トレンドアフィリエイト

文章の結論は頭に!ユーザーは小説を読みたいわけじゃない。

先日、格闘技のKO集的な動画をYouTubeでみました。

その動画はキックボクシングの神童とよばれる那須川天心選手のものでした。 僕は楽しみながら動画をみて、ただただ圧倒的な強さに驚いてたのですが、

1つ疑問に思ったことがありました。

 

この那須川天心って人はどのくらい強いのか? 神童と呼ばれるくらいだから無敗なのかな?と思いGoogleで検索したのです。

過去の戦績や無敗なのかをチェックしたくて、キーワードを入力しました。

すると、1位のページに僕が求めている答えが乗っていそうだったので迷わずクリックしました。

 

検索ユーザーは我慢しない、もったいぶると読まれない

僕がアクセスしたページはトレンドアフィリエイトをしている方のスポーツサイトでした。

那須川天心さんが、無敗なのか、過去の戦績が気になったのでどこにあるのかな〜ってページをスクロールしていたのですが、一向に見当たらないのです・・・・

 

実はこのページには、それっぽい内容を見出しで書いているのです。

例えば「那須川天心は無敗?」とか「那須川天心の過去の戦績は?」 など僕が探している情報がまるで書いてあるかのような見出し文があるけど、

じっさいにスクロールして読んでいっても見つからない・・・

 

このブログ運営者はキーワードを意識するあまり、かなり情報を盛ってしまい、たいせつな結論を後回しにしてもったいぶっていたのです。

僕は、情報を提供する側のことも理解しているのでこれじゃあダメだなあ。 と冷静に分析することができますが、

 

一般の検索ユーザーをなめてはいけません。

 

まずは結論を頭に持ってきてない記事を最後までていねいには絶対読んでくれない。 これが前提条件です。

そもそもネットという媒体は、基本流し見です。

 

僕たちも、ネット上にあるコンテンツを閲覧するときはすべて通読してはいないですよね。 むしろ、一般のユーザーよりも素早く情報を判断して切り捨てているかもしれない。

読み手である検索ユーザーは、あなたの小説を見たくてブログへアクセスしているわけではありません。

トレンドアフィリエイトでは特に。

 

あなたの物語を楽しみにアクセスしてきているのはファンだけです。 検索エンジン経由でアクセスしてきているユーザーは疑問を解決したくてとりあえずあなたの記事を読んでいます。

 

逆にいえば、疑問や求めている答えが書いていればあなたのブログじゃなくてもいいし、文章が下手くそでもいい。

「とりあえず情報をちょうだい!」 って状態です。

 

それなのに、先ほど例にだした那須川天心の戦績が載っていそうでのっていない記事は、

・情報を後出しにする
・それっぽい見出しでだまして読者を混乱させる
・結局最後まで見ても求めている答えは書いてなかった

 

一応ぼくもこうして記事にするからには、間違いがあってはいけないと思い。

上から下まで文章をもう一度ていねいに読み込んでみたけど、やっぱり具体的な情報はありませんでした。

 

例えるならば、それっぽい上辺の情報だけを集めてテキトーに切り貼りして文字数を稼いでる状態。

 

実際にキーワード検索で1位になっているので、今はアクセスが集まりますが結局は下がっていくことでしょう。

検索ユーザーは、待たない・読まないが基本です。

 

僕たちの文章なんか興味がないのですから、知りたい情報さえサクッと手に入ればユーザーは満足するのです。 逆にいえば、ユーザーに価値を提供してあげることができるとしたら、求めている情報をなるべく早くわかりやすく渡してあげること。

これができていないブログは離脱率がめちゃくちゃ高いし、アクセス解析だけみるとPVはそれなりに高いけどそれ以上の展開にはいけないのです。

 

ページの精読率や巡回率が低いと、サイト全体の評価が下がってしまいます。

Googleからみても、「このサイトはアクセスは集まるけど、ユーザーの大半はほとんどコンテンツを読んでいないな」と判断しちゃいます。

 

そうなればGoogle先生からすれば、「このサイトを上位に表示しておくことは、ユーザーにとって不利益なのでは?」と考えます。

だってユーザーの大半がページにアクセスして速攻離脱して、別のサイトに移動しているデータが判明してるなら、もはや検索上位から消しちゃったほうがユーザーの利便性は確実に向上します。

 

結論を記事の一番最初にもってくる

 

トレンドアフィリエイト記事は、結論をアタマに持ってくるのを徹底する。

 

ブログにたくさんファンがついていて、あなたの情報発信を楽しみにしてアクセスしているユーザーが大半であれば気にする必要はありません。

 

しかし、SEO経由で検索エンジンから集客しているブログであれば記事の構成は徹底しておく必要があります。

なぜなら、最初にも言ったように検索ユーザーはあなたの小説を読みに来ているのではなく、自分の疑問を解決するために情報を求めているからです。

 

僕たちは、そういったユーザーに早く・わかりやすくをモットーに情報をプレゼントしてあげることが重要です!

それがユーザーにとって価値となります。 このサイトで自分が知りたいことを一発でかいけつすることができた。 となればこっちの勝ちです!

