習慣化してみた

読書に集中できないあなたへ。簡単に本を読むためのコツを教えます!

僕は本が大好きです。

活字、漫画、絵本なんでも買って読むスタイルです。
電子書籍も便利ですが、紙がもっている優しい雰囲気が好きなので紙媒体が7割です。

 

まあそんなことは置いといて、今回のテーマでもある読書の集中力です。

わかります。僕もこれまで「本を読みたいのに、読み始めると集中力がなくなる」
という現象を体験しています。

 

その間にも、Amazonで予約注文していたマンガはたくさん届くし、
どんどん本棚が圧迫されていつのまにか読書がプレッシャーになってました。

 

そんなときに、読書の集中力と本に向き合うためのコツを学びました。

読書のハードルを自分で高めない

僕は10代のころから、読書はすこしハードルが高めの行為だとおもってました。

なんだか読書をしている人って知的に見えるし、
頭も良さげに思えちゃいますよね(笑)
自宅に大きな本棚があればそれっぽく見えます(笑)

 

そんな生産性のない妄想を読書に抱いていたため、いつのまにか読書は難しいもの。
・・こんなイメージが自分の中でついてました。

つまり完璧主義的な発想になってしまうのです。

 

例えば・・

・本は最初のページから最後まで通して読むべきだ
・本は勉強のために読むべきだ
・買った本はすぐに読むべきだ
・良さそうな本はすぐに買うべきだ

こういった「○○するべき」というのは、僕が勝手に思い上がっていただけのこと。

 

実際には、本は好きなときに好きなだけ読めばいい。
別に何時間も集中する必要なんてないし、正直なところ1分でも読まないよりマシ。

 

僕は完璧主義になっていたため、読書のハードルを勝手に高く設定してました。

 

ビジネス書を買ったのであれば、目次をまず最初にしっかりみて、
1番気になったページだけを見る。

それも時間を決めてぱぱっと読んでしまう。
そうすると驚くほど頭に入ってくるし、だらだら時間を浪費しない。

 

読書は長時間集中して行うというのは、いつのまにか身についた勘違いであり、
別に1分でも5分でも読書はどくしょ。

1ヶ月に1〜2回だけ集中して本を読むより、
毎日5分読んでいる人のほうが勉強にもなる。
マンガであれば少しづつ楽しむことで、続きが気になって長時間読み込んでしまったり。

 

人間は1度やらなくなってしまったことを、
もう1度スタートするのはめちゃくちゃしんどいです。

僕は中途半端に見てしまった、
映画とかマンガをあとで丁寧に読み返す気にならないことがあります。

あなたはそのような経験がありませんか?

 

読書にたいして理想が高すぎて、集中しなきゃ。ちゃんと読まなきゃと考えるあまり、
いつのまにか本を読むことが苦痛になってしまう。

少なくとも僕はそうでした。

 

マンガでも読むのがしんどい。
絵とセリフだから活字を読むより、難易度が低いはずなのに気力がわかない。

そんな状態を解決してくれたのは、集中力を高める方法だったり、
素晴らしい読書術ではありません。

 

自分がいつのまにか持っている読書にたいする高いハードルを壊してあげること。
これをやるだけであれほど苦痛だった読書も楽しくなり、
本が自分の味方になってくれるような感覚になりました^^

 

それまでは積読されている書籍をみるとプレッシャーになってました。(笑)
数年前にこの高すぎたハードルをぶっ壊してからは、読書が快適になりました。

・ちょっとした時間で本を読む
・電車の中でKindleで読書
・トイレのなかで1ページだけ読む
・好きなマンガを5分だけ時間を設けて読んで見る

このように読書へのハードルを下げてあげると、もうプレッシャーがなくなる。

 

そもそも人間は1度に大量の活字を見ても記憶できないですよね。
きっと明日になれば9割以上は抜けているはず。

それはすでに分かっているのだから、1日15分だけ読んで続きはまた明日。

こんな感じでも全然いいと思うんです。

1日にちょっとしか読めなくても、1ヶ月間まいにち欠かさず15分間読書している人間は強いです。

インプットを止めないということは、常にあたらしい知識だったり、
あたらしい視点を手に入れているということ。

 

僕たちみたいなネットを主戦場でビジネスをしている人間であれば、
Twitter、Facebook、メルマガ、ブログ、サイトいくらでもアウトプットできる。

学んだら吐き出す。吐き出したらまた新しい情報を取り入れる。

 

これを繰り返せば自然と頭は良くなるし、知識も入る。勝手に循環してくれます。

なんだか最近読書が苦痛になっているな〜って人は、
ぜひこの機会に「自分が勝手につくったハードルをぶっ壊す」という作業をやってみてください。

 

PS

ちなみに僕は毎朝5分だけでも読書をする習慣をつけています。
朝にコーヒーをいれるのですが、お湯を沸かしているあいだに読む。

 

ゆっくりドリップしている間にまた読む。

こんな感じでちょこちょこと活字に向き合うと気がつけば、かなりページが進んでいたりします!