最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

記事の文字数が多いと検索上位に君臨するという法則は都市伝説

むかしの僕は、トレンドアフィリエイトの記事は最低でも3000文字以上を目標に文章作ってました。

当然ですが3000文字ってのはそこそこハードルが高いです。

で結局ぼくはハードル高すぎて挫折しちゃうんですよね。その過程で学んだことを書いてみます。

 

文字数は記事の質に比例はしないぞ

記事の文字数が多いと検索上位に君臨するという法則は、もはや都市伝説です!

「いやいや、検索上位にいるサイトの記事は例外なく文字数が多いですよ?!」

って思われるかもしれません。

 

たしかに検索上位にくるようなサイトの記事は5000文字とかふつーにありますよね。とくにアフィリエイトサイトは。

でもこれって順番が逆なんですよ!

 

文字数が多いから検索上位にヒットするのではなく、ユーザーの検索意図に合った内容を記事にしてるから自然と上にあがっていくのです。

つまり、文字数を増やすから上位表示するってことじゃないのです。

 

それよりもまずは検索意図にあったコンテンツを準備しておくことから始めるべきなんです。

例えば、「トレンドアフィリエイト 今から始めても結果が出る?」

こんなキーワードで記事を書くとします。

 

でも文字数を意識するあまり、ユーザーが知りたいことをシカトして、自分が語れる範囲で文章書いているとしたらどうなるでしょうか。

文字数は3000文字とかいけるけど、まったく検索にヒットしない記事になります。

 

なんかの間違いで一時的に上がっても、ユーザーは興味のない記事はソッコー離れていくので自然と順位が低下していきます。検索エンジンもバカじゃないので。

 

こういうとき自分に当てはめてみるとめっちゃわかりやすいです。

あなたがGoogleで調べごとしてるとき、とりあえず思い当たるキーワードを入力して検索しますよね。

そこでとりあえず1ページ目に表示されたページからタイトルとかぱっと見て目的にあったサイトを探すはず。

 

まずは検索1位とか2位とかにあるサイトにアクセスことが多いと思うんです。

でもそのサイトの記事が知りたいこと書いてなさそうな雰囲気だったら、2秒くらいで判断して離脱しちゃいますよね w

 

もうちょい読んであげるか。いい事書いてあるかもしれないし。

なんて面倒なことしないですよね(笑)

 

でも、記事を書く側になると、大事なことがスッポリ抜け落ちる人が多い。

 

むかしの僕なんて典型的な例。

 

1つの記事を3000文字以上書くとか意味わからんルール作ったせいで、内容はチンプンカンプンになってるし、ムダな情報いれて記事の質を落とす羽目に。

 

文字数だけ意識するとあなたの記事は一瞬にしてオワコンになります。

ユーザーが求めている大事な部分からズレちゃうので、記事の完成を文字数で判断するのは絶対にダメ!

 

極端なことを言えば1000文字以内でも検索意図にマッチしていればコンテンツとしては成立してますよね。

 

少ない文字数かつ弱いブログになると上位表示が難しいという事情があるので、文字数を気にしちゃう人が増えるんですね。

でもココで変な方向へいってしまうと大切なことが疎かになってずれまくる。だから記事を書いても書いても成果に結びつかない。

 

僕もこんな状態になって挫折したことがあります。

大切なことからズレずに記事の内容を充実させるためには、テーマを深く掘り下げてライバルサイトと差別化が必要です。

 

みんなが、みんな同じ切り口で記事書いているとGoogleからすれば評価する理由がないですからね。みんな揃って低位に沈殿され続けます。

 

次回はこのテーマを掘り下げるときに意識するといいことを書いてみたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント