おすすめコンテンツ

アダルトブログを1日25記事投稿してわかったこと

こんにちは!大関です。

僕は前回、「1記事入魂で割と人生は変わる。」という記事を書きました。

 

内容はここで割愛をしますが、小手先の芸能トレンドブログを運営して初月から勢いよく稼いだものの半年後にペナルティを食らって強制終了したという過去があります。

アフィリエイトに取り組み始めた初年度に起きたことなので、いまでも鮮明に覚えています。

 

50万円くらいの収益源を失ったので、悲しかったけれど開放感もあり、より一層気合をいれて正攻法なアフィリエイトをやろうと決意した瞬間でもありました。

 

しかし、僕はその直後にトレンドトレンドアフィリエイトとはちょっと方向性の違う、アダルトブログの運営にこっそりチャレンジしたのです。

(正確には、資産となるブログ運営とアダルトブログ運営を同時並行でスタートしました)

 

その当時、鬼のように連日アダルトブログを更新しました。 1日に5記事とかそういったレベルではなく、20とか30記事くらい投稿していたのです。

打率よりも打席に立つ回数を増やすことを意識して取り組んだアダルトアフィリエイトのちょっとした一幕をエピソードにして振りかえってみました。

 

軽いテイストで書いていくため、「なるほどね〜」という軽いノリで読んでいただければ嬉しいです!!

アダルトブログの情報商材を購入していたことがきっかけで挑戦することに

大関がアダルトブログ運営にチャレンジした理由は2つ。

アダルトアフィの情報商材を購入して放置していた
アダルトアフィリ特有の報酬制度を知り稼げそうだと思った

なんとも、浅い考えからノリでスタートしたわけですが、当時の僕はアフィリエイトに対する情熱が燃えたぎっていたので猛烈に挑戦することを決意。 一人ブラック企業状態で、朝起きて寝るまでの時間をすべて作業に当てていました。

 

ろくに休憩もせずに、ひたすらコンテンツ投稿をする日々。

アダルトブログは3ヶ月で結果が出なかったらやめようと決意し、とりあえず結果うんぬんは置いといて3ヶ月必死に更新しまくることを意識していました。

 

まず最初に5つの独自ドメインを取得して、5ジャンルのアダルトブログを開始。 初期費用にあまりお金をかけたくなかったので、独自ドメインは初年度250年くらいでレンタルできる「.info」を選択。

 

アダルトアフィリエイトの中で、もっともカンタンな有料動画を売ることにした。

アダルトアフィリエイトは、出会い系の無料登録で1件3000円とか4000円の案件がたくさんある。しかし、ライバルも多いため、まずは動画販売からスタートしました。
無◯正◯画は、海外サーバーとの契約だったり、初期費用が高くなるから選ばなかった。

 

基本的にアダルト動画の有料販売の報酬利率はこんな感じ。

売れたら動画販売料金の30%前後の報酬
関連動画が売れても報酬になる
ユーザーがはじめての購入だったら+1000円
月額課金であれば継続している期間は毎月報酬発生
紹介したユーザーの今後の商品購入金額の10〜20%の報酬が半永久的に受け取れる

 

ASPや商品によってばらつきがあるけど、大雑把にいうならこのような感じです。 アドセンス広告のみで収益化するブログよりは収益性が非常に高い。 そして、アクセス数に依存しないブログ運営ができるため、1日10アクセスでも1つ動画が売れれば1000円以上の報酬にもなる。

 

とくに後半の2つは、アダルトアフィリエイトならではですね。 継続的な課金はアドセンスしかやったことない僕にとっては魅力的な報酬体系でした。

アダルトブログを5つ同時並行で鬼のように更新してみた結果…

5つのブログを毎日それぞれ5記事づつ更新することを決めました。

多少の誤差はあるけど、1記事1000文字くらいなので25記事で2万5千文字。 それほど文章量や質が求められないアダルトブログ運営だったので、ライティングをするということに苦労はなかったです。

 

しかし、1日に何度もチェックするアダルト動画や画像を見るのがイヤになる日もありました。笑

何がイヤになるかというと、「もうアダルト画像を見たくない」という感情にな...  ちなみに、性的な衝動や誘惑はほぼないに等しい。 自覚していないだけなのかもしれないが、1日25記事更新するというルールがあるため、いちいち真剣に画像や動画をチェックしていなかったのが幸いしたのかもしれません。

 

アダルトブログ運営をしていない人からすると「精神的にキツくなることってないんですか?」と疑問に思うかもしれないが、案外やってみるとなんてことないです。

とはいえ、自分が扱っているジャンルの動画をプライベートで目にしたくないという感情になったことはありました。

 

しょうもない話は置いといて、本題へ戻りますね・・

結論からいってしまうと、5つのアダルトブログを1ヶ月更新した時点で8万円ほどの成果報酬が発生しました。 当時の僕としてはホッとしたというよりも、これだけ数をこなせば当然だよな..と思ってしまうほど体力的にボロボロでした(笑)

 

