最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

情報発信の練習の場としてツイッターがおすすめ!

ネットビジネス

普段からアウトプットできていますか・・?

まだ情報発信をしていない人にこのように言うと、
「実はまだやっていなくて、少し恐怖心があります」といわれることがあります。

 

たしかにはじめてネット上で自分の意見をアウトプットするのは、
少し恐いというのは僕もわかります。

そんなあなたにこそ、オススメのアウトプット法があるので紹介します。

 

twitterアカウントにカギをかけてつぶやく

最初はいわいる鍵アカでやりましょう。

不特定多数の人にみられるのは恐い。なんだか萎縮しちゃうって人におすすめ。
まあ正直なところ、実際はオープンに発信をしていても
そんな簡単に大勢に見てほしくても見てもらえないのが現状なのですが。

 

最初は気軽にアウトプットする練習としてはかなりおすすめ。

 

電車にのっていても、ベッドにいても、道を歩いていても
どこで簡単につぶやくことが(アウトプット)できます。

いわいる鍵アカでツイートしましょうよ。っていう提案です。

 

twitterを使ったことがない人はほとんどいないと思いますが、
まだやったことがない人はいますぐアカウントを作って下さい!

メールアドレスがあれば、誰でも無料で使えます。

 

twitterには2種類の使い方があります。

1つは、不特定多数に情報発信する方法。
2つめは、特定のアカウントだけに情報を公開する方法。

アカウントにカギをかけておくと、フォロワー(友達)じゃないと
すべての発言が見れないのです。
逆に、鍵アカで誰にもフォローさせなかったら、自分だけの世界でつぶやくことが可能。

 

「そんなの意味あるの?メモ帳でよくないすか」

たしかに誰にも見せないなら、iPhoneのメモ帳でいいじゃん。 という気がします。
でも、あくまでもネット上で自分の考えをアウトプットしていることが重要なんです。

 

最初は恐怖心があっても、だんだんつぶやいていると自信が持てます。

twitterアカウントのカギは自由に何度でも公開、非公開にできます。
だから、ある程度ツイートがたまってアウトプットになれたら、
そのままカギを外して過去の投稿を見られるようにすれば良いんです。

そうすると、フォロー・フォロワー以外の人物にも
自分のアウトプットが届く可能性があります。

 

僕もビビリだったので、最初のころはtwitterは非公開にして
気になったこと、学んだことをすべてツイートしていました。

それもカギをかけて(笑)

 

でも、それでいいと思うんです。 徐々に自信がついていくし、
なによりも自分自身の思考の整理になるので超便利。

 

たぶん非公開で2000ツイートくらいしてて、過去のつぶやきをみると
なんだか学べることが多いな〜って感じになります。
この時代はこんなことで悩んでいたり、こんな本を読んでいたのかと。

アウトプット(情報発信)をブログやメルマガですぐにやる必要はなくて、
最初はtwitterで十分です。

 

twitterならば普段から使っている人が多いし、
そういった使い方もあるのか。とすぐに納得して使うことができると思います。

ネットビジネスをやっていてtwitterすら触れたことがない人は、
かなりヤバイので、今すぐにアカウント取得しましょう(笑)

 

アウトプットにビビらない為に

いざアウトプットしてみよう! と考えても迷ってしまうことが多いです。

はじめは自信がないので、「こんな内容に価値があるのか?」、
「自分よりもすごい人がみたらどう思うだろうか?」
こんなムダなことを考えがちです。

 

僕も最初はビビっていたので、
自分よりすごい人が見たらどう思うだろうとか、
バカにされないか心配してましたw

でも大丈夫です。
そもそも自分が心配するほど他人は興味を示してくれないです。

 

大勢に簡単に注目されるならば苦労しません。

更にいえば最初は鍵アカなので誰も見ることができません。
フォロー申請が毎日くるかもしれません。

 

そういった申請はツールで自動的にしているので、
すべて拒否しておいて大丈夫です。

ここで申請を断ったら申し訳ないなとか考えなくてもいいです。

ほとんどツールで自動申請しているアカウントからのリクエストなので、
そのまんまスルーしてください。

 

最初は、自分自身が学んだことをアウトプットする場として考えましょう。
誰かに見せるとかはあまり考えないほうが気楽です。

そのうちツイートしまくっていると、
文章を書くことにも慣れてきます。

さらにいえば他人に見せるということも楽しくなります。

 

twitterは匿名で使えるので、自由につぶやいちゃいましょう(*´∀`)

アカウントの名前なんてテキトーでいいですよw
僕なんて最初は好きな飲み物のブランド名をつかってました。

 

まあ、バレることはないので思いっきり自分だけのアウトプットを全力でやってみてください。

 

何をアウトプットすればいい?

