなく、人に教えたり応用できることでようやく身につきます。

 

学んだことをコンテンツとして語ったり、文章にできないレベルでは本当の意味で理解はできていないということになります。

人間は1度見たものは忘れるようにできています。 不要なものを脳に溜め込んでもいいことはないので、脳がもともと持っている機能なのです。

 

じゃあ、学んだことを記憶に定着させるためにはどうすればいいか?

 

この問題はあっさり解決することができます。 それは、何度も復習をしてアウトプット(吐き出す)ことです。

僕はこのような流れで学習をしています。

1音声を聞きながら要点をメモする
2何度も繰り返して聞き返す
3自分なりに紙やEvernoteにまとめる
4音声にしてしゃべってみる
5自分の音声を聞き返してみる
6もう一度音声を聞き返す
7ブログで記事や音声にして情報発信する
7もしくは人に教える、日常生活に応用してみる

とりあえず何度もなんどもしつこく聞き返す。 1度しっかり聞いてメモをしてあとはBGMのように日常生活で聞き返すのです。

 

僕は朝に散歩をする日課があります。

そのときに音声を聞き返して学ぶことが多いです。 音声から学んだことを、自分なりにまとめて音声に収録してみることもやります。

 

これをすると、「自分がどれだけ理解できているか?」がわかります。

 

人に教えるためには、その人以上にしっかり理解していなきゃ言葉につまって何いっているかわからない状態になりますw

 

僕はよく生活リズムが乱れて、惰眠をむさぼりまくる時期がありました。 そこで一度睡眠について最低限の知識をつけて、生活リズムを見直してみようとおもい、書籍を3冊ほどまずはAmazonで買って読みました。

 

その当時、自分なりに結構勉強していたつもりでした。 しかし・・・

ある日、友人とお昼ごはんにラーメンをたべにいったとき、会話していると睡眠の話題になったのです。

友人は、「最近眠りが浅くて朝から体めっちゃ重い」 と言ったのです。 僕はそこで過去に読んだことのある本の知識でアドバイスをしようとしたのです。

 

もう頭のなかでは「グヘヘ、俺はめちゃくちゃ睡眠に詳しいぜ」と一瞬脳内でニヤついたのですが、いざ具体的にどう改善すればいいかをアドバイスすることができなかったのです(´;ω;`)

 

自分で自分が情けなくなりましたよねw 覚えていないことが恥ずかしいのではなくて、覚えたつもりで粋がっていたことがなによりダサい・・・w

 

そこではじめて、「ああ人間の記憶ってテキトーだな、何度も何度も復習しなきゃ意味ないし、語れてはじめて身になるな〜 」と思ったのです。

その出来事があった日からは、為になった本は3回、4回となんども読み返すし、気になった項目は暇があるたびに目を通すようにしています。 これをするとビックリするくらい、さらりと頭に入ってきて自分がコンテンツとして発信することも簡単になります。

 

トレンドアフィリエイトとか典型的な例で、実践しながら何度もPDFファイルと音声を聞きまくって復習しているので学習効果が絶大なんですよね。 だから、人に相談されてもすぐに回答できるし、かなり具体的にアドバイスが可能になった。

(学ぶと同時に実践(アウトプット)しているから、色々なことがわかるし、知識も必要しているうえで学ぶから学べば学ぶだけ吸収しちゃう状態)

 

音声でも、本でもしつこく読み返すことを意識するだけでいいんです。

でも、いきなり同じ本を2回も3回も読み返すってのはあまりにもハードルが高いので最初は「お気に入りのページ」をいくつか見つけて、時間があればどれか1ページだけを見返す。

 

このやり方は、早ければ1分とか2分で可能な復習のやりかた。 復習は短い時間でたくさん回数をこなしたほうが効果があるので、寝る前に読んでみたり。

 

友達と遊ぶ約束をしている時間まで5分余裕があるならば、本を1ページ読んでから出かければOK^^

 

3歩進んで2歩下がる

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる〜♪

三百六十五歩のマーチっていう歌がありますよね。 僕も誰が歌っていて、いつの時代の曲かは知らなかったのですが、

 

あるとき読んだ本に、知識は3歩進んで2歩下がるを大前提として学ぶべきだ。 と書いてあったんですね。

 