ちなみに、現在はすでにアダルトブログの運営からは卒業しています。 とはいっても、アダルトアフィリ特有の継続報酬が毎月(多少の金額は)振り込まれている状態です。 累計でそこそこリターンを得たのでこのチャンレジは結果的にいえば成功しました。

【悲報】アダルト動画レビューブログを2ヶ月で辞める

3ヶ月毎日25記事更新という目標を掲げましたが、2ヶ月間やりきったところで終了しました。 ときに作業できないくらいダウンした日もあったので約60日間で1000記事ちょい投稿しました。

 

動画レビューブログは買ってもいないし、見てもいないので、読者さんが興味を抱く表現をいかに文章や画像でアピールするかがポイント。 ぶっちゃけると、有料動画を購入するユーザーさんにとって、僕の書く文章なんてほぼ視界に入っておらず、重視もしていないのです。

だからこそ、アダルトブログは楽だけどつまらないという特徴がある。

 

2ヶ月目には10万円を超える成果報酬が発生。 なんとかこのあとも生活をしていけそうだ・・・というレベルにまで復活することができたのです。 この時点で大関のアフィリエイト取り組み開始から9ヶ月目くらいのエピソードになる。

 

アドセンスブログを運営していた9ヶ月前には、初月から右肩上がりで稼げたので1年後には何百万円稼げているんだろうと妄想していましたが、まさか半年もしなうちに、アダルトブログを更新しまくる展開になるとは思いもしなかったです。笑

 

当時は、いまよりずっと無謀で力任せなやる気があったので1日12時間くらいライティングをして疲れまくっても、寝て起きれば全回復するくらい丈夫でした。(現在は鍛えているので健康ですが、当時は勢い任せと若さに甘えた戦略だったので長期的にみるとムリがありすぎた)

 

ちなみに、僕は2ヶ月でレビューブログは辞めちゃったけど、出◯◯系の無料登録ブログにも手を出してみました。 ここでは長くなるので書かないけど、そこそこ苦労しました(笑)

勢い任せで2ヶ月で1000記事投稿してわかったこと

アダルトアフィリエイトを通じて学んだことは、

・商材によって売り方は千差万別
・長期的に繁栄するブログ、短期で枯れるブログの違いを学んだ
・キャッシュポイントを複数持つ重要性に気がついた
・打率より打席に立つ回数を意識したほうが結果が出る

学びはたくさんありましたが、1番大きな収穫は「何を(モノ、サービス)売るかによって求められている要素が違う」ということ。

 

例えば、芸能トレンドブログであれば求められているのは「情報」です。 信憑性が薄かろうが、検索エンジンを利用するユーザーが入力したキーワードに対して、適切なコンテンツ(情報)を届けることが重要である。

 

むしろ、それ以外は求められていない。 もしも、記事内で関係のない自分語りなどしてしまえば1秒で離脱される。

端的にいえば、「お前の話なんてどうでもいいんだよ」と思われてしまう。

 

アダルトブログの場合は、検索者が「欲望」をギラギラとみなぎっている状態なので、求められているのは論理的なレビュー文章ではないことは明らかですよね。

僕がやるべきは、検索者の欲望を満たせる動画を最速最短で紹介するのみ。

 

シンプルにいえば、検索者が動画販売ページへ移動するための橋の役割。 踏み台となりさくっと誘導してあげることを意識していました。

そこに理路整然とした文章は求められていない。 どれだけ長文を書こうが、求められていなければ意味がないことを学びました。

 

だからこそ1記事1000文字前後でも、しっかり検索者の需要を満たして価値を提供をしたのでアフィリエイト報酬をを獲得することができた。 テキトーに1000文字書くだけじゃ意味はないけど、ユーザー側の立場になりきって記事を構成していくと1000文字以下で十分だという結論に辿り着いたのです。

 

これは、ビジネス全般で言えますが、自己満的な努力は一切意味を成さないということ。 1日25記事更新というのは、作業ゲーではあるものの、実る努力なので数を打たば打つほど当然お金になる。

逆に、要求されていないことを頭を使わずにひたすら数を打っても意味がなくなる。

 

はたから見ると同じ作業に見えたとしても、ちょっとずれるだけで悲劇になってしまうから恐ろしい・・・。 僕はアダルトブログ運営をする過程で、適切な努力を学びました。 そして、自分の強みを活かしてセールスするのではなく、需要に対して誠実に対応する記事の書き方を学びました。 99%のユーザーは、AVの目利きがすごい人間の文章なんて求めていないですからね(笑)

 

アフィリエイトをはじめる前の僕は、「時間、努力、情熱」をかければ何でも素晴らしいことである。という錯覚をしていたけど、

どうせ行動するならば、知恵を出して相手が喜んでくれることで努力したほうがお互いに幸せになれますよね。

 

何も考えず数を積み重ねる
知恵を出して数を積み重ねる

両者は同じ1を積み上げているように見えても、時間が経てば圧倒的な差になります。

まだまだシェアしたい内容がたくさんあるのですが、軽い気持ちで読んでほしいといったのに長くなるとうざいですよね。 ですので、もうここらへんで終わりにしようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です