最近アフィリエイトをはじめた方に見てもらいたい記事。

稼ぐためのマインドセット

「自分の環境を仕組み化してみた」トイレの扉と電気にはノータッチ。

習慣化してみた

僕たちのようなネットビジネスをしている人間は、仕組みづくりのプロです。

じぶんが動かなくてもほとんど自動的に価値を与えてくれる仕組みを作り、
その対価として感謝やお金をうけとっています。

こういった概念はサラリーマンをしているとあまり馴染みがありません。

でも、仕組み化という概念を知ってしまえば応用できる幅は無限大です。

先日、僕が住んでいるマンションの部屋を仕組み化して、
ムダなことにエネルギーを使わない状態にすることができました。

タイトルにもあるとおり、「トイレの電気と扉に一切触れない」ということ。

これが何を意味してどういったメリットがあるのかを紹介してみます。
最後にあなたもいまからできる仕組み化のコツをシェアします!

トイレに行くのが面倒な4つの理由

僕は自宅でいつも仕事をしているのですが、とにかく飲み物をのみます。
水をガブガブ、コーヒーをちびちび摂取しているので、
30分に1度はトイレにいくのですが。

その度にめんどくせーと感じることがあります。

それは、

(1)トイレの扉を開ける
(2)トイレの電気をつける
(3)トイレの便器をあげる
(4)トイレの扉をしめる

たった4つの工程なのですが、だるいっちゃだるいのです。
すべてノータッチで用だけ出せればどれほど楽ちんなのか。

こういったことを考えていたのですが、
つい先日、これを仕組み(システム)化することに成功しました。

電気と扉に手を触れる必要がなくなった

僕のマンションのトイレはセンサーで水が勝手に流れてくれます。
しかし、便器が自動的に上下はしてくれません。
それにトイレの電気もスイッチに触れないとつかない状態です。

僕が具体的にやった対策は、

(1)トイレの扉は24時間あけっぱなし
(2)電気は廊下の光をつかう(センサーで自動的につく)
(3)便器は基本的にあげっぱなし

これをやりました。
電気は廊下のセンサーが勝手に反応してくれるので、
トイレの電気をわざわざつけなくてもよくなる。

さらに扉をあけっぱなしにするので、トイレに入るときもスムーズ。
便器はあげっぱなしにしているので簡単に用が足せる。

これで僕がめんどくせーと思っていた4つの障壁がなくなりました。

「面倒だった4つのこと」↓

(1)トイレの扉を開ける
(2)トイレの電気をつける
(3)トイレの便器をあげる
(4)トイレの扉をしめる

ムダにエネルギーを使わなくてもいいので、
集中力を切らすことなく用をたして仕事に戻れるので快適。

なぜ今まで具体的に仕組み化していなかったのかと思うくらいに便利になりました。

こんなことをいうと必ず、こういった反論が少なからずきます。

「それっくらい別にいいでしょ!」
「メンドクサイ人だなぁ」
「横着せずにちゃんとやればいいじゃん」

・・・などなど。 

たしかに考えようによっちゃ正しいのかもしれません。
とはいえ、あくまでも目的は注ぐべきところにエネルギーを使いたいからです。

そんなこというなら、電話よりも便利なLINEを使うのは横着なことなのか?
という問題にもなりますよねw

もっと楽できるところは楽をして、
注ぐべきところに全力で仕事すればいいと思うんです。

僕の場合は仕事や好きなことに全力を注ぐために、
楽できること、やらなくてもいいことはゼッタイにしないルールを作っています。

その結果、仕事で良い成績も残せるし
ムダなエネルギーを使わないので、真面目に取り組む問題に向き合える。

日常にムダはたくさんあるので1つでも減らすと快適になります。
僕たちネットビジネスをやっている人間は、
ムダを減らしてショートカットできる仕組みを作ってあげるだけで価値になります。

美容院に予約システムだったり、髪型をこまかくオーダーできる仕組みを
実際に導入してあげるとめちゃくちゃ喜ばれたことがあります。

これもムダなことを省き、楽するための仕組み化です。

ムダを省くメリットは多い

ムダなことを省けると、その分エネルギーがあまります。

これまでお客さんと電話でコミュニケーションをとっていた人が、
すべてLINE1つで完結すればかなり快適になるのと同じです。

LINEを打つのと、すべて電話で対応するのでは疲れ具合が違いますよね。

100人に電話するのはめっちゃしんどいけど、
100人にLINEするのはやればいける。

僕の場合はトイレの扉を24時間あけっぱなしにして、
電気をつけるためのエネルギーを使わなくなったら、
余った時間でトイレの床をこまめに掃除する習慣がうまれました。

扉をあけっぱしにしているので、その分きれいさを保てるようになりました。

臭いものに蓋をするのではなく、
めちゃくちゃ清潔な状態をたもったまま快適に生活するために労力を投資するのです。

換気扇も24時間フル稼働して、
こまめに掃除を心がけているので自分ちのトイレの床に安心して座れるレベルです。

昔は掃除ってめんどくさいな〜って感じていたのですが、
掃除を楽にする仕組みを作ってしまえばその感情もすっかり消えます。

きれいな部屋で仕事をしたり生活をするほど幸せなことはないですよね。

僕は部屋を散らかったり汚れないための仕組み化をしているので、
いずれこのブログで紹介させていただきます。

まとめ

(1)日常のムダを省き、仕組みを作って楽をする
(2)余ったエネルギーを仕事や遊びにフル投入する
(3)日頃から仕組み作りを意識してみる

この3つを意識するだけで生活は楽しくなるは、仕事は捗るわで最強ですね。

ネットビジネスやアフィリエイトだけが仕組みじゃありません。
どうやって自分の日常に応用していこうか?と考えるのもいいトレーニングになります^^

今回は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント