最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

「7年前のHIKAKINさんの動画」下手でも世に出す重要性について

YouTuberヒカキン。

今じゃYouTubeを利用している人であれば、
ほとんどの人が知っている人物です。

興味あるかないかは一旦置いといて、
純粋にコンテンツ提供者としてHIKAKINさんって凄いですよね。

この前ひさしぶりにHIKAKINさんの過去動画をみてました。
そのときに感じたことを書いてみたいとおもいます。

コンテンツを作っている人はHIKAKINさんから
学べることだらけです。この人ほんとヤバイです。

下手でもいいから世にコンテンツを出す

HIKAKINさんをはじめて知ったのは6年前くらいです。

まだ、スマホもそれほど普及しておらずPCをメインでYouTubeみてました。
その当時はぎりガラケーを持っていて、
ガラケーでYouTubeをみようとすればめちゃくちゃ重いw

そして、圧倒的に動画が分割されるので
15秒毎に見たりしていましたw

今では高画質で外にいても余裕できれいに見れますが、
当時はPCでYouTubeを見ている人が多かったと思います。

僕はまだその頃起業しておらず、
一般人としてHIKAKINをみていました。

その当時ですでに数万人の登録者数がいて、
すでにかなりの有名投稿者だったとおもいます。

YouTuberっていう単語も当時はないし、
日常的にYouTubeを利用している人も今と比べると
かなり少なかった時代です。

HIKAKINのチャンネル登録者数10万人超えしたときに、
「やべ〜、凄すぎる」と感動していたくらいです。

もちろん登録者数10万人というのはめちゃくちゃ凄い数字です。

でも今の時代だと凄いチャンネルが多すぎて
感覚がある意味で狂ってしまいますよね〜。

で、本題はここからです。

先日HIKAKINさんの過去動画をたまたま見たのですが、
久しぶりに当時6年目の動画をみてみると、
「今とくらべてめちゃくちゃ質が低い!」

・・ということに気が付きました。

そりゃそうだろって言われるかもしれませんが、
あらためて数年ぶりにみると、恐ろしい違いです。

例えばこの動画をみてください。

HIKAKINのメインチャンネルが開設してから約2ヶ月後の投稿です。

その前に、ビートボックスチャンネルもあるのですが、
日常系の動画コンテンツはすべてヒカキンチャンネルにて投稿してます。

動画をぱっと見てみた感じどうでしょうか・・・?

・無編集!
・サムネが手抜き
・タイトルめっちゃてきとー

こんな感じで、いまのヒカキンさんの動画と比較してみると
圧倒的に質が違いますよね。

質が低いというのは、つまらないとかそういったことじゃなく、
2018年現在と比較すると全然違いますよねってことです。

ネットビジネスでも完璧主義の人はたくさんいますよね。

例えば・・・

・文章が上手になってから記事を書く
・マーケティングを学んでから商品つくる
・デザインを学んでからブログつくる
・稼いでから情報発信をする
・実績を作ってからメルマガはじめる

このような感じで、完璧主義になってしまい、
結局なにもしないまま時間だけが過ぎるパターンが多いです。

でもこれめっちゃモッタイナイですよね。

2018年までずっと日本のYouTubeを牽引している人物でさえ、
最初はこんな状態から投稿をスタートしています。

編集もしていなければ、タイトルも適当なのです。

タイトルがめちゃくちゃなので、
チャンネル登録者数550万人いるYouTuberとは思えないほどの
再生回数を記録しています。

(まあ、単純にキーワードに需要がないこともあるけど)

下手くそでもいいから世にだす。そして質を高めていく。

たまに、「ネットビジネスは質と量どちらをとるか」という
質問をされることがありますが、どちらも大事。

でも、質を優先すると数がこなせないし
完璧主義が発動してなにもできないパターンが多い。

僕も完璧主義を発動してサイトを作るまでに
ゴタゴタと時間を浪費したことがあります。

質なんて数をこなしていれば自然と高くなります。

頭をボーッとさせて作業をしているだけじゃ意味ないけど、
例えば記事を書くことであれば、1記事目よりも100記事目。
100記事よりも110記事目が上手くなっているはず。

大切なのは、考える・学ぶをセットにすることです。

アウトプット(吐き出す)とインプット(入れる)はセットと言われますが、
記事を書くというアウトプットをしているときも、
常に勉強をしてネタや知識を吸収しておく。

そして文章を書くときに実践してみる。

文章を上手くなりたい人が、文章術の本だけを読んでもダメ。

文章術の本でインプットしたら、下手でもいいから書く。
そしてまた学ぶ。この繰り返しで数を積み重ねれば
質につながっていくのです。

これはヒカキンさんも同じです。

先ほどの、2011年いまから7年以上まえの動画と
今年の動画を比較してみましょう。

質が全然ちがいますよね。

・タイトルがハッキリしている
・編集もこっている
・声や表情も違う
・サムネすごい

すべてが初心者に真似できないレベルで良い動画ですよね。

しかし、ヒカキンさんも最初から完璧主義で
「かっこいい動画を撮影できるテクニックをつけてから投稿するわ」
って考えていたら、いまの状態はありえないですよねw

いや〜まじでヒカキンさんの投稿者魂と熱量には圧巻されますね。
学ぶところだらけで、業界が違えど本当にすごいです。

別にあなたがヒカキンのことを嫌いでも興味なくても、
単純に、コンテンツ提供者として彼をみれば、
かなり学べるところがあるのではないでしょうか。

昔は、1日2つの動画を更新していましたらからね(笑)

まじで半端ないです。

僕たちは文章とか音声で情報発信できますが、
動画だと顔を出さないといけないので
それなりの準備もいるし、いろいろ大変。

その中で、とりあえず毎日2つの動画を配信するっていうのは、
とてつもないエネルギー量が必要です。

しかも毎日更新ですからね。

僕も下手でもいいから学んで世に出すを意識して、
常日頃から素直に取り組むようにしています。

そう考えるだけでよけいなプライドは吹き飛ぶし、
行動もサクサク簡単にできる。

「今のうちにやっておくか〜」と、
時間があれば、その間にサクッとやる。
ムリに頑張ろうとか気を使わずに動けるようになるのでおすすめです。

PS

「HIKAKINさんすげ〜」という感じの記事になりましたが、
なぜかHIKAKINさんの動画は豆乳のコンテンツが多い(笑)

豆乳が大好きみたいですね。
そういやこの前お土産で、無調整豆乳をもらいました。

はじめて飲んだけど、ザ豆乳って感じでうまかったです。

この後は、さくっとカフェにでもいってコンテンツを作ろうと思います(^q^)

コメント

  1. […] →「7年前のHIKAKINさんの動画」下手でも世にだす重要性について […]