「自分の発信なんて価値がない」と思いがちですが、
案外そんなことはなくて、これは練習すれば面白くなっていきます。

面白い=笑い

ではありません。 純粋に、「この人に興味が湧くな〜」って感じの面白いです。

 

最初はひたすら、自分の日常で学んだことをアウトプットしてみましょう。

僕は、ある日4人の女性に練り香水をプレゼントしました。
あげたのは、母・おば・祖母・いとこです。

 

あるお店で売っていた練り香水がめちゃくちゃいい匂いだったのです。

近々、祖母の実家に集まる予定があったので
これをプレゼントすればいいなと思い、4つの練り香水をかいました。

 

こころの中では喜ぶだろうな〜、とか考えていたのですが、
当日プレゼントをしてみるとめちゃくちゃ不評だったのです。w

母親=香水とかキライだった
おば=肌が弱いためNG
祖母=香水が苦手
いとこ=飲食業なので使わない

4人中1人だけ、いとこが申し訳なさそうに「休日とかに使うね(笑)」と
言ってくれたのですが、僕のメンタルはボロボロでしたw

 

これは完全に悪いのは僕であって、
「自分が良い物」=相手がもらって喜ぶという思い込みだったのです。

 

でもそれは違う。
単なるエゴを押しつけているだけ。
これが身内だから良かったけど、外でやったら勘違いで終わるだけ。

・・・こんな出来事が数年前にあったのですが、

僕はこのとき学んだことをツイッターでアウトプットしました。

 

内容的には、

・自分があげたいものは相手が欲しいモノじゃない
・プレゼントは自分のエゴを渡す機会じゃない
・事前に相手が欲しいものを聞く(失敗しないため)
・欲しいものをサプライズで渡すと価値が高まる

まあ、すべて覚えているわけじゃないのですが
こういったことが勉強になったぁ〜って感じで気軽にツイートします。

 

これっくらいラフでいいんですよw

例え100人いて99人が当たり前でしょそんなこと。
っていわれる内容だとしても、残り1人が「なるほど!勉強になった」と
感じてくれたらそれで存在価値が生まれるのです。

 

ただが1ツイート、されど1ツイートです。

コンテンツというのは、1度世の中に出してしまえば
何人でも見ることができます。

 

ツイートも同じで、その発信を100人がみるかもしれないし
100万人の目に触れる可能性だってあるわけです。

コンテンツの強いところはここにあって、
1度作ってしまえば不特定多数に届けることができる。
それも1人だろうが100万人だろうが関係ないのです。

紙のマンガとKindleの電子マンガの違いみたいな感じ。

 

紙のマンガはある程度売れないと再版停止になり、
新品のマンガがAmazonとかで販売されなくなります。

でも、電子書籍であればデータなので100万人が買っても
一時的に品切れです!なんてことはアリエナイ話ですよね。
ジャンプ発売日にコンビニで一斉に売り切れる可能性はあっても、
電子書籍が売り切れるなんてありえないのです。

 

コンテンツも同じです。(ツイート、記事、音声、YouTube動画、PDF、メルマガ)

形は何でもいいので、1度作ってしまえば残る。

 

記事が100人いれば営業マンがネット上に100人いるようなもの。
検索エンジンからの集客経路を100個増やしているイメージ(実際は更に多い)

これがコンテンツの強みであり、蓄積されていくというメリットがあります。

めちゃくちゃ魅力的じゃないですか???

 

毎日なにもアウトプットしないまま、他人の情報を受け取ってばかり。
こんなのはモッタイナイです。

どうせならアウトプットをする側になろうよとう提案です。

アウトプットする側にいけば、1%の部類に入ります。

 

世の中でアウトプットをする人よりも受けとる側の人間のほうが、
数は圧倒的に多いので、これだけでも一歩前進です。

あなたがこの後、アウトプット専用のツイッターアカウントを開設して、
どんな小さなことでもいいから情報発信をしてみる。

 

これをやるだけで100歩くらい前に進みます。

最初はくだらないことでも自信を持って、とりあえず投稿を意識してください。

 

僕みたいに「4人に練り香水をプレゼントして大不評だった話」とか、
かなり個人的な話でいいのです。
レベルなんて低くてもいいので、練習台としてツイッターを存分に使い倒してやりましょう!

この記事のつづきはこちら→アウトプットするにはインプットが必要だと分かる。呼吸と同じ。

コメント

  1. […] →情報発信の練習の場としてツイッターがおすすめ! […]