これを読んだとき、「あ〜確かに! なるほどな〜」って衝撃をうけました。

 

アウトプットするために何度も復習する大切さを痛感していましたが、「3歩進んでも2歩下がる」という感覚をもっていれば謙虚に学べるなと。

記憶というのは、短期記憶(午前中食べたご飯とか)と長期記憶(小学生のころの思い出とか)があって、学習したことを長期記憶にしないかぎりすぐに忘れてしまうのです。

 

この記憶を定着させるために1番てっとり早いのが復習 です。  1度本をよんで3歩知識レベルがアップしたけれども、明日になれば自然に2歩戻っているということ。 これは脳の仕組みなので仕方がないことです。

でも、まいにち復習してさえいれば確実に+1歩は積み重なっていきます。

 

この差が記憶になっていきます。 さらに音声をとってみたり、記事としてアウトプットすることでより大きな1歩を得られることになります。

 

何度もしつこく音声を聞きまくって、人に教えられるようになったらそれなりに定着しているというサインですね!

 

逆に、ぱっと回答できなかったり曖昧な文章しか書けなかったらそれはまだ不十分だということ。

僕はこれを意識しているので、常にインプット(読む。聞く)をしたあとにアウトプット(話す。書く)を徹底します。 手間はかかるけれど、やった分はかならず血肉になるので^^

 

それにしても3歩進んで2歩下がるとイメージして謙虚に学ぶというルールはわかりやすくて良いですよね。これを知っているだけで勉強をする意欲がわいたり、楽しく学べますよね。

 

着実に積み重ねている感が自信になって、より行動をするきっかけにもなると思うんです。

 

今日から真似ることができる復習のコツ

じゃあ実際にどのように復習をしていけばいいのかを解説してみます。

 

音声であれば、メモをして何度も何度も体に染み付くまで聴き返す。 移動中とかは常にBGMとして常時イヤホンから流しておくくらい聴き込む。

 

記事であれば、最低10回は見返してみる。 でも、1度に10回みるのは大変だし飽きてしまうので、朝に2回みて寝る前にもう1回読んでみる。

それで翌朝に3回通して読み返す。 こんなふうに時間をかけて回数をわけて復習すれば、記憶が定着しやすいのでおすすめ。 あくまで一例なので回数やタイミングは自分ができる範囲ではじめてみてくださいね。

回数は目安ですが、これ以上多くてもいいですし、少なくてもいいでしょう。

 

僕は、「なるべく短時間で細かく復習する」ってのが挫折予防になるとおもっているので、10分以内で読めるコンテンツであれば1度に1〜2回読むだけでも全然OKだとおもってます。

 

逆に1回読むのに30分とかかかるPDFファイルを2回も3回も読むのはしんどいですよねw

辛いと挫折しちゃうので、1回だけでいいから読む。 を意識してみるといいかも(^o^)

多分イヤになってしばらく手を付けなくなっちゃうと思うんですよ・・・ 僕が経験済みなので(笑)

 

欲張りすぎず、張り切りすぎず着実に3歩進んで2歩下がるを繰り返すことをイメージすればいいと思っているので、ムリなく1週間とか継続すればかなり記憶に定着します。

 

ずーーーっと読み返すことばかりだと飽きてしまうので、読んだあとにtwitter、Facebookで思考をつぶやいたり、投稿してもいいとおもいます。

そこで一旦かるくまとめておいて・・

 

最後に、音声もしくは記事にして情報発信をする。ここまでやれば知識は知恵に昇華してあなたの血肉になっています。

最初にもお伝えしたように、人に教えたり、記事にして書けるということは理解しているからこそできるのです^^

 

むかしの僕のように、友達に本で読んだ知識を教えてあげられなかった状態ですと、学習がまだ足りてないことになりますが、

話したり、書けたりするならばそれは血肉となって身についています。 3歩進んで2歩下がるをしつこく繰り返すことで足された+1歩が形になった瞬間ですね(^o^) こういうときって一番楽しくてやりがいを感じますよね。

 

楽しいから新しい学びを欲する。 こうなれば良い循環がおきるのでどんどんインプットとアウトプットができるようになります。

つねに3歩進んで2歩下がるをテーマにして謙虚に学んでいけたら素晴らしいですよね。

自戒の念を込めて、記事とさせていただきました!お読みいただきありがとうございますm(_ _