雑談

僕は作業に集中できないと感じた瞬間に散歩へいきます。

とりあえずパソコンの前に座って、100文字文章を書くこと目標にして作業開始。

1分くらいまじで文章かいて、もう頭も手もやっぱり動かね〜って思ったらそこから移動する。

 

僕の場合は、仕事する部屋をつくっているのでデスクから立ち上がり部屋から出ます。 そのまま家にいてもどうせスマホとか見て時間をムダにしちゃうから、

そういうときは、散歩へいきます。

散歩へいくと、歩いているだけでちょっと体が元気になってきたりします。不思議と。

目が疲れていても景色をみていると徐々に楽になってきたり。

20分ほどのんびり歩いていると、なぜか少しづつやる気が出てくることがあります。 そのまま進行方向を変えて自宅に向かい帰宅。 勢いのままデスクに向かう。 さっきまで書いていた途中の文章を書き始める。

「あれ? さっきはあれほどやる気でなかったのに今は違うぞ」

こういったこと結構あるんですよね^^

家にこもってばかりいると、やる気なんて出てこないしずっと座っているだけのことが多いので(自分は)

さらにだるくなったり、眠気がきて3時間爆睡とかしょっちゅうありました(苦笑)

でも、ちょっと外へ移動して歩いてみる。 仕事のことは考えずただ自分が住んでいる街を散歩していると、少しだけ思考が軽くなって、狭くなちがちだった視野が広がる気がします。

多分じっさいに広がっているというか、家にいて何もしていないときに視野がぎゅうぎゅうに小さく固められている感じになってて、それが開放されるようなイメージ。

ちょっと散歩してみるだけで、ほんと変わるのでおすすめです。

今では、朝にかならず散歩をするのが自分のルールとなっています。

もう散歩を習慣にしてからは、体の不調が減ったし生活リズムも安定して良いことばかり^^ 寝不足でイライラする朝もなくなったし、リズムができているから目覚ましなんて要らない!

作業中は猫背気味だったけど、まいにちしっかり歩いているおかげか自然な姿勢にかってに矯正された。

さらには、気分の浮き沈みがなくなった。 なくなったというよりもコントロールできるようになったという表現がふさわしいかもしれません。

・調子を悪くする習慣をあらかじめ対策しておく
・調子を整える習慣を毎日ルール化してやる

この2つをちょっぴり意識してやると、毎日がほんとに良くなります。 もう昔みたいに目とか体の不調からくる気分の浮き沈みなんて体験したくないですからね^^;

最初は、いろいろ対策をやってみたけど、

すぐに挫折しちゃったり、途中でやめてしまったこともありました。

でも、少しでもいいから継続しているうちに続けることに苦労しなくなり、 じょじょに体が覚えていくので、悪いクセもなくなっていく。 さらには良いコンディションを作るために意識を向けられるようになった。

僕はすぐに挫折しちゃうので、ルールとして「1分でもいいからやってみる」をこころがけています。

ブログ記事だったら、文章を書けそうなところを100文字だけチャレンジしてみたり、
自宅にいて意欲がなく、気持ち的にどんよりしてきたら1分外へ行くとか。

僕の場合はマンションから出るのも面倒くさかったので、ある日は配達ボックスがあるマンション内まで歩くこともありました。

距離にして1分とか100メートルもないレベルなのですが、けっこうメンタル的に変わったんですよね^^

「ちょっとこのまま外へ行ってみるか」 という気分になりそのままカギだけ持って外へ。

持ち物はカギだけだから、当然スマホもないし現金すら持ち合わせていない。 電車は乗れない。コンビニでコーヒーすら買うことができないけれど、意外とそういうときって楽しく新鮮に感じるんですよね。不思議と!

いつもだったら、散歩コースにあるセブンでホットコーヒー(R)を買って飲みながらスマホで音声学習をしているのに。 と考えてみるとちょっと変な感じです(笑)

ちょっと小腹が空いたらすぐに立ち寄れる飲食店がまわりに沢山あるのに、お金を1円も所持してないから買えない。

なんだか小学生2年のころ、学校から帰ってきて放課後に、

めちゃくちゃお腹が空いていて、近所の駄菓子屋でだいすきな「らーめんじじい」を買いたいけど、持っているお金が1円もなくて買えなかったときのもどかしさを思い出したりw

あ、ラーメンじじいというのはこんなパッケージの駄菓子です。

ベビースターラーメンのちょっと辛いバージョン的な? 残念ながら生産終了しているのでどこにも売ってないそう。

大人になった今はほとんど食べたいという気持ちがなくなったけど(´;ω;`)

実はラーメンじじいは昔パッケージデザインがちょっと違って、イメージカラーは紫でした。この時代のラーメンじじいを知っているあなたは、ラーメンじじいマスターです。

・・・・・・かなり話がそれてしまいました。 ごめんなさい:D

とりあえずやってみる

少しでもいいから取り組み始める。

作業で辛くなったときは散歩へ行ってみたらいいし、歩くのは1分とかでも全然OK。

それが意味ないとか思っていたら、ほんとに意味がなくなるけど、ただ無心で歩いていれば自然と体とか頭のだるさがちょっと抜ける感じがします。

ずーーーっと同じ平面なPCの画面をみつづけていると脳も疲弊してくるので、

なんだか気分が下がったり、頭がボーーッとするのは当たり前の現象です。

そんなときに外の景色をみて、ぼけーっとするだけで気分が入れ替わるのでおすすめ。

作業しなきゃ、作業しなきゃって焦れば焦るほど挫折の原因になるし、挫折したら挫折したであとで後悔をして自分を攻めてしまう人もいるので、もったいないなあと。

だから100文字とか、1分だけでいいから気分転換をするために何かをやり始めてみるってのがいいとおもいます。

仕事に煮詰まったら5分散歩しよう。
じゃあついでにゴミ捨てるか。 自販機でいろはすかうか〜とか。

あ〜今日は友達と遊んでたのしかったからこのまま寝るか。ってなるときは、
面倒だけど100文字だけ文章書いてみるか〜。 で、100文字だけほんとに書いてみる。

たまーに気分が乗ってきてそのまま1000文字とか書いちゃうかも!? 作業興奮の仕組みを利用してかなり楽に働けるかもしれません。

何もせず寝ていた日とそうでない日は、積み重ねていくとかなりの差になるのでこういったことをバカにせず、一度すなおにやってみてください^^

僕がトレンドアフィリエイトを教えている方で、大学生の人がいるのですが、

大学のゼミの課題と人間関係で疲れたときは、100文字だけ文章を書いてから寝るってのをルールにしているそうです。

これをルールにしてからは自然と作業する習慣がついちゃったみたいで、

昔の自分がありえないと感じるほど、作業しまくっていて本人もびっくりしているみたいですw その間に積み重ねたコンテンツからアクセスが集まり、まいにち収益を自動で得ています。 これだけで頑張った甲斐がありますもんね。

面倒だから寝ていると、今はないわけで・・・

ほんの小さな一歩行動するってのは甘くみられがちだけど、マジで馬鹿にできないなあとつくづく思った次第です(^o^)丿

100文字だけ書いてみない?