 

そこからテーマを更に深掘りをして、おもしろい視点やわかりやすい文章で記事を展開していけば、ユーザーも興味をもって読み進めてくれるはずです。

それが滞在率や直帰率などの数字に現れます。

とまあ、ここまでは基本ですよね!

 

とくに、PRIDEでトレンドアフィリエイトを学んでいる人からすれば耳にたこレベルだとおもいます(笑)

今回はさらに僕が意識していることを合わせて紹介しておきますね!

 

記事を書く前にユーザーの気持ちになってみる

 

僕はトレンド記事を作りまくっていたときは、かなりのスピードで記事を書き上げてました。

でも、これだけは絶対に抜け落ちちゃマズイよなというポイントだけはしっかり抑えるように意識してたのです。

 

それは、必ず書く前に検索ユーザーの気持ちになって考える 。 というもの。

 

「ユーザーの気持ちになるってどういうことなのか?」

僕たちは、情報を提供する側にまわってしまうとそれだけで精一杯になってついついお客さんとなる読み手側の視点が抜け落てしまうことがあります。

これをミスってしまうと空回り。

 

検索上位にヒットするかもしれないけど、読まれない。 だから広告が露出する機会もへって収益にも影響したり。 ときにはサイトの評価を落としてしまうことも。

 

僕はかならず記事を書くまえに、このキーワードで検索するユーザーはどのような答えを望んでいるか? を絶対考えます。

 

PRIDEにも書いてありますが、記事を書くことに集中しすぎて忘れている人が多いのでもう一度僕なりの意見を混ぜ合わせて書いてみます。

先ほど例にあげた「那須川天心 戦績」 「那須川天心 無敗」 このようなキーワードであれば検索してくるユーザーは間違いなく「那須川選手の過去の戦績や負けた事があるのか?」を知りたがっているはず。

 

じゃあ、ここを中心に情報を肉付けをして記事をつくっていけば検索ユーザーのもとめているものを提供できるはず。 と考えることができますよね!

しかし、これだけではまだ甘い。

 

大事なのは結論を記事のアタマに持ってくること。

流れとしては、このようになります。

(1)記事タイトル
(2)記事の導入文
(3)結論
(4)テーマの掘り下げ

 

これが逆になると、先ほど僕が見ていらいらいしちゃう記事になってしまうのです・・・・

情報の出し惜しみダメ、ゼッタイ。

 

スマホが主流となっている今の時代では、情報なんてめちゃめちゃ早いスピードで流し見されます。 とくに若い世代では、小学生になるまえから当たり前のようにスマホやネットに触れています。

 

そうなればネットの使い方もエグいほど上手ですし、情報処理も力の抜いてサクサクやります。

まあ、情報を吸収しているかはさておき、「この記事には自分の求めている内容があるのか?」 を判断するのは3秒とか5秒でやってしまうので、出し惜しみしている記事は速攻離脱されます。

 

検索ユーザーは、僕たちの文章を最後まで読むつもりなど最初からありません^^;

だからこそ、最初に結論をもってきてあげる。
これがユーザーへの愛情になるし、トレンド記事で価値を提供することになる。

 

文章が面白いとか、読ませる文章術もゼッタイ必要なのはわかります。 まず検索ユーザーの気持ちになって最低限求めていることに速攻で返してあげることに価値があるんですよね(^O^)

 

PS

今回はすこし厳しいと感じる内容だったかもしれません。

人によっては、「え〜こんなに厳しいの?!」とおもい記事作成にハードルを感じてしまうこともあるでしょう。

しかし・・・

ユーザーの常識と記事を提供する側のアフィリエイターの常識がすこしでもズレはじめてしまうと、やがて大きな溝が生まれます。

 

だから、なるべく早い段階でこのマインドセットを自分の常識にしてコンテンツを提供していく必要があります。

 

最初は難しく見えてしまう。

でも、慣れてしまえば「そんなの当たり前でしょ〜」ってレベルになります^^

そのレベルに達せば、当然ですが収益もアクセスも思う存分手に入っていることでしょう。

まだ結果が出ておらず悪戦苦闘している方は、この記事を何度も復習をしてみてください。

 

これを当たり前のマインドにしてコンテンツ提供できるようになれば、面白いくらいアクセスも伸びるし、読者からの反応が増えます。

僕はある運動のジャンルでブログを作っています。

そのブログは60記事ほどしかないのですが、1日のPVは1万以上あって毎日めちゃめちゃコメントが来るブログに成長しました。

アドセンスだけじゃなくAmazonアソシエイトも使っているので収益もしっかり確保しています。

 

特別なことをしているわけでもなくて、検索ユーザーを第一に考えて試行錯誤して作った結果めちゃめちゃ反応がとれるブログになったのです。

こうなるとブログ運営も楽しいし、なによりやりがいが出るので、より良いコンテンツを読者さんに提供したい! って気持ちになります。

 

いやいやお金のために作業しなくても済むので、ほんとうに充実しますよ。 だからこそ、最初は検索ユーザーさんに価値をしっかり提供するために考えながら記事を作ってみてください。

慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、効果は絶大です

それでは! 最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m